« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の18件の記事

2007.05.30

トラックバックについて



「もう、ほんといい加減にして!!!」


ってくらい、最近ワケのわからないトラックバックが多いんです。1日で5件くらいあったりして。気付くたびにこまめに消してたんですけど、もうほんとウンザリ。

ということで、これからこのブログでのトラックバックは承認制に変更してみました。これで、あたしが承認するまではブログ上には反映されません。
もちろん、今まで通りマトモなTBは大・大歓迎ですので、私が承認して反映されるまでしばらくの間お待ちいただけるとうれしいです。


お知らせその2。
GWのアンケートをきっかけにしばらくの間隠居させていたブログペットを復活させました。たまにはクリックしてうちのポラと遊んでやってくださいませ。

・・・といいつつ、実はかなり放置プレイなあたし。全然ペットをいじったりしていなかったのですが、いつのまにかペットがひみつ日記を書くようになってました!!
例のごとく、あたしの記事の中から言葉を覚えて1日1回?日記をつけるみたい。あたしよりよっぽどマメ・笑
ちなみに本日の日記はコチラ↓

Pola_1


うーむ。最後の「・・・」の余韻はなんなんだろう?(笑
こちらもペットの下にあるノートのアイコンからチェックできますので、暇で暇でしょうがない時にでもクリックしてみてくださいね♪
これからはペットのお友達も増やしたいな~なんて思ってます。よかったらこちらもぜひぜひ。

以上、お知らせでした。


↓ranking クリック↓

Banner_02 日々是更新。

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2007.05.29

妙義山 山行記録

あっという間に昔の話になっちゃうなー。では早速。

5/13、かねてから興味のあった妙義山は表妙義に行ってきました。今回はあたしとY棒にうっちぃとうっちぃのお友達・ナカディくんの4人で。去年の夏から山を始めたというナカディくんとはこれが初対面。とりあえず表妙義の行けるところまで行ってみよう!ということで出発しました。


**********************************


5/13(日) 妙義神社-奥ノ院-相馬岳-関東ふれあいの道-妙義神社

当日の集合場所は道の駅みょうぎ(無料・100台)。当然きれいなトイレもありますヨ。道の駅からすでに迫力ある妙義山の姿が間近に見えます。

今日のメインはやっぱりスリリングな鎖場。ということで気の利くうっちぃが4人分の皮手袋を用意しておいてくれました。ありがとー!さらに、万が一に備えて全員がハーネスを用意&うっちぃがザイルを持って行くことにしました。


6004
いかにも岩場~な山容。中央に「大の字」があるのがわかりますか?(クリックで拡大)



7:50 妙義神社


004
立派な妙義神社。

60086009
かいねこさん、まゆちゃんへ。お土産です。

境内を通って登山口へ。天然記念物の大杉がとーっても立派でした~。

6011
まずは先ほど見えていた大の字を目指して登ります。境内を抜けた途端、急登の連続!

3018
もちろん鎖場も最初から。いきなり汗だくです。


みずみずしい新緑の急登を50分ほど登ると、ふいに大の字の下にとうちゃーく♪


3030
結構、垂直だよ・・・。
一人ずつゆっくりと登ると、まさに大の字の裏側に立つ事が出来ました!ここからの眺めは最高~♪たった50分しか登っていないのに、もうこんなところまで来れちゃうなんて・・・なんだか感動です。

高度感たっぷりの景色と、のっけから変化に富んだルートに早くも大コーフン♪

6039
「大の字」ポーズのナカディ&Y棒。今回の山のテーマポーズらしい。



ひとしきり景色&ポージングを楽しんだら、お次は奥ノ院を目指します。ココから先にはこんな看板が。

『一般登山者は入山を遠慮してください。』・・くぅ、萌える(笑


6050
大の字からほどなく、奥ノ院と第一見晴の分岐点へ。
ここがちょっと広くなっていたので、ココから先の鎖場に備えて念のためハーネスを装着しました。せっかく持ってきたのでやや無理矢理使ってみました・笑

もう、こういうちょっとした場面でもいちいち盛り上がる4人。
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ←まさにこんな感じ。



9:20 奥ノ院


6057
大木と巨岩に囲まれた奥ノ院。

鉄梯子がかかっていたので、中まで入ってみました。ちょうど岩の隙間から光が差し込み、なんともいえない厳かな雰囲気の中・・・石仏が。この山行の無事をお祈りしました。



さて、奥ノ院の先には第一難関の鎖場が待っています。

072_1
一気に壁を登る、3連30mの鎖
とはいえ足がかりがしっかりあるのでさほど難しくはなかったかな?
ココから先は岩場と鎖場の連続。楽しいけど気が抜けません。

途中、見晴で再び景色を堪能!もうすっごい高いところにいるよぉー!!



082_2
断崖の上でたそがれるナカディ。


6076

キミたちー!ココは大の字じゃないから!!
ちょっと腰を入れるのがポイントらしい。

だんだん天気も良くなってきて、みんなでアレコレおしゃべりしながら進みます。


6085
でも相変わらずの険しい道は続く!



088
迫力満点!!!



6095
間近に迫る岩山もスゴイ!!



こーんな感じで妙義の魅力バクハツなルートを、玉石→大のぞきとどんどん進むと、第二の難関が待ち受けていました。滑り台状の30mの鎖です。

この鎖場・・・とにかく長い。ほんとに滑り台のようになっていて、鎖に頼らないと降りるのは無理っぽい。。とここでドラえもんうっちぃの四次元ザックからアイテム登場!!


ザイルで懸垂下降~!!チャラチャチャッチャチャー

せっかくハーネスつけてるし、ザイルも持ってきた。ちょうど人もいないし・・・ということで懸垂下降にチャレンジです!



まずはうっちぃがお手本。

119
さすが山岳部所属!慣れてるとあんなに早く下れるのね~。


121
お次はナカディ。すごくスムーズに下りてたよ~さすが!


126
紅一点のあたしも頑張ります!ドキドキしたよ~。


6120
Y棒くんも初体験!

うっちぃのおかげでみんな無事懸垂下降ができました♪たぶん、普通に鎖を使ってもよかったけれど・・・こういう経験ってなかなかできないもの。買っただけで満足していたあたしのATCもやっと活躍できたし(笑



11:35 天狗岳



6131
なんだかんだと時間はかかっていますが、無事天狗岳を通過~!

このあたりの道は細く、小さなアップダウンの繰り返しでした。駐車場から見上げていた、あの岩の塊を歩いているかと思うと・・・なんかうれしーいヽ(´ー`)ノ

天狗岳をあとにしてほどなく、タルワキ沢のコルに向けて一気に下る事に・・・結構イヤミな下り。
その途中で出会ったのがこのコ。

6132
そのときは何気なくカメラに収めたのですが・・・これは、もしや??固有種のミョウギコザクラですか?!ってこんな簡単に見つけられないのかな~・・・ああ、もっとちゃんと葉を撮ってくればヨカッタ・・。



タルワキ沢のコルまで下ったら、ここから一気に相馬岳を目指して登り返します!



12:00 相馬岳



129_1
思い思いのポージングで記念撮影!

ここからの眺めも素晴らしく、とても標高1200M弱とは思えない険しい山容に目を奪われます。いやー来てよかった!
時間的にここまでが限度ということで、この先の縦走路は次回に持ち越し。いつか茨尾根も歩いてみたいな。
山頂はやや風が吹いていたので、少し下ったところでお湯を沸かしてランチ休憩をとることに。このランチ中もあれこれギャーギャー楽しかったなぁ♪

131
ザイルを肩に、いかにも「やりそう」なポーズを練習。アホですね。

結局1時間あまりゆっくり休んだかな~?再びタルワキ沢のコルまで戻ったら、タルワキ沢コースを下りましょう。
この下りが個人的好きくない感じで・・・相変わらずの岩場鎖場に加えて、崩れそうな急斜面。コケそうな気がしてビクビクでした(笑



6143
またまた・・せっかくだし!ということで、下りでも一度懸垂下降の練習を。やっぱり2回目の方がラクにできたかも。練習って大切だよね。

こんな感じで相変わらずいろいろ盛り込みつつ下っていくと、

6146
妙義中間道との合流点に出ます。ここからは整備された気持ちの良い道を妙義神社まで戻るだけ!


6148
今回、お花はあんまり出会えなかったけど、、かわりにこんな素晴らしい新緑の中を歩く事ができました!



14:20 妙義神社



なんだかんだと7時間あまりの行程も、無事妙義神社に戻って終了~♪この時間になると妙義神社も観光客でいっぱい。
誰よりも表妙義を満喫できた?一日もこれでおしまいです。



****************************************


妙義山 総評:

やはり危険 だが面白い。

妙義山は数年前石門めぐりのコースを歩いた事があったのですが、やっぱり今回の縦走路の方が景色もばっちりだし迫力があって楽しかったですね~♪石門めぐりもかなり好きだけど。
ただ、ほんとに落ちたら確実にアウト・・・なのでやっぱり慎重さは絶対だと思います。滑落事故もかなり多いそうですし。。

標高も高くないのに、アルプスに匹敵してあまりある変化に富んだルートがたくさんあるのできっと何度通っても楽しめるだろうな。とにかく、岩場鎖場好きにはたまらない素晴らしい山だと思います。
もちろん、今回のあたしたちのルートは妙義のほんのごく一部を歩いただけですので・・・また絶対歩いてみたいな~。
個人的にはかなりオススメしたい山ではありますが、一応このルートは地図上では破線ですので。。あたしがいうまでもありませんが、自己責任で怪我や事故のないよう楽しみたいものですネ。

あとはなんといっても。今回はうっちぃがザイルを持ってきてくれたことで、懸垂下降の貴重な体験ができてほんとによかった!持つべきものは友達ですね、ホント。またいろいろ教えてチョーダイね♪

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ こんなんですけどね(笑


↓ranking クリック↓

Banner_02 φ(`д´)カキカキカキカキ

| | コメント (312) | トラックバック (1)

2007.05.28

求ム!山食レシピ

ちょっと思いついたんですけどいいですか。

先日の記事『夏山のお願いリスト』◆テント泊でエバれる山食を食べたい!と書いたら何人かの親切な方がいろんな山食レシピをコメントくださいまして。ありがとうございました!

前にも書きましたが、あたしの山食はほんとーーに粗食。エバっちゃうけど、マジで粗食。基本はレトルトカレーインスタントラーメン。そればっか。何か工夫したいな~とは思いつつ、思いつづけて早4年。ちっとも進歩しておりません。。。

そこで、こんな哀れなあたしたちにぜひ、

お勧めの山食レシピがあったら教えてください!
ちなみに、ものすごく不器用かつめんどくさがりなので・・・そんなに凝ったレシピは無理っぽい(笑 でも、テント場でも隣の人が食べてるものって気になりませんか??
なにも豪華でなくてもいいので、レパートリーが増やせるような、そんな素敵アイデアがありましたらぜひよろしくお願いします★彡


***********************************************



と、おねだりするだけじゃなんなので。
一応あたしの中でのおすすめレシピ?(というか食材)について。

すでに使っている方も多いと思いますが、去年よく使っていたのがコチラの


Yasai

ふえる野菜 (→メーカーHP

この商品は独自の製法で小さく凝縮された冷凍野菜で、ゆでるだけでみるみる増えてゆで野菜の出来上がり!詳細はHPをご覧下さいね。
コレってばとにかく山食にピッタリなんです。というのも


・ほんとに手のひらサイズ!軽いしすごい便利!!
・ラーメンに入れたりスープに入れたり・・山で不足しがちな野菜が食べれるのでウレシイ♪
・値段が安い!(ダイエーで¥150くらい??)
・肝心のお味もGOOD!普通に食べられますよ~♪


これは一度使ってみる価値アリだと思います。
ただ・・・気になるのが保存方法。一応こちらは冷凍食品なので、山に持っていくのはどうなんだろう?

ということで、
アウトドアでの利用について聞いてみました(笑
だって、聞くのが一番早いじゃん・・おばちゃん丸出しorz
すぐに回答をいただきまして、


「ふえる野菜」のアウトドアでの保存法でございますが、基本的には冷凍保存して頂きたい商品なのですが、冷凍保存が難しい場合は、直射日光を避け、常温で7時間程度でしたら品質を保つことができます。それ以上ですと、変色が始まって参りますので、お勧めできません。


だということです。つまり日帰り山行くらいなら問題なく使えるみたい♪ま、あたしは1泊2日でも使いましたけど。細かいことは気にしない気にしない。
これ、普通にスーパーでも取り扱っていると思いますので、ぜひ冷凍食品売り場をチェックしてみてくださいね★彡


あとは・・・以前記事にした早ゆでサラダ クルル(記事は→コチラ)というマカロニを使った即席マカロニスープ。こちらは硬派な山オンナ・オーロラさんも御用達。「ふえる野菜」と組み合わせれば、あっという間に具沢山の満腹スープが出来上がると思います♪
気が向いたらぜひチャレンジしてみてくださいね!
同じく気が向いたらレシピのほうもどうぞよろしく~!


↓ranking クリック↓

Banner_02 びっくりくりっくー。

| | コメント (118) | トラックバック (1)

2007.05.26

またMTBの旅!

またMTBの旅!
今日は寝坊で山はあきらめ、かわりにチャリンコでお出かけ!。
またベイサイドマリーナに行ってきました。
前回より頑張れたかな?Y棒くんに「見直した〜」っていわれたよ。
わーい。


Banner_02 これもトレーニング!。

| | コメント (108) | トラックバック (0)

2007.05.25

花はなんでもいいんだけど(BlogPet)

昨日、TiCAが
花はなんでもいいんだけど(爆
去夏山はイマイチお花のハズレ夏山だったようなので、今夏山に期待!
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「ポラ」が書きました。


*************************************************

あ、また勝手に。
・・・そういえばカスタマイズのときにペット復活させるの忘れたまんまだなー。まいっか。

「花はなんでもいいんだけど」

っていうタイトルがまたすごいねなんか。何もタイトルにしなくても。
細かいことはどうでもいいじゃん!という管理人のいい加減さを見抜いたような記事にびっくりです。
なかなかやるわね。


↓ranking クリック↓

Banner_02 明日、どっか山行けるかな。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2007.05.24

夏山のお願いリスト



♪ こんなこといいな できたらいいな

あんなゆめ  こんなゆめ いっぱいあるけど



アン アン アン とってもだいすき~♪
ということでどういうことだ。 どーもTiCAです。
先日一応07シーズンの滑り納めもめでたく終わったことですし、そろそろ本格的に夏山について考えよっかな~なんて。

今年の夏山シーズン、こんなことがしたい!という夏山に向けてのできたらいいなリストを考えてみました。




まずは・・・別にどーでもいいじゃん!って感じなんですけど。

◆ブロッケン現象が見たい!
見たことないんですよ~あたし。朝早く歩いてたら、確率高いのかなぁ。ああー見たい見たい。お釈迦様のような自分に会いたい!


◆オコジョに会いたい!
こちらもまだお目にかかってなくて。あの愛らしい瞳に悩殺されたい!!
雷鳥はもう何度も出会ってるんですけどねぇ。(→雷鳥をさがせ!
オコジョってどういうところにいるんだろ?求むオコジョ情報。

ショックな事実判明!!
オコジョって、オコジョって、雷鳥を食べちゃったりするらしいーー(((( ;゜Д゜)))自分より大きいのに・・
オコジョって、オコジョって。。。ツンデレ?違うから!



・・・なんか、いきなりショボイ希望だなオイ。でもほんとに見たいんだよね。
お次はもうちょっとマトモに。


◆テント泊で縦走したい!
去年はY棒の怪我で思うように登れなかった分、今年はもりもりと歩きたいな。
とりあえず縦走としては、この夏は南アルプスを考えています♪


◆テント泊でエバれる山食を食べたい!
夏にはビミョウだけど、例えばすき焼きとか、焼肉とか・・んもう、周りにいい匂いをプンプンと撒き散らすような(笑 エバれる豪華なご飯が食べたいなぁ。もちろん冷え冷えのビールつきで♪スイカ割りとかもいいな~。
あたしたちはいつもカレーとかカップラーといった粗食なので、ぜひ一度真面目に美味しいものが食べたいな。求むエバれるレシピ。


◆高山植物が見たい!できれば群生で。
これまた微妙な希望なんですけど、なんつーかこう、ぐわー!と一面に咲き乱れるお花畑とかそういうのが見たい!花はなんでもいいんだけど(爆
去年はイマイチお花のハズレ年だったようなので、今年に期待!求むお花畑情報。


そして、残りは本格的登山シーズンということですし、


◆誰かとバッタリしたい!
いつもいつもすれ違い。ニアミスばかりのこのあたし。この夏こそはちゃーんとバッタリしたい!
「・・もしかして、○○さんですか~?」とか言ってみたい!いざとなったらビビって声かけられなさそうだけど。


◆山で体脂肪燃焼したい!
もう、毎年企んでるんですけど、毎年裏切られてるなーあたしorz いつまでたっても無駄ボッカ中のあたしのプラティ、ぜひともこの夏でおさらばしたい。身軽になりたい。これが一番切実なお願いかもな・・。




思いつくままに書き出してみたけど、どれも漠然としててちっせぇお願いだなーorz
いや、ほんとはあの山に登りたいとかあのルートを歩きたいなんていう希望もあるんですけど、それはまぁ・・なんとなくヒミツ(笑

まぁとりあえずこんな感じで、この夏は素敵な山歩きが出来たらいいな。もちろん、怪我や事故のない楽しい山旅が一番ですよね!!
またあとで思いついたらココに書いておこーっと。


↓ranking クリック↓

Banner_02 その前に梅雨か。

| | コメント (105) | トラックバック (0)

2007.05.22

富士山でBCボード♪

早速レポ書くぞー!

5/20(日)富士山を滑りに行ってきました。

思えば去年の夏・・・題して『ありえねー!ご来光登山』を経験して、もう二度と行かない!!と心に決めていた富士山

一方・・・スキーやスノーボードをやる人なら、一度は『富士山で滑ってみたい!』と思った事があるのではなかろうか。
モチロンあたしもその一人。あの富士山の白く輝く斜面を滑ってみたいという欲求に負け、思わずまた行ってしまいました(笑
ヘロヘロのバテバテでしたが、この時期ならではの山の楽しみ方ができた大満足の1日となりました。

※いうまでもありませんが、雪山登山は危険を伴います。天候・条件・技量などなど、充分に考慮の上安全な登山を楽しみましょうね♪


◆まえがき・・・

私は今回が初めての富士山ボードだったので、どのルートから行くか迷っていたのですが・・・「滑るなら吉田大沢だよ~」とお気楽さんからアドバイスをいただき、今回は河口湖口から行くことにしました。
同じ日にたまたまうっちぃが山岳部で富士山に行くという事、またお気楽さんもやはり同じく吉田大沢に滑りにに行くという事で、駐車場でのバッタリを期待して土曜の夜に家を出発したのですが・・・


*********************************************

5/20(日) 河口湖口-8合目(白雲荘・3200m) 往復


今回の登山口まではスバルライン(有料:¥2000)を通って。こちらは夜間通行止めとなっており、5月は3:00~19:00の間のみ通行できます。(→詳細HP
私たちがスバルラインのゲートについたときにはすでに夜中の3:00を回っていたため、そのまま5合目の駐車場まで行って仮眠をしました。

が!

この仮眠が命取り_| ̄|○
「朝6時くらいに登山口で会えたら・・」なーんてやり取りをしていたのに、思いっきりバクスイしてお気楽さんチームとバッタリできず(ノToT)ノバカすぎる・・・
かろうじて出発前のうっちぃにだけ挨拶する事が出来ました。

6166
5合目より。雲ひとつない晴天♪

そのままひたすら眠りつづけ、結局登山口を出発したのが9時過ぎというなんともやる気のないあたしたち(笑


6167
登山口には「立ち入り禁止」の看板が・・・でも失礼して先に進みました。

6177
山中湖もくっきり見えています!これは日焼けを覚悟・・。

しばらくは除雪された道を行きますが、途中で踏み跡を頼りに残雪の上を直登していくことにしました。


6170
出発が遅かったから、だーれもいないし(笑

6合目までは雪のあるところとないところを交互に歩くような状態かな?かなり直登気味に登ったので6合目の小屋はパスしたみたい・・。

007
途中で夏道に入り、7合目までつづら折れの道をどんどん登ります。これが疲れるー。ボードの板を背負っているだけなのに。

しっかり睡眠をとって元気なY棒にすっかり差をつけられながら、どうにか7合目の花小屋(標高2700m)に到着。

6179
ご覧の通り、雪がまだ結構あります。

ここまで約1.5時間。もうこの時点ですでにあたしはヘロヘロ。毎回歩き始めはこんな感じなんだけど、今回は特に調子が上がらない予感がしていました・・(´Д`;)


6180
ここからはご存知の通り、山頂まで山小屋が並んでいます。

夏道ならばこの先もひたすらつづら折れに標高を稼いでいくのですが、

6182

THE・男の直登!
これが雪山のいいところでもあり、疲れどころでもありますが・・小屋の脇をひさすら山頂目指してまっすぐに登っていきます。これがね、ほんとにね、疲れるのよ、、、


6187
小屋に着くたびに小休止をはさみつつ、ドンドコ登ります。もうY棒くんの姿、ないし(泣

シャバ雪の登りでしっかり階段状に踏みあともできていたので、ずっとツボ足で歩く事が出来ました。すれ違いに下っていく登山者もシリセードが楽しそうでしたよ~♪

このあたり、あたしはほんとにダメダメでした。
ちょっと歩いてはゼェゼェハァハァ。あんなに立ち止まりながら歩いたのは久々かも。なんつーか、もうザックが異常に重く感じられたりして早く飲み物飲んでしまいたい!みたいな・笑
今回ばかりは


あ り え ねー (こんな自分)

って感じでした_| ̄|○ へたれすぎてほんとに情けない。
へろんへろんで歩きつつも、右手を見れば


012_1
こーんなヨダレものの大斜面があたしを待っていてくれる!!


6197
標高3000m。なんとか通過(笑


6198
8合目もギリギリ通過(瀕死

結局8合目の白雲荘(3200m)まで登ったところで、滑走することになりました。(ここで12:30)
というのは今回はもともと滑り>登頂の山行だったので、

・8合目から上がアイスバーンで滑走しても楽しくなさそうだということ
・上に行くにつれ風が強くなっていること
・ドロップするにはなかなかいいポイントだったこと

などといった理由からです。

あとひとつ、理由を加えるならば・・・






これ以上は登れねーー!!!



というあたくしの無言の圧力でしょうか。実はコレが最大の理由だな。
しばし休憩してからの滑走となりました。

6215
この時期ならではの屋根上ポーズ。


021_1
ここから下る~♪となった途端、調子のいいあたし(笑

相変わらず抜群の晴天の中、しばしまわりの風景を楽しんで・・・いよいよお楽しみ♪


6220_1
こーーんな斜面を滑っちゃおう!(クリックで拡大)



春のシャバ雪は板も走って超楽しい!あまりに広大なバーンが感動モノです!!

6221
滑るY棒くんがこんなに小さいの~。(クリックで拡大)

さすが富士山、斜度もいい感じに急なのでスピードに乗ってあっという間に下ってしまいます。あんなに苦労して登ったのに・・

025
わーい、あたしの貸切みたい♪

ずーっと続く斜面と春の陽気、念願の富士山を今滑っているんだ!という気持ちがますますあたしをワクワクさせてくれる(ノ´∀`*)
きゃっほーう!と奇声をあげながらどんどん滑りました。バカ丸出し。

今年は残雪が多いそうですが

030
やはり途中で板をはずしてトラバースする場面も2回ほど。
うまく5合目のレストハウスに戻れるよう、左方向におりました。


6230
左下にレストハウス発見。
このあたりになるとかなり積雪も少なく、ヘタすると板を傷つけそうな予感。。それでもなんとかレストハウスぎりぎりのところまでうまく滑り降りることができました!


01
あまりに近くを狙いすぎて、最後は壁を飛び降りたけど(笑


041
無事に登山道に戻って13:30終了!やったーね!!


5合目のレストハウスまではたった10分くらい?の歩きで済みました。かなりラッキーかも。
この時間、5合目は観光客で混みあっていましたよ~。

先に下山していたうっちぃチームとも無事駐車場で合流し、お互い楽しかった一日を〆ました。


*****************************************

振り返ってみれば、Total 4h程度のプチBC。それなのにあの疲れっぷりといったらもう!超一流ですよorz
そしてもちろん、滑りの満足度も超超一流!!ほんとーに楽しかったです。滑り納めにふさわしい、最高の一日となりました。

残雪期の富士山というと、ずっとエキスパートな登山のイメージがあったのですが・・・今回思い切って行ってみて本当に良かった♪結局アイゼンを使う事もなく、ツボ足&ストックで問題なく8合目までたどり着く事が出来ました。(8合目より上は要アイゼン・ピッケルだと思われます。)

※追記※
あくまで私見ですが、今回の私たちの場合。
登頂を目指さない=朝遅めに行動開始したことで、登っているときにはちょうどいいくらいに雪が緩んでくれました。滑りはじめの12:30~13:00というのも、なかなかいいタイミングだったように思います。もちろん当日の天気にも大きく左右されるとは思いますが、あえて朝イチから歩かないというのもひとつの手かもしれません。
って、素人のあたしの意見なんで全然参考にしないでね(笑


思っていたよりスキーヤーや登山者もいっぱいいましたよ~。どうやらネットのお知り合いもこぞって富士山を目指していたようで・・・結局全然バッタリ出来なかったのが悔やまれます。ま、あたしは登ってる最中はそれどころじゃなかったんですけど。

やはり富士山は標高が高い分、体力勝負な部分が大きいですね~。こんなにへとへとになったのはいつ以来だろうか。自分の情けなさにあきれてしまいました。もっと鍛えないとまずいよなー。

言うまでもありませんが、天候に左右される部分も相当にあると思います。その点今回は晴天に恵まれ、充実したBCができました。

これから春ボードの定番として毎年通ってしまいそうな予感・・・
もう二度と富士山行かないと思ってたのに、、、

人って不・思・議(ノ´∀`*)


↓ranking クリック↓

Banner_02 あたし、レポ頑張ってるじゃん!!

| | コメント (84) | トラックバック (3)

2007.05.20

滑り納め〜(^3^)/

滑り納め〜(^3^)/
今日はほんとにいい天気!
そんな中、日本一なお山でボードの滑り納めをしてきました。きつかったけど最高だったぁよ♪

#予定していたバッタリできず。あー無念…。


**********************************************

久々に晴天GETのすてきな日曜日でしたね~♪
あたしはずばり富士山を滑ってまいりました!

Imgp6166

かねてからずーっと狙っていたのですが、ようやく念願達成!
しかしきつかった~!ココ最近で一番のバテバテっぷりでした。
今回は登頂よりも滑りが目的だったので、吉田口から8合目(3200m)まで登りそこからドロップ。広大なバーンは最高に気持ちよかったです。


でもさ、今日は歩くの遅すぎだよあたし、もっと鍛えなきゃやばい。。
ということで、詳しくはまた後日!


Banner_02 8合目までですけどね。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2007.05.19

ココログ初心者改造【カスタマイズ】

ココ最近、試行錯誤しながらずっとこのブログのカスタマイズに励んでおりました。なんとかイメージしていたデザインが出来上がってきたので、しばらくはコレでいこうかと。

今まではずっとココログ既存のリッチテンプレートを使用していたのですが、今回は自分で好きにカスタマイズできる、カスタムテーマでオリジナルのブログデザインに挑戦してみました!
ざっと変更点とやり方を記事にしておきます。


●ページ全般の設定

レイアウトはもちろん、文字の色やリンクスタイル等、「カスタム・テーマ」なら自分で好きなように設定することができます。あたしは全体的に深緑っぽいイメージにしてみました。オリジナルのテンプレート作りってかなりはまる~(笑
ということでココから先は自分でCSSに挑戦!


●サイドバーのタイトルにワンポイント画像をつける

まずはワンポイントになるようないい素材を探していたのですが・・なかなか見つからなかったので、自分で作ってみました。

1003 コレ。一応百名山をイメージ?これをまずはアップロードしてから・・・

初めてのココログ・カスタマイズ様【この記事】を参考に、記事にあるとおりCSS編集画面に書いて終了。超カンタン♪どうもありがとうございました!!

ちゃんと表示されると妙にうれしかったり♪自分らしいデザインに一歩近付きました。




●タイトル画像をランダムに表示させる

今回一番やりたくて、一番苦労したのがコレ。
こちらはe-Groover,log様の【この記事】を基に、あれこれ見よう見真似でどうにかできました!ほんとにありがとうございました。

やり方としては
・タイトルにしたい画像を何枚かアップロード
・記事を参考に画像URLを指定
・ココログの設定→基本情報のサブタイトルに記述
という感じです。これじゃわかんないか・笑

なかなか自分好みのサイズにできなかったり、タイトル文字の位置や大きさが気に入らなかったり・・かーなーり試行錯誤を繰り返しましたが、とりあえずは満足の出来かな?

写真はどれも自分で撮ったもの(全部で8パターンかな?季節感が相当バラバラだ。。)リロードするたびに画像が変わるのでなかなか楽しいです★彡ちょっとタイトル文字が見づらいような気もしますが・・ま、いいや(笑


*******************************************************

ブログのカスタマイズってほんとやりだすとキリがない!!思うとおりに表示されるともう快感だったりして(笑 もっといろいろいじりたいな~なんて考えております。

上記のサイト様には本当にお世話になりました。どうもありがとうございました!


↓ranking クリック↓

Banner_02 明日の天気が気になる~。

| | コメント (135) | トラックバック (0)

2007.05.18

ビリーさんとキャンプ!

このタイトルでピン!ときた方は、おそらく流行りモノに弱い&新しいモノ好きでしょう。かくいうあたしもそういうの大好き!で、以前からずーっとこの人のことは気になってたんですよ。


え?ビリーさん?

今ビリーさんといえばこの人ですよね?



Img10634013272



そう、深夜の通販番組でおなじみの【ビリーズブートキャンプ】です! ナニソレ?という方のために一応説明しておきますと、要するにこのビリーさんが監修をしているエクササイズのDVDのこと。もともとはアメリカの軍隊が行う集中トレーニングを基にしたエクササイズで、7日間でウエスト-5cmなんていうシロモノなんです!今楽天とかでもめっちゃ売れてるんですって。

※参考までに通販ページ※
ビリーズブートキャンプ DVD版
これが一番メジャーな日本語版。あたしもコレです。(¥14700)¥5000キャッシュバックアリ。
【米国版】ビリーズブートキャンプ
米国版(字幕なし)だともっと安いらしい。(¥6800)
ビリーズブートキャンプの最新版!ビリーズブートキャンプ・エリート
最新版の「エリート」というDVDもあるらしい。(¥8900)
↑これらのリンク先、見ると笑っちゃうくらいにうたい文句が書いてあります・笑


興味はあったものの、結構お値段高い・・。と買うには至らなかったのですが、なんと先日某ルートにより思いがけずGETしてしまいました~♪♪
このDVDでエクササイズを始める事を『キャンプイン』とか『入隊』と呼ぶらしい・笑


ということで早速昨夜ビリーさんのキャンプをチラリとのぞいてみたのですが、これがかなり本気!きつい!
50代とは思えないくらいムキムキなカラダのビリーさんと、それを取り囲む腹筋割れの金髪レディー達が音楽に合わせてエクササイズするのですが、テンポが速くてついていけないこともしばしばorz 自分のカラダの重さを思い知った次第です。

でもね、きつい~と思っているタイミングでこのビリーさんが

『結果は必ずついてくる!』

『オレを信じろ!』

とかおっしゃるんですよ。もう、ビリー、さすがよくわかってる。
このビリー語録が結構イケてるので、もし買うなら日本語字幕つきをオススメします。ヴィクトリー!

なんというか、ビリーさんのノリとイキオイに引っ張られてちょっと頑張ってしまいそうな感じです(笑 なんといっても、ヘンな機械に頼ったりせずちゃんとカラダを動かして痩せよう!というのがいいですよね。
動きもかなりリズミカルで、筋トレなんだけどなんか楽しい。でもやってるとこ絶対人に見られたくない(´ヘ`;)


・・・どうしよう、これでほんとにプラティ減っちゃったら♪
・・・どうしよう、これでほんとに腹筋割れちゃったら♪


ビリーさんとのキャンプ、ちょっと頑張ってみよっかなぁ~?
結果は乞うご期待?!


↓ranking クリック↓

Banner_02 ビリー、結構イイヤツっぽいし。

| | コメント (40) | トラックバック (0)

2007.05.15

山頂ポーズ大全

さあ、久々にネタいってみようか!
前々から一度記事にしたかったアレを取り上げてみましょう。

ずばり、【山頂ポーズ大全】です!

山にいった思い出に、ブログのために、記録として・・・山には必ずといっていいほどカメラを持っていきますよね。登山口で1枚。景色のいい場所で1枚。そして当然、山頂で1枚。
今回取り上げるのは、そういう場面でカメラを向けられた時のポーズについてです。ちょっと考えてみてください。。そういう時、いつも同じようなポーズをとっていませんか?

そこで山ブログ界ではおなじみの皆さんのポーズを例に挙げて、山頂ポーズのバリエーションについて考えてみようではありませんか!!
・・といっても、これは完全にあたしの独断と偏見によるものです。いつものように1人ウケ・内輪ウケも覚悟の上。

ではいってみよー!


**********************************************

CASE:1 スタンダードピースポーズ

Shige
両手ピーススタイル。(photo:七峰)

Shige2
こちらスタンダードなピーススタイル。(photo:高尾)

山ブログ界のカリスマ・しげぞうさんの場合はこちらのVサイン。彼女は長い髪の毛が特徴的なので、ノーマルなピーススタイルでもしっかり個性を出しています。

ちなみに、

Ybou_1
Y棒くんもダブルピースがお好きらしい。(photo;大朝日岳)

ピースサインはかなりメジャーすぎるので、いかに個性を出すか、ココがポイントです。やはり表情が大切ですね。


CASE:2 両手おっぴろげポーズ


Mayuta2
七峰の時から気になっていたのですが・・・(photo:七峰)


Mayuta
以前からひそかに定番ポーズだった?!(photo:高尾)

山ブログ界のムードメーカー・まゆ太嬢はこちらのポーズ。本人曰く、「もう降参∩( ・ω・)∩」というポーズらしいのですが、あたしが勝手におっぴろげポーズと名づけさせていただきました。

ちょっとかわいらしさもある、ナイスポーズですね。写真に華やかさを添える事でしょう。



CASE:3 おすましカッコつけポーズ

Shigedan
敗退してもあくまでクールなしげダン。(photo:朝日連峰)


Coolguys
常におすまし系(でも目が細い)なたけさん&案外クールなかいねこさん(角付き)。(photo:七峰)


これはおそらく男性に圧倒的に多いポージングではないでしょうか。
カメラを向けても決してはしゃいだりせず、あくまでクールな自分を演出。そのクールな表情の下では、登頂の喜びを一人かみ締めているのか・・はたまた自己陶酔中か?

しげダン・たけさんかいねこさんと男三役揃い踏みでこちらのおすましポーズでした。



CASE:4 野生児うっきぃポーズ

Saru
コレは彼の定番ポーズ。(photo:妙義山)

CASE3とは全く対称的なのがこのうっちぃ野郎のサルポーズ。
・・・まあ、あまり深くは追求しませんが、こういう『自分らしさ』を表現できるポージングを編み出すというのは非常に重要であるといえましょう。

自然が大好きでたまらないというアクティブなアナタにおすすめします。



CASE:5 片足あげるん♪ポーズ

さぁー!これは管理人の特権で大特集させていただきますよっ(笑

Tica_1
古くは2003年の記録から・・。(photo:浅間山)

ついに、ついに、ついに!
これはつい先日の進化Ver.『喜びのポーズ』(photo:大朝日岳)

3musume
3人娘揃ってのレアな一枚!(photo;高尾)

もう、こちらはおなじみ(?)あたくしTiCAの定番ポーズです。一部では「ティカータスポーズ」とも呼ばれるこのポーズ、2007年はぜひともこのポーズを熱く強く推進していきたい!!!そのように一人鼻息を荒くしております。

なんといってもこのポーズのポイントは、簡単かつ喜びをカラダで表現できるという点にありますね!しかも女性だけでなく、男性にもぜひぜひやってもらいたい!ちょっと恥ずかしげに片足あげるもよし、男らしく高々と足をあげるもよし。ぜひいろんなバリエーションでチャレンジしてください。

例えばこんな風に。

061204_8
正統派かつ硬派な山オンナの代表・オーロラさんビスタ~リさん。(photo:瑞牆山 びすこさん画像借りたよ~


200612okutiti1870
もういっちょ硬派な二人のポージング。(photo:国師ヶ岳 輝ちゃん提供。


こんな2人まで素晴らしいポージングを見せてくれました。もう、TiCA感激。この2人のように両側からポーズをとると大変バランスの良い構図になります。二人とも完全にポーズをモノにしていますね!
このポーズ、自分の中ではすでに定番なのでいきなりカメラを向けられても安心です(笑 さあ皆さんもLet's あげるん♪



********************************************



こうやってひとつひとつポーズを見ていくと、それぞれ皆さん独自性のある表情豊かなポーズが満載でしたね!山歴が長くなればなるほど、定番のポーズが自然と作り上げられていくのかもしれません。
お時間のあるときにでも、ちょっと今までの写真を振り返って自分のポーズを確認してみてはいかがでしょう?

おそらく一般的なのが【ピース】だったり【ガッツポーズ】だったり。でもそれじゃああまりに普通すぎる・・・そんなときにこの【山頂ポーズ大全】を思い出してみてください。きっと皆様のお役に立てる事でしょう!そしてぜひオリジナリティあふれるポーズを考えて、このポーズ大全に新たな1ページを刻んでくださいね!


誰もやらねーよっ!



↓ranking クリック↓

Banner_02 くだらない長文にお付き合いありがとうございました~。

| | コメント (129) | トラックバック (8)

2007.05.13

スリルを求めて。

スリルを求めて。
今日は久々に岩場鎖場にチャレンジ!
スリリングな山を満喫で、楽しかった〜!
さ、温泉温泉(*^_^*)


***********************************************

んっふっふ♪
今日は代休でお休みのTiCAです。たまには家でのんびりだらだらも最高だな(笑

早速コメントいただきありがとうございました。
昨日は超久々に妙義山に行ってきました。
どのルートにするかアレコレ迷ったのですが、結局表妙義をチョロチョロと。
そんなすんごいところには行ってないですから~。

昨日はあたしとY棒、そして久しぶりのうっちぃ&うっちぃのお友達のナカディくんと4人で行ってきました。当然ながら、みんなでギャーギャーはしゃぎながらの楽しい道中でした。
お天気にも恵まれ、新緑の若い緑がとっても美しかったです。

鎖場自体も超久しぶりで楽しかった~♪やっぱクライミングもやりたいなぁ。。。
さて、これからちょっとはブログに手をつけようかな。なんせ、今年のレポもすでに溜め込んでますから・・ブログのカスタマイズもやりたいしなぁ。
Banner_02 やっぱ山はいい!

| | コメント (44) | トラックバック (0)

2007.05.10

道行山(越後駒ヶ岳) 山行記録

もう1ヶ月近く前のことですが・・・ハイタイズが結成された記念すべき山行をUPしておきます。

越後駒ヶ岳・・・四季を通じて今まで何度となく計画を立てたものの一度も実行できていない山。なぜか必ず計画倒れに終わる相性の悪い山。
秋の紅葉の時期が素晴らしいと聞いているものの、私としてはどうしても残雪期にBCボードで登りたい!という野望がありました。

4月になったら越後駒に行こう。
それを目標に、今シーズンはゲレンデでコソ練や神楽でBCなどなどひそかにレベルアップを図っていたのです。
そしてとうとう、実行に移すチャンスがやってきた!!
しかも今回はGPSを手に入れ鬼に金棒となったしげダンという頼もしい味方も加わって、3人でのアタックとなりました!
※いうまでもありませんが、雪山登山は危険を伴います。天候・条件・技量などなど、充分に考慮の上安全な登山を楽しみましょうね♪



*****************************************



4/15(日) 銀山平-道行山 (途中敗退) Total:約6h

New
(しげダン提供・クリックで拡大)

春のBCルートとして一般的なのは、奥只見シルバーラインから行く銀山平をスタートし、道行山を経由して山頂を目指すものです。
このシルバーラインは夜間通行規制があり、18:00~6:00まで通行できません。つまり、下山後18時までにゲートを通過しなくてはならず、これが足かせとなってしまいました。。
また本当は前夜18時までにゲートに入り、銀山平で車中泊したかったのですが・・それも叶わず、朝6時にゲートが開くのを待ってからのスタートとなりました。



5555
ここが銀山平の除雪最終地点。この日は他に5台くらいかな?
ちなみに、同じ場所で撮った3月の写真は→コレ。雪の量があまりに違ってビックリ!


5557
これが最近やたら仲良し?なゴールデンコンビ。この2人についていくのは容易ではありません。あたしにとっては自殺行為です(笑

急いで用意をして、7時前にはなんとか出発となりました。

上のGPSのログを見てもわかるように、柳沢出合の取り付きまでしばらくは延々と北ノ又川の横を平行移動せねばならず、これが案外長くて疲れた疲れた・・。

005
スキーヤーの方が圧倒的に有利だと思われ。


45分くらいかな?やっと尾根筋に取り付きます。

1012
だんだん天気も良くなってきたー♪



5569
おおー!白く輝くは越後駒ヶ岳!しっかし、遠い・・


だがしかし。
写真を見てもわかるように、思っていた以上に雪が融けて木が出ているところが多い。これがかなり行く手を阻むことに。。

特にあたしとY棒はスノーシュー&ボードの板を担いでいるため、板が木に引っかかって超イライラ!もはやヤブコギ状態の場所もかなりあり、すっかり体力消耗。
だって、これですよこれ。








5570

ありえねー!!!

まるで、くもの巣にからみとられた蝶のよう・・orz

四苦八苦しながら藪コギをようやくパスして、なんとか広い尾根歩きに。

1037
この時点であたしはヘトヘトです。

でも、


5581
見渡せばこの景色!あまり風もなく穏やかな天候で、遠くまできれいに見渡せました。


5585
後ろには荒沢岳。めっちゃかっちょいい!いつか登りたいなー。

途中、部分的に夏道を歩くところもあり、シューをぬいだりして時間がかかってしまいました。


031
ゴールデンコンビにすっかり遅れをとったあたし。やっと道行山に到着です。




034
やったー♪ちょうど三角点が見えていました。



ここまで約3時間。最高の景色が待っていました。


Imgp5600_1
嗚呼、憧れの越後駒ヶ岳。(クリックで拡大)


5610
どこまでも続く山並み(クリックで拡大)

はぁ~最高!
越後駒、本当にかっこいい!けどあとどんだけ遠いのさ_| ̄|○

道行山から先、越後駒までの稜線はあまり長かった・・・あたしがかなりスローペースである事、Y棒くんが風邪で体調不良(のちにインフルエンザであった事が判明)という事もあり、残念ながら本日はここまでで引き返すことになりました。無念。。



ということで、越後駒を前に絶好のロケーションでお昼ご飯♪

1087
こーいう時間って、ほんとに最高だよね。

1081
モブログの撮影も忘れずに(笑


5604
最後に越後駒をバックに記念撮影♪
のちにこのときシャッターを押していただいたのが糸屯一さんであることが判明。いやーネットってすごい!!どうもありがとうございました。



1時間ほどまったりとランチを楽しんだらそろそろ帰りましょう。


1097
名残惜しいけど、また絶対来るから待っててね>越後駒!


5629
登ってきたルートはヤブヤブなので、滑りやすいところを探しながらの滑走です。


5632
割れているところもあり、慎重に下ります。


5637
トラバース。シャバ雪で思った以上に板が走らない。


5643
さらにはヤブもあり・・いろいろ楽しそうな斜面を探すものの、楽しかったのはほんの数ターン(笑


071
結局かなり手前で柳沢の沢筋に下りてしまいました。


072
ココからは再びスノーシューで。

ポカポカ陽気の中、楽しいスノートレッキングです♪

076
敗退だけど、なんだかんだと楽しむ一行。

どんどん沢沿いに進むと、やがて朝通った尾根の取り付きに出ました。ここからは再び北ノ又川沿いに駐車場まで戻ります。この帰り道がほーんと長くて・・ちょっとウンザリしちゃった。


082_1
・・・なんかこの景色、上高地っぽくない?(笑


5667
振り返れば、越後駒の雄姿が遠く、けれどはっきりと見えていました。。。。

13:00頃駐車場に無事戻って終了です。お疲れ様でした!また来年、もっとパワーアップしてチャレンジしよう!

これがハイタイズ結成のきっかけとなる初めての敗退となったのでした(笑 ここからハイタイズの華麗なる敗退の歴史が始まったのです。

つづく。 続かねーよ!




道行山 総評:

とにかく残雪期のこのルートは距離が長い!さらに標高差もかなりあるためスタミナ勝負+時間との戦いだと思います。その点あたしは完全に失格でした・・。

言い訳をさせてもらえるならば、道行山までの尾根がかなりヤブヤブですっかり疲れてしまったこと。実はこの日1つ隣りに見えていた尾根を登っていたグループもいたのですが、そちらはもっと快適そうだったのでそっちのルートを選ぶべきだったと思います。
そのあたり、うまくルートファインディングしていけばもうちょっと時間短縮&体力温存できたんじゃないかな?
なんにせよ、今年は暖冬で雪が例年より少なかったというのも藪コギが多かった要因でしょう。

結局道行山までしか行かなかったのですが、山頂付近のあのオープンバーンは滑るのには最高っぽい!!山頂直下の駒の小屋を使っての1泊2日という行程で滑りまくるというのも魅力的ですね。いずれにせよ、今回は下準備の足りなさを痛感した山行でした。もっともっとレベルアップしないとな。。

あとは・・・このルート、かなりスキー向けかも。移動距離が長く、しかも平行移動っぽい部分も多いのでスキーのほうがきっとラクに進めるでしょうね。

奥只見シルバーラインの夜間通行止めというのもかなりネックでした。
これのおかげで朝の出発が遅くなったこと&下山時刻が限られていること。これが精神的プレッシャーとなりました。できれば前日のうちに銀山平にはいり、朝一番から行動開始したいところですね。
※実はこの翌日4/16から通行規制が解除されたのでした_| ̄|○


とにかく、自分の体力のなさ、遅さを痛感した1日でした。しげダン、Y棒ごめんよ。
それでもやっと念願の越後駒ヶ岳の全貌を見ることができ、また素晴らしい雪景色を堪能できてとっても楽しかった♪越後の山って、堂々としていながら懐の深い印象があり、でもすっごく手強そうな・・・いつまで眺めていても飽きません。すっかり魅力にはまってしまいそうです。
また来シーズン、頑張って実力をつけて再チャレンジしたいと思います。がんばれあたし!

長文にお付き合いいただきありがとうございました。



↓ranking クリック↓

Banner_02 プラティが減れば・・・。 

| | コメント (82) | トラックバック (0)

2007.05.08

ハイタイズ活動報告

あちこちで早速GWのレポがUPされているようですね~!皆さん仕事がはやいっ。あたしなんてまだ皆さんのブログ巡りもままならないというのに。
では早速あたしも、ハイタイズの活動報告を。




5604
越後駒をバックに。 (撮影:糸屯一さん)

◆ハイタイズとは

 隊長:Y棒
 副隊長:しげダン
 書記:TiCA     メンバー3名 (H19.5現在)

H19.4.15の越後駒ヶ岳敗退を期に結成されたグループ。その後も七峰縦走等、敗退結果を着実に伸ばす。メイン活動は隊長&書記の2名で行っている。
ディープインパクトことしげダンとカミカゼY棒というゴールデンコンビが所属しているにもかかわらず、何故かこのメンツが揃うと敗退しがち。
「敗退」という言葉のイメージとは裏腹に、わりと軽いノリが特徴。
※メンバー随時募集中。


◆ハイタイズ 活動報告(H19GW)

詳細は以下のとおり。


4/28 移動日(古寺鉱泉登山口にて車中泊)


4/29 朝日連峰 強風のため敗退 
 (メンバー:Y棒・しげダン・TiCA)
・しげダンは下山後しげぞうさんと合流、この日のみのハイタイズ活動となった。
・Y棒&TiCAは敗退後、山形駅周辺を散策。芋煮ソバを食べる。
 (古寺鉱泉登山口にて車中泊)


4/30 朝日連峰 強風のため小朝日岳にて敗退

5798

・下山後仙台駅へ移動、牛タンを食べる。


5/1 栗駒山 視界不良のため敗退
・視界3Mほどの濃霧のため、登山を断念。かわりに水芭蕉を見る。

5860

・盛岡駅へ移動し石割桜を見る。
・盛岡駅で冷麺を食べる。
 

5/2 雨天のため観光へ
・朝から玉川温泉へ。

5877

・田沢湖でたつこ像を見る。
・角館のさくら祭りに行く。ちょうど見頃。

5892


5/3 鳥海山 視界不良のため敗退
・視界5Mほどの濃霧のため、登山を断念。
・山形の海辺でプチBBQをする。(古寺鉱泉登山口にて車中泊)

5893
 

5/4 朝日連峰 寝坊&強風のため敗退
・ふたたび狙うも登山口ですでに強風。テンションあがらず、登山を断念。
・かわりに栗駒山へ向かうが、冬季閉鎖の道に阻まれこちらも敗退
・稲庭にて本場の稲庭うどんを食べる。
 (古寺鉱泉登山口にて車中泊)

※なおこの日、副隊長は越後駒へのリベンジ登頂を果たしている。


5/5 朝日連峰 大朝日岳登頂

047_1

・9日間で唯一の登頂となる。


5/6 移動日




◆ハイタイズ GWのまとめ--

このGW9連休はずばり敗退に始まり敗退に終わるといっても過言ではないほど、敗退しまくった連休となった。
敗退・断念した数、実に6回!!朝日連峰にこだわりつづけたため、登山口である古寺鉱泉にはなんと4泊もしている。・・・これがハイタイズのこだわりである。
また、登山では敗退を重ねつつもちゃっかり【+α】もあきらめない、これもやはりハイタイズのこだわりといえよう。

とにかく今回の連休では天気に恵まれず、思うように登れなかったのが悔やまれる。朝日連峰のあたりは天気が安定しないのか、夜中に必ずといっていいほど小雨が降るような天候だった(4泊したので実証済み)。

とはいうものの、最終的には念願の大朝日岳の山頂に立つ事が出来、ハイタイズとしての初勝利をおさめることができた。


『あきらめなければ、いつかチャンスが訪れる。

       それを大朝日岳が教えてくれた。』

             (出典:「ハイタイズ~山と敗退の記録~」TiCA著 より)


という言葉があるように、何度もチャレンジした結果の登頂は忘れられない素晴らしい経験となった。
また、約1週間あまりひとつの山を見続けることで、日々確実に変化する残雪や登山道の様子をしっかりと確認することができた。
今回のGWは不完全燃焼な部分も多いが、この苦い経験を踏まえた今後のハイタイズの活躍に大いに期待したい。
なお、今回の朝日連峰の山行記録は近日中に書記によってUPされる予定である。

以上。




・・・こんなGWですが、どうですか_| ̄|○


↓ranking クリック↓

Banner_02 ああ、レポはいつになるんだろうorz

| | コメント (115) | トラックバック (0)

2007.05.05

ついに、ついに、ついに!

ついに、ついに、ついに!
ひたすら狙い続けてはや幾日。
やっと大朝日岳に登頂できましたー!!

喜びのあまり、いつもより高めに足を上げております!


*******************************************


今朝ほど、山形からオール下道を走って無事帰宅しました~。今回の旅、総走行距離は2000kmを越えております(笑
GW中のモブログにもコメントいただきありがとうございました。お返事は気長にお待ちくださいませ。


とりあえず・・・
このGWは本当にツイてなかった。目指す山にことごとく敗退してきました。ずっと東北地方に潜伏していたのですが、東北自体がさほどお天気に恵まれなかったのかも・・。
ハイタイズの名に恥じぬ、すごい敗退っぷりでしたorz


最後の最後、昨日のラストチャンスでようやく大朝日岳に登頂!連休中だけで3回目のチャレンジでした。しつこい・笑
あいにくガスガスの天候でしたが、なんとか無事登れて本当に大満足!!苦労した分、喜びもひとしおでした。

ということで、超超ひさびさのアレ、いってみましょう!!




百名山 82座目GET~!!!




やばい、めっちゃひさびさだ・・・(笑

Y棒くんはこれで90座となりました。ちょうど1年前の5月5日。くしくも立山でアキレス腱断裂をしたまさにその日でした。あれから1年後に朝日岳に登頂できるとは・・・なんだか感慨深いです。
まだ痛みも残っているようですが、このまま順調に回復していってくれるといいのだけれど。
GWのレポート(というほどのものでもないけど)もそのうちUPする予定です。


皆さんのGWはいかがでしたか??


Banner_02 粘り勝ち!

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2007.05.04

本場で稲庭うどん。

本場で稲庭うどん。
ハイタイズ、順調に敗退をかさねておりますorz
もう山はや〜めた!ってことで、今日は本場・稲庭で稲庭うどんを食べました。
さすがGW、お店も激混み。
でもつるつるのおうどんは美味でございました。

Banner_02 やることなすこと裏目に出てます。

| | コメント (101) | トラックバック (0)

2007.05.02

桜、満開。

桜、満開。
今度は角館の桜を見てきました。
川沿いにずっと続く桜並木がちょうど満開!
思いがけないお花見にウットリです。

Banner_02 いよいよ後半!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007.05.01

石割桜。

石割桜。
今日はお天気イマイチだったのでぶらぶら観光へ。
一度は見ておきたかった石割桜、さすがの迫力でした!

Banner_02 温泉めぐりもしなきゃ。

| | コメント (89) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »