« 雪の立山で・前編 | トップページ | 雪の立山で・後編 »

2006.05.24

雪の立山で・中編

5/3~/6 室堂-雷鳥平テント泊 3泊4日

5/3まではこちらをどうぞ→雪の立山で・前編

14782朝日。



【第2日目/5月4日】



寒さでよく寝られぬまま迎えた2日目の朝。予想通りの快晴です♪
朝起きてテントから顔を出すと、おはようございます!の声。あー山仲間がいる山行ってなんだかス・テ・キ。。
本日は剱御前小舎をへて別山を目指します
Kご夫妻のご主人はスキー。奥様とビスタ~リさんは歩き。私とY棒はスノーボード装備という我らが5人パーティ。アイゼン装備で7:30頃に基地を出発。

14792
(クリックで拡大)
雷鳥坂を登ります。これが結構きつかった・・。周りの素晴らしい景色に励まされながら1歩ずつ登ります。

振り返ればこんな景色。あまりの天気に目がくらみそう。
14892
(クリックで拡大。)

階段状についた踏み跡を汗だくになりながら歩いてやっと剱御前小舎へ。このあたりでまだ白い雷鳥発見♪
剱御前方面へ少し登って見晴らしの良い場所でしばし景色にひたります。

3112
思わず座り込んでボーっと見入るビスタ~リさんとKさん。やっとお目当ての剱岳が見えました!
去年の夏に早月尾根を登っているK夫妻&ビスタ~リさんは雪の剱岳に大コーフン!こういう感動を分かち合える山仲間って本当にステキです♪

3122
雄山方面をバックにK氏。みんな自然にニコニコです♪

思い切り景色を楽しんだら、一旦剱御前小舎に戻って軽く休憩。(※有料トイレあります。が、恐ろしい状況でした。。)

3202
ホットココア¥300(良心的!)「来てよかった」を繰り返す5人(笑

さて、お次は別山へ。K氏はアイゼンなしの為、小屋でのんびりするとのこと。4人で再び歩き始めます。

3212別山への稜線。

3262_1
(クリックで拡大)
やがて目の前にそびえたつ剱岳。もう何も言う事はありません。

あたくし、何を隠そう剱岳はまだ未踏でして、登るどころかこんなに間近で見るのも今回が初めて。・・・今年は雪が多かったからでしょうか、雪化粧をした剱岳はイメージよりずっと穏やかに、静かに聳え立っておりました。手が届きそうなくらい目の前にあるのに、あの頂まではどれほど遠いのだろう。

3272
ビスタ~リさんとKさん。

こんな感じで別山の山頂にて、この上なく贅沢な時間を過ごしました。

***********************************

さーてここからがY棒と私のお楽しみターイム!(笑
Y棒は歩きながら狙いをつけていた『別山の稜線から剱沢』へ滑りたいという。んー正直あんまり自信ありませんが、なんせこの展望・この天気。

滑るなら ついていこうか 剱沢
ってな感じでいってみよー!

2062_22052_1
さぁ、クリックして私とY棒がどこにいるか探してみよう!剱沢小屋も見つけてね~
剱を目の前に滑り込むだなんて、この写真、家宝にします!ありがとうKさん!

15192多分、滑ったのはこんな感じ。

まずはY棒から。思いのほか斜度がきつくてすぐに見えなくなる。。
それでも、このときはまだ どうにかなるよね なんて甘く考えておりました。

が。

最初の2ターンで気が付いた、この現状。

すっごい急斜なんですけど!!すっごいカリカリなんですけど!!
写真だけ見たらなにやら一見かっちょよさそうですが、

あたしは半分滑落してました_| ̄|○
無事下りれてほんとよかったよー・゚・(ノД`)ヽ

途中まで稜線で見守っていたビスタ~リさんとKさんも、相当ハラハラしていたようです。すいません。ある意味度胸試しの滑走でした。。これも思い出ですね。



無事滑り降りたら剱御前小舎まで登りかえして、今度は雷鳥沢のテントを目指して再びボードです♪

3492
全く分からないと思いますが、赤いがあたし。どんだけ広大なバーンを滑っているか伝わるかな~?
んもうどこをどう滑っていいやら困っちゃうくらいの最高の場所ですね!こちらは雪質もまぁまぁで楽しめました。

歩いて下っていたビスタ~リさん&Kさん、スキーのK氏ともタイミングよく合流し13時すぎにテントに戻りました。



*******************************************


午後は再び雪山を眺めながらのまったりタイム。最高です!もはや日焼け止めも効果をなさないような終日のバカっ晴れでした♪

15402
あ!!!まぼろしのビス子印ヌードルだ!!!

みんなでおしゃべりしたり、ご飯食べたり、そしてもちろんカンパイしたり・・・楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
2日目ともなるとなんとなくカラダが慣れたのか?!この日の夜は寒さにもめげずにぐっすりな一夜を過ごしたのでありましたv(^_^)v


【2日目 戦況】
K氏:スキー下山中に膝を故障。3日目以降テント番を専任。
TiCA:剱沢滑走中に右手親指ねんざ。

次回につづく!!

次回予告:『いざ雄山へ!それは悪夢の始まりだった・・』です(笑 乞うご期待?!

写真ばかりの長文レポでごめんなさい。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 『クララが立った!』以来の奇跡が起きています。


|

« 雪の立山で・前編 | トップページ | 雪の立山で・後編 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

がるるるるぅ~っ

数回立山に行きましたが。こんな晴天は・・・
べべべべ別に、羨ましくなんてないもんっ!

投稿: やま | 2006.05.24 13:31

あ、やまさんがまた吼えてる(笑

こんな晴天、めったにないですよね!すごいですよね!うらやましいですよね!!

ここはひとつ、素直に羨ましがっちゃってください♪

投稿: TiCA | 2006.05.24 16:04

雪の立山事件簿、写真&ストーリーが最高ですね。
キャスティングがまた素晴らしい!読んでてワクドキ、引き込まれてしまいました。次回が待ち遠しいっす!

投稿: まろん | 2006.05.24 18:48

あの稜線から剱沢へ飛び込む女性なんて
そうそういないでしょ。度胸ありすぎですよ!

仕事しているオンのTicaさんと
オフのTicaさんってすごいギャップがありそう。
興味あるな~。


投稿: Mrs.K | 2006.05.24 19:44

第二弾も拝見しましたー。
すっごい!あんな斜面、滑れませんって!!!
私は超怖がりなので、「だからスキーも上達しない」といつもダンナから叱られているんです。岩場もダメ、高いところもダメ、鎖もダメ、、、って、山登りは向いてないかも~(涙)
なので、別山から剣沢なんてありえな~い!と思いました!!!カッコよすぎです!

ところで親指のお怪我はその後大丈夫なんでしょうか?

続きも楽しみにしていますネ☆彡

投稿: しげぞう@雷すごくて帰れない(涙) | 2006.05.24 20:40

最後の写真いつのまに!?
なんかこうして一日の出来事がまとまっていると
不思議な感じですねえ。
適度にまったり、でも濃縮されていた休日でしたね。
それにしても雪山きれいに撮れていますよね。
デジカメ買い替えたくなってきた・・・。

投稿: ビール大臣@雷鳥沢 | 2006.05.24 20:42

こんばんわです。
いや~、なんて素敵な山屋の日々でしょう。いいねー。
ブログのカウント数も絶好調。

投稿: たく | 2006.05.24 23:03

後編じゃなくて中編ときたか~(笑)
しかし剱の写真最高。
別山の滑りもスリリングですね。

投稿: お気楽 | 2006.05.24 23:16

この雪景色...ヤバすぎ...。
ついでに、滑ったルートも...。

こりゃぁ、病み付きになりますわなぁ。
写真だけでも十分に満足しちゃいますもん。

投稿: yamato | 2006.05.24 23:23

# どうもココログは書き込んだコメントを削除する
# 傾向があるようで...むむむ。

にしても、この雪景色ヤバすぎ...。
ついでに、滑ったルートもヤバすぎ...。

こりゃ、病み付きになるのもうなずけます。
写真だけでも満足ですもん。

投稿: yamato | 2006.05.25 00:21

TicaさんもY棒さんも かっこいぃ!!
だれか動画で撮ってませんかね~
後半も楽しみです

ランキングはブッチギリの様相ですね

投稿: 真夏のサンタ | 2006.05.25 07:09

おはようございます。
素晴らしい景色ですね!
タメ息がでます。
こんなところにテント張って、ビール飲んだら、
下界に戻れなくなりそうです。
来年は立山行こうかな・・・。

投稿: げんさん | 2006.05.25 08:25

ホォ~!もう恐ろしいですね。
オリンピックの大滑降コースさながら、直滑降ではありませんか!
ものすごくハイレベルなんですね~写真見ているだけでゾゾッときます。足が震えちゃいますよ・・・
TiCAさんも怪我ですか、今はもう完治しましたか?お大事にしてくださいね~って、キーボード打つには差し支えないようで何よりです。
しっかしこの晴天の立山、たまりませんね~!
行きたい・・・!!

投稿: sanae | 2006.05.25 10:52

うっひょ~!!!
こういう斜面見るとうずいてくるなぁ・・・
こういう急斜面だぁ~いすきです。はい!
スキーもボードもしなくなって早5年!!!
でも毎年こういうバックカントリーにはあこがれていて。
スキーはテクニカル、ボードは1級楽しくないわけがない。
今年の冬は再開しよっかなぁ。

投稿: KAZU | 2006.05.25 14:32

たくさんのコメント、ありがとうございます~。

>まろんさま

こんにちは!
ワクドキしていただけましたか?うれしいです~^^ ほんとはもっといろんな写真を載せたかったのですが、そうすると3部作では到底終わらないので(笑 一応次回で立山事件簿完結の予定です。
頑張って早めにUPしますのでしばしお待ちくださいませ~。


>Mrs.Kさま

主要キャストからのコメント、ありがとうございます!
あの時は度胸というか、単に甘く考えてただけでした(笑 途中で滑落しかけた時はマジでびびりましたよ~。「あー、あたし止まらないなー」なんて思ってました(アホ

>仕事しているオンのTicaさんとオフのTicaさんってすごいギャップがありそう。
これは私にとってすてきな誉め言葉です♪ありがとうございます。よければオンの山オンナを見に横浜までお越しください!


>しげぞうさま

昨日の雷&雨はひどかったですよね!ちゃんと帰れました?
剣沢への滑降はほとんど滑落してましたから。全然かっこよくないです、ほんと。親指は今もちょっと痛いです。でも様子を見るしかないみたい。。

>岩場もダメ、高いところもダメ、鎖もダメ、、、って、山登りは向いてないかも~(涙)
しげぞうさんが山登りに向いてなかったら誰が向いているんですか!!(笑 間違いなくヤマニアカップルだと思いますよ~。私は岩場鎖場・高いところも大好きですが、肝心の体力がアリマセン。あと足元弱いからすぐコケるし。しげぞうさんのようにサクサク歩けるカラダが欲しいです~!

投稿: TiCA | 2006.05.25 14:33

お返事の続き。

>ビール大臣さま

って誰だかわかんないし!(笑
あの写真、なかなか良いでしょ?人気者は隠し撮りにも注意が必要です。
私も今まで雪山の写真は失敗しまくりだったのですが、今回はきっちり「雪モード」で撮ったらなかなかちゃんと撮れていましたヨ。
あの濃厚な立山の日々を記事にするのはかなり大変ですよ~!書きたい事がイッパイすぎてやたら長い記事になっちゃいました。ビス子さんのようにスッキリまとめられる文才があったらいいのですが。


>たくさま

こんにちは~、コメントありがとうございます!
本当に本当に素晴らしい日々でしたよ!毎日がそりゃもう楽しくて♪今までは遠い&混んでいるということでなかなか足が向かなかった立山ですが、絶対オススメできると思います。今回は天気にも恵まれすぎたのもありますね。
ぜひご自身の目でこの絶景を見に行ってみてください★彡


>お気楽さま

ほんとは前・後編の予定だったんですが、とてつもなく長くなりそうだったので・・3部作にしてみました。
別山からの滑りはお気楽さんならもっと楽しめると思いますよ~♪剱岳を目の前にしてのスノーボードはほんとに最高の思い出になりました!あれで雪がもうちょい良かったら言う事なしだったんですけどね(笑

投稿: TiCA | 2006.05.25 14:56

お返事のつづき。

>yamatoさま

またココログ重かったかな?ずっと調子悪いんですよね、ご不便おかけしてすいません。
今回の立山の景色・天気・・本当にヤバかったですよ!まさに雲ひとつない青空って感じだったし。山ボードもどこを滑っていいのか迷うくらいに広大な雪面が広がっていて、もっともっと長居したくなりました。
私の写真であの素晴らしさの1/10くらいでも伝わればうれしいです♪


>真夏のサンタさま

こんばんは!
動画ですか~考えてなかったなぁ。多分あっという間に滑り終わっちゃうと思いますけど(笑 剱に向かってスタンバイしているこの写真、ここまでは自分でもお宝モノだと思いますが、滑り始めたらほんとにヘナチョコなので。。
ランキングは自分でも恐れおののいていますよ~。誰かがどこかでクリックして下さっているんですよね~スゲー!もう思い残す事はありません(笑


>げんさん

コメントありがとうございます!
雪山を眺めながらげんさんの美味しい山メシ&冷えたビールでカンパーイ!なんつったらもうたまらんでしょうね!!山で食べるといつだって3割増くらいで美味しく感じちゃいますし。
立山は案外売店の物価も安いし、温泉もある、トイレも水場も完備・・かなり自信を持っておすすめします!すごく快適なテン場でしたよ~♪ぜひぜひ来年の候補に!

投稿: TiCA | 2006.05.25 18:50

さらに続き。いっぱいコメントうれしいな~。

>sanaeさま

いやいや、Y棒につられてつい無謀なことをしてしまいました。もうちょっと雪が柔らかいかなーと思っていたんですが、結構固くてビビっちゃいましたよ(笑 このときに多分親指を打ったのですが、今もちょっと痛いです。(でもキーボードは余裕でOK!)今回の山旅が楽しすぎた分、私もY棒も余計なおつりがついてきちゃいました・・。ご心配ありがとうございます!
でもやっぱり雪山はいいですね!


>KAZUさま

こんばんは~。
あらら、KAZUさんはスキーもボードもやるんですか?いいなー理想ですね!!5年のブランクくらい、問題ないんじゃないですか♪ぜひKAZUさんも来年は山スキーで盛り上がりましょう!
雪山に道具一式を持っていくのは大変ですが、その分機動力など大きな武器になりますよね。もちろんバックカントリーの楽しさが一番のポイントですが。私はロクに滑り込んでもないくせに、すっかりゲレンデボードには興味がなくなってきてしまっています(笑

投稿: TiCA | 2006.05.25 19:01

Hey hey hey, take a gdaner at what' you've done

投稿: Katty | 2012.04.25 12:56

I simply want to mention I am just newbie to weblog and honestly enjoyed your page. More than likely I’m want to bookmark your website . You actually come with outstanding article content. Thank you for sharing with us your web page.

投稿: Darcy Kearbey | 2012.06.06 08:22

We brew the inspiration. Trampoline Design builds the site. designtramp.com

投稿: Jamie Lummus | 2012.07.30 23:22

i luv fb n i cnt live widout it......plz plz

投稿: Lakia Correia | 2012.08.22 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86812/10193327

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の立山で・中編:

« 雪の立山で・前編 | トップページ | 雪の立山で・後編 »