« とんでもハプニング【前編】 | トップページ | 西で集合のナゾ! »

2006.11.02

とんでもハプニング【後編】



※まず先に【前編】を読んでくださいね。でないと意味不明。


3999


初めての夜行列車・・・
それは未知なる世界。頼れる人のない、自分との戦い――



明け方の駅でひとり必死に駅名を確認する私。

ここは一体どこなんだ!







ひとつ手前の駅『黒部』だとわかったその時、



無情にもドアが閉まった。




ドアの閉まる気配にとっさに振り向くも、時既に遅し。


そう、夜行列車は寝ている客に配慮して発車の合図がなかった!

寝ている客に気を遣うよりあたしに声かけてくれ!
そんなの聞いてないっつーか




あ り え ね - !





ここからはもう、マンガの世界。
滑らかにホームをすべりだす電車と一緒に


ホームをモーレツ爆走!!!

あたし、登山靴であんなにダッシュしたことない。。




待って


 待って!


  まってぇええぇぇぇえ!!




まるで映画のワンシーン。
そんくらい走ったけど、電車は止まってくれる筈もなく












私を置いて

行ってしまった・・_| ̄|○





もうね、リアルで_| ̄|○状態。
というか、なんだか信じられなくて。まさかこんな、まき〇まさんやかい〇こさんみたいな出来事が起こるなんて!




もう顔面蒼白。だってだって、荷物は席に置いたまま。




お財布も!!

ケータイも!!

ザックも!!

なんにもないー!(叫



そうなんです、トイレに行っている間に電車がとまったから、当然なーんにも持ってない。ていうか降りるつもりなかったし!



夜明け前 着の身着のまま 我ひとり おそまつ。





こんな状況、まさに あ り え ね -!
とにかくすぐに駅員さんを探し、朝っぱらから泣きつく。

お願い、魚津で荷物を降ろしてください!!!

駅員さんは明らかに不審顔。朝からご迷惑おかけしました。
しかも、次の魚津まではわずか5分ほどしかなく連絡しても間に合わないという。


つまり、荷物だけその先の『富山』まで。




この状況、想像できますか?

カラダは手前の駅、荷物は先の駅。
ケータイも財布もない。
ビス子さんに連絡したくても電話番号が分からない。
朝の5時すぎだから、Y棒に電話してもつながらない。
タクシーでは何倍も時間がかかる。



まさに八方塞(泣





いてもたってもいられないけど、どうすることもできない。
とりあえず次の電車で荷物を追いかける事にして、その後の乗換えを必死に時刻表で調べると到底間に合わない事が判明。

一旦荷物をとりに富山駅まで行き、それから魚津にもどって乗り換えても、宇奈月のトロッコ電車に間に合わない。
見学会は時間厳守なので遅刻したら即アウト・・。




どうにもこうにも、荷物がないとはじまらない!
30分後にやっときた次の電車に乗り込み、とにかく富山駅までいって荷物を回収。
富山駅の駅員さんに





「次から気を付けてね~」



って、






二度と

やりませんっ!!!








富山駅からUターンでとりあえず魚津駅まで戻り、必殺タクシー乗車!




乗り換えの電車の接続が悪かったため思い切ってタクシーを利用したものの、それでも時間的にはギリギリのラインでした。
タクシーの運ちゃんに事情を説明してなるべく早くとお願いしたら・・

追いつけ追い越せの猛スピード!
黄色ラインで追越まで・・・ ホントに助かりました♪



結局、タクシーのおじさんの奮闘もあり、なんとか間に合ってビスタ~リさんと感動の対面を果たしたのでありました。パチパチパチパチ。





かなり長ったらしいけど、さいごに●ポイントのまとめ●です。

今まで夜行列車に乗ったことがなかったあたし。


1、到着時刻がせまるまで寝ていた。
●到着時刻ギリギリにトイレに行くのは自殺行為。

2、手元の乗換え案内には途中の停車駅がなかった。
●自分の降りる駅の前後の駅もちゃんとチェック。

3、時計が5分ほど進んでいたが、正確に何分進んでいるか知らなかった。
●手前の駅で到着予定時刻(5:20)になってしまった為、混乱した。

4、地方の駅ではホーム中央付近にしか駅名の看板がないこともある。
●車内から確認できないことも。

5、夜行列車は到着駅の車内アナウンスがなかった。
●初めてなのでまったく知らなかった。

6、夜行列車は出発の合図がなかった。
●これは・・・ちょっと不親切じゃないですか?!こんなもんなの?

7、チョット確認、のつもりで思わずホームに下りてしまった。
●よく考えれば、そのまま乗っていたほうが良かったと思う。たとえ乗り過ごす事になったとしても。

8、トイレ帰りだったので荷物は何一つ持っていなかった。
●せめてケータイだけでも必ず携行しておかなくては。

9、どんなに走っても追いかけても無駄だった。
●当たり前です。


ちょっとした勘違いや、初体験ゆえの無知。
こういう積み重ねで思いもよらないとんでもハプニングへと発展したのです。。。

思えば出発前、意気揚揚とモブログをUPしてたよね、あたし。

『あたしってすごいじゃん!』

すごいどころかやりすぎです!!
結局引き返した電車賃+タクシー代で約¥8000のイタイ勉強代となりました。トホホ。



今までか○ねこさんや○きくまさんのハプニングを見るたびに
「こんな人もいるんだ~ワハハハ」なんて思っていたけれど>失礼



あたしも『こんな人』でした_| ̄|○



みなさまも、初めての夜行列車にはくれぐれもご注意ください。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。


↓ranking クリック↓

Banner_02 なんとか連休前にUP。

|

« とんでもハプニング【前編】 | トップページ | 西で集合のナゾ! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夜行列車の早朝下車は、私も何度か失敗してます。
寝過ごして目的の山を変更したり、ぎりぎり目が覚めたのに大糸線のホームが短いため乗っていた最後尾車両のドアが開かずに隣の車両に走ってる間に発車したり。
でも荷物を全部持って行かれると辛いですね。
タクシー代の出費は痛いですが、荷物の無事回収と約束に間に合ったのでまだヨカッタと思います。
タクシー運ちゃんに感謝ですね。
電車を追いかけるシーン。メ~テル~て感じですか。(ちょっと古いかな)

投稿: へっぽこ山ちゃん | 2006.11.02 15:26

おぉ~。これで連休遊べます。ありがたいです。山行ってきます。

あの~、財布とケータイは、肌身離さずお持ちください。おっちゃんは心配になってきました。

朝一ダッシュの姿が…(笑)

投稿: masa | 2006.11.02 16:26

やってしまわれましたね・・・
遂に伝説を作ってしまわれましたね。
それにしてもスゴ過ぎる。
パニック映画みたいで汗かいちゃいました。

ともあれ“ぐるぐるツァー”実行犯、遂行できてよかったですね。

投稿: | 2006.11.02 17:15

あ~~、聞いてはいましたが、こうやって文字と写真で見ると、やはり手に汗にぎるサスペンスドラマでした。

こうやって見ると、最初の“はじめてのおつかい”大爆笑です。
TiCAさんもやはり「おちょこ」でしたね。
Mさん2泊3日の旅から帰ってからのこちらへのコメント楽しみ~~。

このとき、Y棒さんはTiCAさんと連絡とれず、心配していたそうですよ。

投稿: 木曽駒 | 2006.11.02 18:51

ハラハラ・ドキドキさせられました。結末OKで良かった!
アハッ、TiCAさんもそんな人だったんだ!ヨシヨシ
参考にしますね。って絶対マネしませんよ(笑)

投稿: モンブラン@週末登山検討中 | 2006.11.02 19:03

すでに聞いてた話だけど、おもしろすぎ~(爆
でも、結構ショックな話なはずなのに、ネタにできるTiCAさんが好きよん♪
「はじめてのおつかい」、ハプニングありまくりでしたね~おつかれさまでした。

投稿: まゆ太 | 2006.11.02 19:45

同じく聞いていた話でも、あらためて文章で見ると緊迫感ありまくりですね~!

タイトル「はじめてのおつかい」は、やっぱハプニングの予兆でしたか^^;
惜しむらくは、スタッフが影から撮影していなかった事ですね~(笑)

投稿: 食う寝るさんだ-す | 2006.11.02 20:21

うそっ、貴重品ってトイレに行くときおいてっちゃったんですか?
一人なのに?
車内ってけっこー盗難多いらしいですよ~
お気をつけあそばせ。

投稿: オーロラ | 2006.11.02 20:57

先ず常識的に有りえねぇ~!!体験。
だからTiCAさんなのかな?
でも、本当に8000円だけの余分の出費ですんで、
良かったのかも…
結果オーライ。。めでたしめでたし

投稿: 輝ジィ~ジ@お疲れ | 2006.11.02 21:12

いや~前編ではどうなることかと思いましたが
(はじめから電車を乗り間違ってたに違いない!と思ってました。笑)
とにかくなんとか間に合ってよかったですね!
でも、仕事柄列車内でのトラブルは本当によく聞きます。
荷物ごとなくなってることもざらじゃないようです。
貴重品だけは肌身離さず!!

投稿: こた | 2006.11.02 22:00

終わりよければ、全てよし。頼みの綱は、タクシーですね。
TiCAさんは、このブログでしか知りませんが、こういう方だったんですねぇ。(^^)

投稿: Haruru-It | 2006.11.02 22:09

TiCAさんも人間ですね。だれにも間違いはありますよ。身近に感じて良いですね。
でもなにも持たずに降りるのはやめましょう。
お互い気をつけましょう。
私の推測ははずれました。

投稿: えいじ | 2006.11.02 22:13

TiCAさんご無沙汰。
とんだ災難でしたね。
読んでたら、10数年前の夜、高速SAでスキーバスに置いて行かれた時のことを思い出しました。
あのときも女房のトイレ待ち...

投稿: ulgoods | 2006.11.02 22:44

あはは! 思わず書き込み!!
いやぁ、引き込まれました。
書き方がうまいせいもあるけど、怒濤の秋田駒の初日がよみがえりました(あっ、わたしゃ当事者ではないけど)…

投稿: K林 | 2006.11.02 23:17

WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
むちゃくちゃ面白いですね。笑いが止まりません。

私もちょっと違うけど似たような経験したことありますよ。
当時札幌に住んでて、正月休みで実家に帰ってました。友人宅を渡り歩き、宇都宮から北斗星で札幌に行く予定でした。指定券をもって、北斗星が来るのをホームで待ってました。ホームには、たくさんの人がいて、列をつくって並んでました。その状態で、ある電車が着ます。廻りを見てると誰も乗る様子がありません。これは、違う電車だと勝手に思いこんで、電車が通り過ぎるのを見ていました。見つつ、あれ?これが北斗星?と思い始めました、そこからは確かにスローモーションで電車が動いているように見えました。あわてて駅員さんに確認すると、やっぱり、さっきの電車が北斗星。列を作っていたのは、次の電車に乗るため。。。宇都宮から北斗星に乗る人なんてそんなにいなかったんです。慌てて、次の北斗星に乗りたいと駅員に聞くと、乗車券以外は無効で買い直しとのこと、、、。貧乏でそんな金ない。どうすればいいか必死で食い下がると、新幹線で追いかければ、福島で追いつけると言われ、速攻で、新幹線乗り場へ。福島までの新幹線の切符を買おうとしたら、今度はお金が足りない。。。数百円だったけど。優しい駅員さんが、お金を貸してくれて、新幹線に乗ることができましたが。。。その後、福島で追いつき、ようやく北斗星に乗りましたが、札幌まで10時間ぐらいかかります。お腹が減る、でも金がない、、、。しかたない、お土産に買ったまんじゅう食っちゃった。。。寝台列車で、隣で寝てたひとが、事情を知ってか知らずか、ミカンを分けてくれました。これがうまかった。
確かに、夜行列車は要注意ですね。

投稿: yukiemon923 | 2006.11.02 23:45

TiCAさん、そんなカラダ張ってまでブログネタを作るなんて(爆)
ブロガーの鑑ですね。
なんちって。ウソです。
大変でしたねー。

でもーーーーー、面白かった!

投稿: えび | 2006.11.02 23:51

心臓に悪いだす・・・。
はらはらしてしまったじゃあ~りませんか。
怖い。自分に置き換えるとめっちゃこわい・・・。
想像したらさらに怖かったよ~

でも、無事たどり着いてよかったね(^^)
ほっとしました。
この前尾瀬夜行でもやっぱり停車した時の駅がわからなくてどきどきしたよ。
気付いたら終着駅着いてるし・・・。あれ心臓に悪い。

投稿: ふうろ | 2006.11.03 00:43

いやー、やってくれましたねー!
でも、間に合っちゃうところはさすがTⅰCAさんですね!っつーかタクシーの運ちゃんも凄いけど(笑)。
うーん。僕も東京からの帰りの電車で寝てしまって、ふと起きたら、聞いた事ない駅。まったく違う電車に乗っていた。なんて事ならありますけどね。
でもTⅰCAさんには勝てませんね。あっぱれだ。

投稿: 井上ウッド | 2006.11.03 02:46

あっ、そうそう、オーロラさんも御指摘の通り
とくに深夜の電車、バス内はケータイと財布はポケットに必携ですよ。
えっ?財布がデカくてポケットに入らない?
やっぱこの際、小さくて防水性のある山用財布を買ってみては?

投稿: ビスタ〜リ | 2006.11.03 13:23

アプローチでこれだけドラマティックなネタを作り出せてしまうTiCAさんはすばらしいですよ!
え、褒めてない?
いやいや、とにかくドキドキしながらも笑わさせていただきました。
僕も朝一の熊本出張で寝坊してしまい、新宿からタクシーの運転手さんに「あと30分で搭乗手続き終了なんです!」と言ったら、交通ルール無視してかなり飛ばしてくれましたよ。

投稿: じゅん | 2006.11.03 18:05

ていうか、すごすぎ!
いやー、ありえないでしょー。
あってほしくないですよね。
自分だったら・・・と想像するだけでも怖いです。
でも、間に合ってホントよかったですね。


投稿: こまち | 2006.11.03 19:29

やりますねぇ~(笑)
他人事なら笑えるのは、Me tooかも(汗・・・

投稿: 河童 | 2006.11.04 06:30

ふむふむ、そういうことだったのか。
昨晩読んであまりのおかしさに涙し、
また今読み返してもTiCA嬢のダッシュ姿が前頭葉に張り付いてしまって・・・
剥がれん・・・
でも、結果オーライでしたね。
よかったよかった。
ところで、夜行列車も列車によって状況が違いますね。
ムーンライトえちごは、3:39に長岡駅に着く前に、はじめて車内アナウンスがあって以後到着駅のアナウンスがあるし、
ムーンライトながらも、浜松あたりから車内アナウンスあるなあ。

投稿: ぜいぜい | 2006.11.04 10:59

TiCA さん、

全然関係ない話ですが、TiCAさんのブログに張り付いてる忍者の訪問者数のカウンター、どうやって貼り付けたんですか?うまくいかないんですよね。。。

投稿: yukiemon923 | 2006.11.04 13:20

すみませんm(__)m

かなり笑わせていただきました(≧▽≦)いや~!ちかさんのイメージ変わりました!

自分は電車で出かける事がないのでわかりませんが、これから電車(特に夜行)に乗るときは気をつけますね( ̄ー ̄)

投稿: うっちぃ | 2006.11.04 19:10

笑わしていただきました。私も一度きりですが、一人で乗る夜行列車は結構どきどきしますよね。スリルとサスペンスのこのノンフィクション。再現フィルムとして映像化してはいかがでしょうか?もちろん主役はTⅰCAさんで。お宝映像(小悪魔ちゃん?)つきだと大ヒット間違い無しです。

投稿: たまちゃん | 2006.11.04 22:13

TiCA さん、

すみません、解決できました。
今日から打ちのブログもカウンター開始です。

投稿: yukiemon923 | 2006.11.05 00:21

えーと、私はこんなことはありえませんね。
と書きたいところですが、吹雪の長野駅でセーター一枚の私をおいて音もなく出て行った特急列車の姿、車内を走る友人たちの姿(私の場合、自分は立ちつくしていました)、まざまざと思い出します。ま、私は、サイフは持ってましたから。T○C○さんよりましでしょう。ただし、自分の部屋の鍵がそのまま…… 嗚呼、今思い出しても悲しい気持ちになる出来事です。TiCAさん、だいじょうぶ、そんな私もいまはごく普通に暮らしています。どうか、、、、、がんばってくださいね。

投稿: ま○く○ | 2006.11.05 00:36

うわっ 大変でしたね。 登山靴で 走る姿を 思い浮かべると その後のどっと疲れた その心況
察するに余りあります。
出張からの 東京の帰りで 名古屋乗り過ごして
何故か 京都に 終電でしかたがないので 新大阪
の駅下のカプセルにとまり、翌朝一番の名古屋で帰ったことあるけど。(この場合 名古屋 大阪間の新幹線代は請求されません! 酔っ払いに優しいJR)
この場合は 飲んで うとうと
なんですが。

投稿: NJ | 2006.11.05 03:35

えーと、自分はこんなことはありえませんね。
・・・と、名前を書いていただく光栄に見舞われ(?)ましたが、ま○くまさんとは、違いまして、本当にこんな経験ありませんって。そのトラブルっぷりは大尊敬ですよ(笑)。あ、もちろん真似はしたくありませんけれどね。でも、本当に財布と携帯は、持って行って下さいね。無くなっていたらどうなったのと、ドキドキしちゃいますから。夜行列車の体験は、あまりありませんが、こういったトラブルだけには遭わない様に、トラブルメーカーとしては、意識しておきます。

投稿: か○ね○ | 2006.11.05 23:55

すごいドキュメントですね(~_~;)
あのぅ・・こう言っちゃナンですが、こういうことしちゃうところ、私とかぶるんですけど・・・(笑;
私ね、一見しっかりしているように見えるらしいですが、とんでもないところでヘマしてますから・・・
思わず思い出してしまいました(あぁ・・古傷が・・・笑)
乗る電車間違えて、電車リレーしたことありますよ。無事間に合ってホッとしましたが・・(確か停まらない駅に停めてもらって車掌口から乗車しました!(^^ゞ
(だからか○ね○さんに親しみ感じるのかな・・爆)
って、慰めになりませんが、丸く収まったようでよかったですね。

投稿: sanae | 2006.11.06 13:44

>へっぽこ山ちゃんさま

おお、へっぽこ山ちゃんさんも失敗経験ありですか!なんか、ホッ。 夜行列車は本当にいろんな落とし穴があるんですね~。初心者がうかつに手を出すもんじゃないな。
>メ~テル~て感じですか。(ちょっと古いかな)
んもー、ほんとにゴダイゴ流れてきそうでしたよ。残念ながらあんなにロマンチックじゃなかったけど(笑


>masaさま

山に出発前にご覧いただけたようでよかったです。
>財布とケータイは、肌身離さずお持ちください。
おっしゃる通り。もう電車を降りる準備万端で、財布もケータイもザックにしまいこんでいたんですよ~。なので手ぶらでトイレに行ってしまいました。
深く反省しています。。


>??さま

えーと、誰だろう??とりあえずコメントありがとうございます。
伝説・・かなやっぱり。ほんとにこんな武勇伝要りませんよね。私もこんな状況は初体験だったので(当たり前)、かなりパニックでした。
ま、終わりよければ全てよし!ということで自分を納得させています。
♯お名前、誰なのか気になるのであとで名乗り出てくれるとうれしいです♪


>木曽駒さま

木曽駒さんと合流するまで、こんなドラマが隠されていたんですよ~。みなさまお騒がせしました。
>最初の“はじめてのおつかい”大爆笑です。
アイタタタ・・・ほんとに恥ずかしくて、あの記事消してしまいたいくらい!あの数時間後にこんな事件を起こしてしまうなんて・・。電車に乗り込むまでは完璧だったんですけどねぇ。

投稿: TiCA | 2006.11.08 14:48

>栗かぼちゃさま

ドキハラしていただいてありがとうございました。
あたしは「こんな人」じゃないと思ってたんですけどね~。まさかこんなとんでもドジをやっちゃうとは。我ながら情けないです。
・・ブログネタになったからまだいいけどさー。
結局週末はどちらのお山へ?天気がよかったし楽しめたのでは?またご報告お待ちしています。

投稿: TiCA | 2006.11.08 14:50

TiCAさん、ごめんなさい~。
3コメはワタクシでした。
“デキル女”なイメージのTiCAさんですが、
すごい事やってくれちゃって安心。
いや、むしろやろうと思ってもできない・・・
ってことはやはり“デキル女”に変わりナシ!ですね。

投稿: かんぼ | 2006.11.08 19:37

お返事たまりまくりですいませーん。

>まゆ太さま

私もあたらめて記事にしてみて自分でもハラハラしちゃいました(笑 っていうか「ばかー!財布持ってけー!」って感じですよね。
ほんとは誰にも言わないつもりだったんですけど、開き直ってネタにしてしまいました。
みなさんに笑っていただけて本望です・・・。


>食う寝るさんだーすさま

「はじめてのおつかい」でしたから、やっぱりひと波乱ないと盛り上がりませんよね~。
>スタッフが影から撮影していなかった事ですね~(笑)
もし撮影されてたら・・・絶対笑えると思います。いや、手に汗握るかな?とにかく命がけのアクションの連続ですよ。なんせノンフィクションだし。
あー書いてて情けなくなってきた(笑


>オーロラさま

うっ、キビシイつっこみ!そうなんです~さっきも書いたけど、もう降りる準備万全で財布もケータイもザックにしまいこんでたんですよ。周りも寝静まってたし、つい手ぶらでトイレに行ってしまいました。
盗難多いんですね~以後気をつけます!


>輝ジィ~ジさま

あれ、まだお疲れですか??
おっしゃる通り、常識では考えられないハプニングですよね・・。自分でも信じられなかったもん。¥8000の出費はいたかったけど、何よりびすこさんとの約束に間に合ったから結果オーライです!


>こたさま

ハラハラしていただいてありがとうございます。
>はじめから電車を乗り間違ってたに違いない!
って、これじゃ「はじめてのおつかい」の記事でバカ丸出しじゃないですか!!いくらなんでもそこまでは・・・ない、多分。
列車内のトラブルってそんなに多いんですか?わたしはかなり甘く考えてました。深く反省。


>Haruru-Itさま

自分でももうちょっとシッカリ者なつもりでいたんですけどねぇ、どうやら違ったようです(笑 いや、若かりし頃は結構おっちょこだったんですけど、こーいうのは久々でした(笑
>終わりよければ、全てよし。
まさに!ほんとに最初はどうなる事かと思いましたが、終わってみれば大満足の遠征でした♪

投稿: TiCA | 2006.11.09 15:29

>えいじさま

わーん、優しいお言葉ありがとうございます!でもやってはいけない過ちですよね~コレ。
>私の推測ははずれました。
えーと、「窓から飛び乗る」ってやつですか?いくらなんでもしませんって。寝静まった車内で、いきなり窓に飛びついてきたらみんなびびるだろうな~。その前にあたしが怪我しそうだけど(笑


>ulgoodsさま

わーお久しぶりです!お元気ですか~?
>高速SAでスキーバスに置いて行かれた時のことを思い出しました。
うっ、これもかなりつらいなー。スキーってことは冬ですもんね。しかも高速SAとなるとかなり選択肢がなくなりそう。
でもulgoodsさんにもそんな経験があってちょっとうれしいかも~♪


>K林さま

おおー、ダンディなのに書き込みありがとうございます(意味不明
>怒濤の秋田駒の初日がよみがえりました
ですよね~。あれもすごかった・・。他人のハプニングだと笑えるけど、いざ自分となるとホントに動揺しまくりでした。
今度MさんとかRさんに会ったらちょっと分かち合えそうな気がします。


>yukiemon923さま

うお、すごい長文コメントだ~どうもありがとうございます。
北斗星!いいな~一度乗ってみたいと思ってたんですけど・・今回のハプニングで夜行列車がトラウマになりそうです(笑
コメントいただいていたカウンターの件、全然お役に立てなくてすいませんでした。。ご自分で解決しちゃったのかな?私も久々にブログカスタマイズしちゃおっかな~?

投稿: TiCA | 2006.11.09 15:58

>えびさま

いやー、単にブログネタにするにはあまりにもリスキーですね、このハプニングは。精神的にかーなーり参りました。寿命が3年くらい縮まったかも。
結果的にえびさんに笑っていただけたので、モトはとったかな>何の。


>ふうろさま

この恐怖、この緊張・・・記事から伝わりましたでしょうか。ほんとに心臓に悪かったですよ。
やはり夜行列車は危険なんですね。。まさか発車の合図もないとは思わなかったし。こーいうのってやっぱり慣れが必要なんでしょうか。


>井上ウッドさま

あざーっす!「さすが」といわれると・・どうなんだろう、こんなあたし。嬉しいやら情けないやら。
>ふと起きたら、聞いた事ない駅。まったく違う電車に乗っていた。
え、まったく違う電車って・・ウッドさんも結構やりますねーさすが師匠(笑


>ビスタ~リさま

今回でほんとに海よりも深く反省しました。あたしもびすこさんのようなコンパクトなお財布に入れ替えることにします。普段のお財布のまんまだと、カードやら免許書やら、ごっそりなくすハメになるかもしれませんし。
びすこさんにはほんとにお世話になりました!

投稿: TiCA | 2006.11.10 21:43

>じゅんさま

アプローチで命を削ってしまったため、本編に入る気力がありません(爆 早くレポートに取り掛からないと・・。
飛行機の場合は駆け込み乗車ができませんもんねー。手荷物検査とかあるし。でもチェックインさえしておけば割と融通利かせてくれたりします。
いずれにしてもタクシーの運転手さんバンザイですね♪


>こまちさま

フフフ・・・ぜひ「自分だったら」と想像して怖がっちゃってください!まー普通だったらこんなハプニング起こるはずがないと思うけど(泣
どうもあたしには一人旅が向いてないのかな。。一見シッカリ者に見えて、実はものすっごいヌケてるんです(笑


>河童さま

そうそう、他人事だと思うとものすっごいオモシロイんですけど、いざ自分の身に振りかかってみるとホントに恐ろしいですよ。。今回は結果的にネタにできるような失敗だったからマシだと思います。
今思い返してもおそろしい・・(笑


>ぜいぜいさま

きゃー、あたしの登山靴ダッシュなんて思い浮かべないで下さいってば!!ハズカシー。
>夜行列車も列車によって状況が違いますね。
ほほう、そうなんですか!っていうかアナウンスくらいいれてもいいと思うんですけどね~。ぜいぜいさんは電車お得意ですもんね、次はぜいぜいサンに確認してから乗る事にします(笑

投稿: TiCA | 2006.11.10 21:56

>うっちぃさま

いえいえ、笑っていただけて本望ですよ~。でもあたしのイメージが崩れるのは・・残念だわ。
っていうか今までどんなイメージを?そっちが気になる(笑
私も電車に乗る機会はほとんどないんですけど・・もうトラウマで乗るのが怖いかも!


>たまちゃん

やはり夜行列車は怖いですよね~しばらく乗れないかも。
>再現フィルムとして映像化してはいかがでしょうか?
いやーー!まぬけすぎますって。どっかの登山講習会で「いけない例」とかで上映されそう(笑 映像化したらたまちゃんにもエキストラで出てもらいますからー。


>〇き○まさま

やっぱり・・ね。どうしてこんな事が起きるんでしょうか。セーター1枚でナゼ外へ?!自分の部屋の鍵って?!ナゾは深まるばかり・・。
でも、人よりいろんな経験をしているということですよね!しかもブログのネタにもなっちゃうし。
世の中悪い事ばかりじゃない・・よね、〇き○まさん。


>NJさま

NJさんも武勇伝をお持ちなんですね~。でも酔っ払いか、ならわかる気がする・・。
>名古屋 大阪間の新幹線代は請求されません!
ええー?!そうなんですか??すごい、JRって太っ腹!そういうのって翌朝事情を説明すれば電車に乗れるってことでしょうか。すごいなー。

投稿: TiCA | 2006.11.10 22:09

>○い○こさま

おおー本家の登場だ!と思ったら
>本当にこんな経験ありませんって。
えーマジっすか?!うそだぁ、よーく思い出したらなんかあるんじゃないですか~?>失礼。
かいねこさんのトラブルっぷりにはいつも楽しませていただいていましたが、まさか私がこんなトラブルを起こすとは・・油断大敵ですね。


>sanaeさま

ええー?sanaeさんもヘマしちゃうんですか~?すっごいシッカリ者に見えますよ、ほんとに。(横にトシちゃんがいるからか?!)今度sanaeさんのハプニング話をきかせてくださいね。
ということは、sanaeさん&トシちゃんは私とY棒にかなりかぶるということでしょうか??だったらウレシイな~♪


>かんぼさま

わざわざコメントありがとうございます~☆
「デキル女」・・・はぁ、「ネタにデキル女」になっちゃいました、あたし。
こんなにたくさんのコメントもいただけたし、思い切って記事にして良かったかな。ウンウン。


>

投稿: TiCA | 2006.11.10 22:26

Really great information can be found on this site.

投稿: acetyl tyrosine | 2012.07.15 10:21

I consider something really interesting about your weblog so I saved to fav.

投稿: alpha gpc | 2012.07.18 04:30

This writing has inspired me to continue focusing on my own blog

投稿: incontinence bags | 2012.07.25 05:11

Greeting from over the sea. informative post I shall return for more.

投稿: l-tyrosine | 2012.07.25 06:25

bonjour respect your blog have a look of mine

投稿: aion kinah | 2012.07.29 11:02

You have noted very interesting points! ps decent web site.

投稿: tera gold | 2012.08.03 16:31

I view something truly interesting about your web blog so I saved to fav.

投稿: tera gold | 2012.08.03 18:26

salutations from over the world. excellent blog I will return for more.

投稿: vitamin | 2012.08.07 18:08

Sir,
You forgot the ideal 1 of all.

投稿: Gino Marlborough | 2012.08.10 17:07

Thank you, I have just been hunting for info approximately this subject for ages and yours is the greatest I've came upon so far. Having said that, what concerning the conclusion? Are you certain concerning the supply?|What i don't understood is in fact how you are no longer truly much more neatly-preferred than you could be ideal now. You are so intelligent.

投稿: Ismael Eachus | 2012.09.09 17:04

Close this stupid website!

投稿: Darell Wrinkle | 2012.09.10 04:38

Your post is a timely cnotribtuion to the debate

投稿: Ladainian | 2012.09.19 07:06

if we have just signed up but I really would like to see a specific letter (Lorelei Lee's) is there some place i can possibly see it or obtain a copy somehow?

投稿: Temple Sauvage | 2012.09.20 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86812/12521007

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもハプニング【後編】:

» とんでもハプニング【びすこ編】 [ビスタ〜リ通信]
困難を乗り越えた後の黒部ダム展望台からの 立山連峰の景色は格別だったに違いない 東と西から集合するは宇奈月駅。 ひとり旅も手慣れたもの。 深夜バス、JR、富山地鉄をなんなく乗り継ぎ 地鉄沿線ののどかな景色を見て すでに宇奈月駅に到着したであろう相方を思う。 と、黒部駅を過ぎたころ、朝っぱらから携帯が鳴る。 「びすこさん?あの…、TiCAです。  …今、富山駅にいます」 はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ�... [続きを読む]

受信: 2006.11.02 20:53

« とんでもハプニング【前編】 | トップページ | 西で集合のナゾ! »