« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の21件の記事

2006.05.31

雪の立山で・完結編

5/3~/6 室堂-雷鳥平テント泊 3泊4日

5/3まではこちらをどうぞ→雪の立山で・前編
5/4の別山編は→雪の立山で・中編
5/5の雄山編は→雪の立山で・後編



【最終日/5月6日】



とうとう最終日。4日目にしてようやく雲の多い朝でした。

16262
みんな撤収作業中。テント村も数がかなり減っているのがわかります。

4232
最後に雷鳥平で記念撮影!

名残を惜しみつつ、7:30くらいに雷鳥平を後にしました。もちろん、足を怪我しているY棒の荷物(特にボードの板)を私が持つつもりでいたのですが

「自分で持つ!負けねぇ。」

とここでもまたY棒の負けず嫌いが発揮され、足をひきずりながら大荷物で室堂に向かうことになりました。。今にして思えばアキレス腱断裂なんて状態だったのですから、よくもまぁ室堂まで歩いて帰ってモンです。

4322
どんどんテント村が小さくなっていく・・また絶対来るからね~!

Y棒・・途中はかなり痛そうだったよね。ちょっとキビシイ斜面では私がY棒の荷物をかついで2往復とかしましたが、基本的には完全に自力で室堂まで歩きました。見上げた根性です!
だって、怪我していないあたしだって、4日目ともなると疲れて室堂までキツかったもん。たいした距離じゃないはずなのにすっかり疲れました。

苦労しながらも、どうにか室堂到着!約2時間かかりました。

4362
観光客いっぱいの中、堂々記念撮影♪
いよいよ立山を後にする時。みんな思いは同じだったでしょう。

立山、最高!!!ありがとう立山~!




室堂からバスに乗り込む前に、せっかくなので雪の大谷を見に行く事に。
本当は車道を歩いてはダメだったようですが、係りの人の誘導でちゃっかり見てきましたよ~♪

4411
これ、このポーズがやりたかったのよ~ヽ(´ー`)ノ

16462
今年の大谷は19mだったそう。去年より3mくらい高いんだって!
写真では伝わらないかもしれませんが、本当に大迫力でした!見に行く価値ありです!

雪の大谷まで見れて、本当に大満足で室堂を後にしました。当然帰りのバスでもあたしコーフン!みんなバクスイ!(笑




下山後は立山駅から程近いウェルサンピア立山の日帰り温泉(¥700)へ。こんなところにナゼこんな立派な施設が?!といいたくなるようなとってもきれいなお風呂でしたよ♪
お風呂では顔がぴりぴり!!やはりあの晴天&雪上の紫外線には到底かなわなかったようですorz
Y棒とK氏は特に日焼けがひどかったため、風呂上りは見れたもんじゃなかった(笑

お風呂の後はやっぱり下界の美味しいご飯ですよね!
ということでK氏イチオシの富山キトキト寿司へ移動してプチ打ち上げとなりました。

16592
運転手2名を除いて遠慮もなくビールでカンパイ!!K氏の顔色がおかしなことになっています(笑

このキトキト寿司ですが、回転寿司とはいえあなどれない!!すっごいおいしかったですぅ(ノ´∀`*) Kさんご馳走様でした!回転すし屋にもかかわらず、存分に語らい、くつろぎ、満腹になったあと、再会を約束して関西チームをお別れしました。

また絶対一緒に山に行きましょうね!

Y棒はアキレス腱断裂状態で、立山から横浜まで運転(愕! ペーパードライバーでごめんね。それでもどうにか無事帰宅できました。




非常に長くなりましたが、こんな感じで最高のGWは幕を閉じたのでありました。
今振り返っても、本当に最高の出会いあり・最高の景色あり・最高のお天気・・こんなにも満喫したGWはなかなか過ごせないように思います。

本当に楽しかった。ただもうその一言。
あとはY棒の怪我が一日も早く治ることを祈るばかりです。だってまた山に行って、素晴らしい思い出を作りたいもんね!


************************************

SPECIAL THANKS!!LINKS

ビスタ~リさんHP 【ビスタ~リ ビスタ~リ】
K夫妻 HP 【つれづれ山雑記】

こちらもあわせてご覧いただくときっと臨場感倍増!

ほんっとにダラダラと長いレポートに最後までお付き合いいただいたそこのアナタ!ありがとうございました~!!あとでもうちょっと書き直すかも・・とりあえずUPしちゃえ。


↓blog ranking↓

Img48804 Moji1 ゆっくりしたい。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2006.05.30

山歩きのアフターケア

この前の丹沢バリルートオフの後は、超久々に電車で帰宅でした。
たけさんの車で橋本駅まで送っていただいた後のこと。
ちょうど車を降りたところにマツキヨがあったので、フラリと立ち寄ってみました。汗臭いカラダで。

そこで目にとまったのがこちら。


VAAM ヴァーム アフターチャージゼリー¥200

VAAM ヴァーム アフターチャージゼリー

運動後のカラダに必要なすべてのアミノ酸が一度に摂取できる。 by VAAM公式HP

ということだそうです。BCAA(分岐鎖アミノ酸)は生体内で合成できない栄養素。

運動前に摂る=運動エネルギーになる
運動後に摂る=筋肉の修復・増強を促進する

ですって。(間違ってたらすいません~)

山を始めた時から結構VAAMのお世話になっているのですが、この商品は知りませんでした。つまり、運動前に摂るだけじゃなくて運動後にも効果的っていうことなんですね!
っつーことは

下山後にBCAAを摂取することで

筋肉痛の軽減&筋肉の増強

基礎代謝UP?


効率的に痩せるかもしんない!!
っていうのはどうでしょう!!


確かに、他にも運動した後はクエン酸がいいとか、鶏肉などのたんぱく質を摂るといいとかきいたことある!今まであんまりアフターケアって考えてなかったけど、早急に体脂肪を減らしたいあたくしにはぜひとも取り入れたい習慣かもしれませんよ!!!

ということで迷わずレジに持っていきました。汗臭いカラダで。そのまま電車に乗る前に一気に飲んでみたけれど、マスカット味で悪くない。これは下山後の小腹がすいているときにぴったりかもしれません。
わーい、いいもの見つけたな~と自己満に浸りながら一人電車に揺られて家路につきました。汗臭いカラダで。




で。肝心の効果の程は。






YES!バッチリ筋肉痛_| ̄|○




ダメじゃんあたし。
でもこーいう小さな積み重ねが大切なんです、きっと。いつか蓄えたプラティパス○個分の体重を放出してみせるから!

ということでー。
登山の後のアフターケアとか、これがいいらしいよ?とか、なんかあったら教えていただけるとうれしいです♪

こんな感じでお茶を濁しつつ、立山レポ完結編にとりかかりまーす。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 今日こそやらねば。

| | コメント (71) | トラックバック (2)

2006.05.28

雨でも楽し丹沢オフ!

本日雨の中ご参加の総勢13名の皆々様、本当にお疲れ様でした

5/28(日) シロヤシオを見に塩水橋からバリエーションルート→丹沢山に行ってきました。
そうですよ!
丹沢バリルートデビューです!キャ~かっちょいい!!


_039

お目当てのシロヤシオは残念ながら見ごろをはずれていたみたいですが・・・それでもいーんです!



雨に降られようが!
ヒルの総攻撃を受けようが!
しかもヒルに刺されようが!




みんなで歩けば楽しいんです!!

_071
み~んな笑顔で無事下山♪

Y棒抜きの一人参加でドキドキでしたが、みなさまに気さくに接していただいたお陰でものすごく楽しい1日となりました。本当にありがとうございました!Y棒がいなくてもへっちゃらですよ!!

誘ってくださったぜいぜいさんはじめ、皆様本当にお世話になりました。Y棒もヤビツまで送ってくれてありがとね。
帰りの電車は案外混んでいて、「隣の人!呼吸しないでー!」と念じながら帰りましたよ。汗臭いのまちがいなかったので。
ヒルにかまれたというオマケがついてきましたが、とにかく楽しい1日でした♪

追記:特別公開!

実録!これがヒルにかまれた痕だ!!!

_076

でもね、ちっとも痛くないし痒くない!
あんまり沢山血を吸われなかったのかな?カラダをはったブログネタですよ(笑


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 アーレー。


| | コメント (114) | トラックバック (0)

2006.05.26

雪の立山で・後編

5/3~/6 室堂-雷鳥平テント泊 3泊4日

5/3まではこちらをどうぞ→雪の立山で・前編
5/4の別山編は→雪の立山で・中編



そのとき、雪の立山で何が起こったか。



それでは、じっくりとお楽しみください。。

【第3日目/5月5日】



3日目の朝はやや雲があるもののまたもや晴天!本日は一の越から雄山を目指します。
昨日は別山、今日雄山。見渡す限りの雪景色、気の向くままどこだって行けるこのシアワセ。この贅沢。


嗚呼、こんな自由人生活がずっと続けば!
下界の生活に戻れなくなりそうです・・・。

K氏は昨日の膝の負傷により、今日はテントで読書をしてテント番をしてくださることに。こういうまったりした1日の過ごし方もまた醍醐味ですよね!これぞ自由人♪
ということで、まずは一の越を目指して一足先にビスタ~リさん&Kさんが出発。私たちもボードの用意をして8時すぎに後を追いました。

15622
(クリックで拡大)
最初はこんな道を歩きます。初日に比べると黄砂で結構雪が茶色くなっています。

3842
(クリックで拡大)
連日のバカっ晴れのせいか、日に日に雪が減っている気が。。気温が高いのであっという間に汗だくになります。

15662

やがて一ノ越山荘に向かって直登気味に登ります。これがきつくて!なかなかペースが上がらず、先を行ったビスタ~リさんたちに全然追いつかない。。室堂から雄山を目指す人も多かったです。

1.5h弱ほどで一ノ越山荘到着。ちょうど小屋前でKさん発見。Kさんは雄山に登頂するのをやめて、一人ビスタ~リさんが雄山往復してくるのを待っていたところでした。一人で行っちゃうところがさすがビス子さん!

3902
山荘の中でKさんとひと休み。ここでは昨日のホットココアが¥200!立山は良心的な価格設定だな~。※トイレは山荘内にあります。¥100らしい。
しっかりと休憩したらいよいよ雄山に向けて最後の登りへ。山荘からすぐ、夏道をはずした直登が始まりますがココがマジでこわかった!何が怖いかって。日帰り系?スキーヤー&ボーダーがぎっちり行列をなして登っていたのですが・・

*間をあけずに登っているから、もし前の人が何か落としたり万が一滑落したら絶対巻き込まれそう!
*しかも簡易アイゼンの人やアイゼンなし(!)の人も多くて見ていてヒヤヒヤ!
*山頂に近づくにつれ風が強くなる。と当然ボードの板が風をモロに受けてあおられる!

なーんか、大丈夫なの・・?!小心者のあたしとしては相当ドキドキしてしまいました。ほんとは写真撮りたかったけどそんな余裕なし。 そんな中、無事雄山に登頂したビスタ~リさんと途中すれ違ったりしつつ山頂を目指します。

15702
(クリックで拡大)
途中から岩場が出てきました。久々にアイゼンで歩く岩場、結構苦労しました。

3992
やったぁヽ(´ー`)ノ 私にとっては2度目の雄山登頂です♪山頂からのぐるっと360°の展望も最高でした。

3942
(クリックで拡大)
大汝山に続く稜線。

山頂には多くの人が。7割くらいがスキーヤー・ボーダーでした。やっぱり人気のエリアなんですねぇ。
軽くおやつを食べてからいよいよ雄山から滑ります。そしてこれこそが悪夢の始まりでした。。

3452
(クリックで拡大)
Y棒が狙いをつけていたのがこのルート。まだノートラックの良ルートです。

さて、ここでこのときの私たちの状況をちょっとご説明。
Y棒は負けず嫌いでギャラリーが多ければ多いほど燃えるタイプ。逆に私は小心者の安全第一。妙に緊張しちゃうのアガリ性なのですが・・

まず今回は

◆雄山からの大滑走ということは、かなり目立つ!しかもノートラック!
   →イレこみ度 30%!

◆そこに!!先にそのルートを滑り始めたグループが!やばい、先に滑らねば!

   →イレこみ度 80%!!

◆しかーも!そいつらガイジンだよ!!大和魂見せてやる!

   →イレこみ度 120%!!!


Y棒、完全に大・大コーフン状態の出来上がり!!んもう、負けてたまるかとワケのわからない一方的なライバル心をむき出しに、急いで準備してあとを追う!!まるで闘牛だよオイ。
ボーゼンとするあたしをせかしてY棒は行っちまいました・・もちろんあたしも頑張らねば~!

4082
(クリックで拡大) こんな斜面を。

4132
(クリックで拡大) 楽しい春雪!
昨日と違って滑りやすーい!超楽しい!!

Imgp15962
少し下ったところでY棒発見!このガッツポーズの笑顔のあと、信じられない一言が。

「・・・やっちゃった。情けねェ」

はぁ~?
よくよく話を聞けば、意気込んでモーレツなスピードで突っ込んだ挙句、ウォッシュボードのように波打った斜面ではじかれてコケたとのこと。しかも足首が痛い。全く力が入らない。こりゃー結構マジで怪我したかも・・・。
大丈夫??と心配したのはモチロンですが、でもちょっと待て。
つーことはさぁ・・
ワケのわからんイレこみで突っ込んでいった挙句、全くかっこいい滑りをアピールするまでもなく自爆したってことですかい?!



あ り え ね ー !


ほんとね、可哀想だけどどう考えてもバカですよ?もちろんこのときはまだアキレス腱断裂という大怪我だなんて夢にも思ってませんでしたから、余計に。もう笑うしかないですよ。
このあとY棒は足に力がかけられないため、まともに滑れませんでした。よく自力でテントまで戻ったよね。私は1人まったりと雪上クルージングを楽しんで無事に下りました。

足を引きずるようにしてどうにかテントまでもどってからも、まだそこまでの大怪我だとは考えてもいませんでした。だんだん腫れてきたものの、雪でガッツリ冷やしていたため痛みもそれほどではなかったみたい。

16142
テーピング仲間 約2名。本人の名誉のため、顔はぼかしてあります。

このあと負傷したY棒を置いて、K夫妻と3人で雷鳥沢ヒュッテの温泉(¥500)に入りに行ってしまったあたし・・・ごめんね、でも温泉は最高でした!

16192
GW最後の晩餐。Y棒もまだ元気。
ビスタ~リさんが持っていた痛み止めが効いたのか、怪我にも負けず最後の楽しい夜を迎えたのでありました。。



【3日目 戦況】
Y棒:左足 負傷。まさかこれが全治4ヶ月の大怪我だったとは。。
(詳しくはコチラ→戦線離脱。


次回につづく!!

えっ?まだ続くの?!
だめ、書ききれません。次回でほんとに最後!!
またまた長文レポでごめんなさい。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 どーしよー。


| | コメント (101) | トラックバック (0)

2006.05.24

雪の立山で・中編

5/3~/6 室堂-雷鳥平テント泊 3泊4日

5/3まではこちらをどうぞ→雪の立山で・前編

14782朝日。



【第2日目/5月4日】



寒さでよく寝られぬまま迎えた2日目の朝。予想通りの快晴です♪
朝起きてテントから顔を出すと、おはようございます!の声。あー山仲間がいる山行ってなんだかス・テ・キ。。
本日は剱御前小舎をへて別山を目指します
Kご夫妻のご主人はスキー。奥様とビスタ~リさんは歩き。私とY棒はスノーボード装備という我らが5人パーティ。アイゼン装備で7:30頃に基地を出発。

14792
(クリックで拡大)
雷鳥坂を登ります。これが結構きつかった・・。周りの素晴らしい景色に励まされながら1歩ずつ登ります。

振り返ればこんな景色。あまりの天気に目がくらみそう。
14892
(クリックで拡大。)

階段状についた踏み跡を汗だくになりながら歩いてやっと剱御前小舎へ。このあたりでまだ白い雷鳥発見♪
剱御前方面へ少し登って見晴らしの良い場所でしばし景色にひたります。

3112
思わず座り込んでボーっと見入るビスタ~リさんとKさん。やっとお目当ての剱岳が見えました!
去年の夏に早月尾根を登っているK夫妻&ビスタ~リさんは雪の剱岳に大コーフン!こういう感動を分かち合える山仲間って本当にステキです♪

3122
雄山方面をバックにK氏。みんな自然にニコニコです♪

思い切り景色を楽しんだら、一旦剱御前小舎に戻って軽く休憩。(※有料トイレあります。が、恐ろしい状況でした。。)

3202
ホットココア¥300(良心的!)「来てよかった」を繰り返す5人(笑

さて、お次は別山へ。K氏はアイゼンなしの為、小屋でのんびりするとのこと。4人で再び歩き始めます。

3212別山への稜線。

3262_1
(クリックで拡大)
やがて目の前にそびえたつ剱岳。もう何も言う事はありません。

あたくし、何を隠そう剱岳はまだ未踏でして、登るどころかこんなに間近で見るのも今回が初めて。・・・今年は雪が多かったからでしょうか、雪化粧をした剱岳はイメージよりずっと穏やかに、静かに聳え立っておりました。手が届きそうなくらい目の前にあるのに、あの頂まではどれほど遠いのだろう。

3272
ビスタ~リさんとKさん。

こんな感じで別山の山頂にて、この上なく贅沢な時間を過ごしました。

***********************************

さーてここからがY棒と私のお楽しみターイム!(笑
Y棒は歩きながら狙いをつけていた『別山の稜線から剱沢』へ滑りたいという。んー正直あんまり自信ありませんが、なんせこの展望・この天気。

滑るなら ついていこうか 剱沢
ってな感じでいってみよー!

2062_22052_1
さぁ、クリックして私とY棒がどこにいるか探してみよう!剱沢小屋も見つけてね~
剱を目の前に滑り込むだなんて、この写真、家宝にします!ありがとうKさん!

15192多分、滑ったのはこんな感じ。

まずはY棒から。思いのほか斜度がきつくてすぐに見えなくなる。。
それでも、このときはまだ どうにかなるよね なんて甘く考えておりました。

が。

最初の2ターンで気が付いた、この現状。

すっごい急斜なんですけど!!すっごいカリカリなんですけど!!
写真だけ見たらなにやら一見かっちょよさそうですが、

あたしは半分滑落してました_| ̄|○
無事下りれてほんとよかったよー・゚・(ノД`)ヽ

途中まで稜線で見守っていたビスタ~リさんとKさんも、相当ハラハラしていたようです。すいません。ある意味度胸試しの滑走でした。。これも思い出ですね。



無事滑り降りたら剱御前小舎まで登りかえして、今度は雷鳥沢のテントを目指して再びボードです♪

3492
全く分からないと思いますが、赤いがあたし。どんだけ広大なバーンを滑っているか伝わるかな~?
んもうどこをどう滑っていいやら困っちゃうくらいの最高の場所ですね!こちらは雪質もまぁまぁで楽しめました。

歩いて下っていたビスタ~リさん&Kさん、スキーのK氏ともタイミングよく合流し13時すぎにテントに戻りました。



*******************************************


午後は再び雪山を眺めながらのまったりタイム。最高です!もはや日焼け止めも効果をなさないような終日のバカっ晴れでした♪

15402
あ!!!まぼろしのビス子印ヌードルだ!!!

みんなでおしゃべりしたり、ご飯食べたり、そしてもちろんカンパイしたり・・・楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
2日目ともなるとなんとなくカラダが慣れたのか?!この日の夜は寒さにもめげずにぐっすりな一夜を過ごしたのでありましたv(^_^)v


【2日目 戦況】
K氏:スキー下山中に膝を故障。3日目以降テント番を専任。
TiCA:剱沢滑走中に右手親指ねんざ。

次回につづく!!

次回予告:『いざ雄山へ!それは悪夢の始まりだった・・』です(笑 乞うご期待?!

写真ばかりの長文レポでごめんなさい。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 『クララが立った!』以来の奇跡が起きています。


| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006.05.22

雪の立山で・前編

5/3~/6 室堂-雷鳥平テント泊 3泊4日

やっとやっと立山GWレポでございます。

2006年のGW後半は、尊敬すべき山ブログ仲間のビスタ~リさん・Kご夫妻と雷鳥平で合流して、3泊4日のテント定住山行となりました。連日の快晴の中、山ボードあり・大展望あり・温泉あり・そして山仲間との楽しい時間あり。とにかく盛り沢山の120%充実山行でした。


春山ボードのメジャーどころとして前々から憧れていた立山。
4月の大菩薩嶺オフのときにビスタ~リさんからGW立山テント山行のご予定をきき、私とY棒も便乗させていただくことになりました。ビスタ~リさんの山行レポに度々登場するK夫妻もご一緒とのこと。ワクドキです♪



【プロローグ/5月2日】



私もY棒も夜まで仕事。急いで帰宅したもののすでに21時。しかも全く用意できてないし!昨日までの怠けた自分を呪いつつウンザリしながら用意。だってね、

テント装備+4日分の食料もろもろ+スノーボード用具一式ですよ。

2292
美女平の量りではかったら20kgでした。それに手持ちでボードの板。荷物多すぎ!

どうにか深夜に横浜を出発・・・これが見事にGWの渋滞にはまりました・・_| ̄|○。やっぱGWって混むんですね!すでにぐったり疲れながら、楽しいGWを夢見て立山に向かいます。。




【第1日目/5月3日】


途中休憩や仮眠をはさみつつどうにかこうにか立山駅に着いたのがお昼過ぎでした。ビスタ~リさんご一行は一足先に室堂INしているとのこと。
もう今更急いでも仕方ないし~ということで、混雑が一段落するまで待ってから結局立山駅を14:30くらいのケーブルカーに乗りました。
※JAF割がありますので、会員の方はぜひ!

14352
ケーブルカー・バスと乗り継いでやっと到着した室堂はこれ以上ないくらいの晴天!!

この時点ですでに大・大・大 コーフン!!

2452
ちなみにこんな感じで。テント場まで近いからいいものの。
もう16時をまわろうかという時間ですが、最高のお天気の中、ゆっくりと雷鳥平を目指します。

14422
雪山ってなんでこんなにきれいなの~!!

雷鳥平までの後半の下りはボードをはいて。これがですね、20kgのザックを背負いながらバインディングをつける事の大変さといったら!!ちょっとバランス崩したら荷物につられてゴロリンチョ!!滑るのもやっとの思いです。

ヒーヒーいいながらも

14492
テント場が見えてきた~ヽ(´ー`)ノ

ウワサ以上の混みっぷり!カラフルなテント・テント・テント。
・・・・。
この中からビスタ~リさんご一行を無事探しだせるのかしらん。

って、やべー。やべー。
どんなテントだか全然きいてないよ!こんな人ごみの中、どーすんのよ、あたし?!

果たして、我々はビスタ~リさん・K夫妻と合流できるのか?!




Y棒に内緒で内心めっちゃアセりながら雷鳥平に到着。キョロキョロしていると前方からスラリとした一人の女性が。
つばの広い帽子にサングラス。顔にはタオル。この完全防備はもしや・・と思ったらやっぱり!


ビスタ~リさんでした!!


ビスタ~リさんと1ヶ月ぶりの再会を果たし、Kご夫妻とワクドキのご対面。そして3つのテントを寄せ合って、我々の雷鳥平本拠地が完成したのでありました。

14632
そして早速!第1回目のカンパーイ!!
このカンパイがこの後何度も繰り返されるのであります。。

夕ご飯もみんなで食べると何でこんなに美味しいんでしょうね?
1392
こんな風にテントの間に雪のテーブルが。さっすがー。
特にK夫妻はものすっごいステキな食材を大量に背負ってきてくださっていて、かつてないくらい豪華な山食となりました。ほんとーにご馳走になりました♪
最初はそれなりにキンチョーしていたものの、ビスタ~リさんもKご夫妻も本当に素敵な方々で、すっかり打ち解けてしまいました。これからの数日間、絶対に楽しいものになるに違いない!!



1422
やがて夕焼け。明日もお天気良さそうです♪



実は今回が私にとって初めての雪上テント泊だったのですが・・
早めに就寝したものの、

足先が冷たい!腰が冷たい!お尻が冷たい!
雪の上で寝るってこんなにもツライものだったのね・・・あれこれマイ・ベストポジションを探って寝返りをうったり丸くなってみたり。
その甲斐もむなしく、しまいには

腹こわしました_| ̄|○



ぐあ~、とととトイレいこっかなー。
・・いや、この寒さの中、トイレまで歩くのはめんどくさすぎる!



この葛藤、お分かりいただけますでしょうか(笑 いや、笑い事じゃないッス。結局腹痛に負けてトイレに行きましたけど。しかも2回ほど。ある意味拷問。

いや~、冷えって恐ろしいですね!
厳冬期なら昇天してしまいそうですね!
いやいや、登山暦4年目にして貴重な初体験ができました・・・orz




と、ほんとはここで5/4も続ける予定でしたがすでに長いレポートになりそうなので・・

次回につづく!!

次回予告:『別山から剱岳とご対面!そして剱沢へ命がけのスノーボード!』 です。乞うご期待。




◆雷鳥平テント場◆

・¥500/人
・水場あり。かなり豊富です。無料。
・トイレあり。無料。ペーパーあり&水洗。最高でしょ。

14592
この先がトイレ&水場。
見て下さいこの壁。どんだけ埋まってるんですかっつーくらいの壁。この壁の上にテント張ってあるんですよ!
このトイレまでの下りが結構命取りでした。特に夜!本気で要アイゼンかと思いましたよ(笑


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 おおお・・恐ろしい!恐ろしい事が!!


| | コメント (47) | トラックバック (1)

2006.05.21

新鮮!沼津の桜エビ

今日は久々に?いいお天気の日曜日でしたね!きっと皆さん山にお出かけだったんだろうなー。いいなー。
でもうらやましがってばかりもいられません。

せっかくの日曜日、あまのじゃく的発想にて海を目指してみました!
海、といってもサーフィンとかじゃないですよ、海の幸ツアーでございます。

お目当ては今が旬・沼津港へ桜海老を食べに行ってきました。


P5210006
地魚の刺身盛り。生桜エビ、生しらす、かつお、ぶり。

あたくし、初めて生桜海老を食べましたが、ウマー!!ですね!!
沼津港にはお寿司屋さんや定食屋さんが立ち並び、手頃な価格で新鮮な海の幸が食べれるんです。特に桜海老やしらすは鮮度が命らしいので、こういうところで食べるのは特においしいんでしょうね~。



P5210002_2
こちらはもう一つのお目当て、桜海老のかき揚げ。このデカさ、驚きです。

塩でいただきましたが、こっちもウマー!でした。それにしてもでかすぎです。3人で食べてもギリギリ(笑 しかもこのかき揚げ、¥650なんですよー!生ビールと一緒に食べたらもう最高ですね。

あとは地魚の握りも食べて大満足の沼津ツアーでした♪生桜海老や生シラスの軍艦とか。。はぁ~うまかった♪

なんでも桜海老は駿河湾でしか獲れないそうで、しかも時期が決まっているとか(解禁は3~6月と10~12月らしいです)。それ以外の時期は冷凍物になってしまうそうですヨ。

生桜エビを食べるなら今が旬ですよ!!!


P5210009_2
お店を偵察中のYアキレスさん。こんなカラダでも食欲旺盛。


Y棒が松葉杖状態じゃなかったら、今日も絶対山に行っていると思う。
そう思うとたまにはこういう休日も捨てたモンじゃないかな~。ケガ療養中もせっかくだし楽しまないとね♪あいにく富士山が拝めなかったのが残念ですが。

ま、旬の栄養たっぷりのものを食べて早く良くなってもらいたいものです。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 たまにはグルメツアーも◎。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2006.05.20

2006年6月の山開き情報

先日、2006年春の山開き情報と題してこの4・5月の主な山開き情報を集めてみましたが、暇なので6月分もお送りしようと思います。7月分は多そうなのでまた次の機会に。

またまた百名山に限って調べてみました。それぞれ関連HPへリンクしてありますので、お出かけの際にはご自分できちんと確認されることをお薦めします★彡

ちなみに、明日5/21は安達太良山5/28は西丹沢・巻機山の山開きが予定されていますよ~。ミスあだたらコンテストですね!


******************************************



6/1(木)  苗場山・鳥甲山 山開き
        参加者には竹の子汁や樽酒がふるまわれるそうです。



6/4(日)  八ヶ岳 開山祭
        先着でお札・記念バッチをプレゼント。3日は前夜祭。
        場所は 南八ヶ岳:赤岳 北八ヶ岳:北横岳 です。



        大山 夏山開き祭
        こちらも3日は前夜祭。
        当日にはラジオの公開録音・ゲスト:ばんばひろふみだって。。



        くじゅう山開き
        登山者に記念のペナント配布。
        ちょうどミヤマキリシマの季節ですね~!行きたい!



6/11(日)  早池峰山 山開き
        絵馬配布(1,000枚)だそうです。



6/14(水)  武尊山山開き
        6/18(日)からはつつじ祭りが。いいな~。


6/18(日)  鳥海山 夏山開き
        百宅口から記念登山あり。



6/25(日)  魚沼駒ヶ岳・荒沢岳山開き
        登り口・枝折峠,下山口・駒の湯 だそうです。





ひゃー、調べるのって案外大変!
とりあえずこんな感じでいかがでしょう。6月になれば他にもいろんな山が山開きを迎えると思いますので、どこに行こうか迷ったら・・たまには記念登山もいいかもしれませんよ~♪
結構頑張って調べたので、ちょこっとでもお役に立てたらウレシイかもかも。

私もどっか出かけたいなぁ・・・。
せっかくのイベントですし、晴れるといいですね!


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 ←なんか、あたし、だまされてる??

| | コメント (98) | トラックバック (0)

2006.05.19

伊吹山 山行記録

4/30(日)曇り 伊吹山登山口-伊吹山 往復


はー。楽しかったあのGWからすでに半月が過ぎたのですね・・・。
時間が空いてしまいましたがGW前半の伊吹山のレポートです。

伊吹山スキー場のゴンドラや、山頂まで車で行ける伊吹山ドライブウェイのせいか、伊吹山というと『スーパーらくちん登山』のイメージがあるのは私だけでしょうか。。そんなイメージとは裏腹に、今回は1合目からしっかり登山をしてきました。

また、山頂一面のお花畑で有名な伊吹山。4月の新緑から10月の紅葉まで、お花見山行が楽しめる素敵な山でもあります。
ということで今回はお花もかなり期待しつつ行ってみました。




************************************




前日に山梨・蛾ヶ岳に登った私たちは、途中名古屋でお決まりの味仙の台湾ラーメンに寄り道しつつ一路伊吹山へ。
伊吹山駐車場に夜中に到着したらこれまたお決まりの車中泊です。

13542(クリックで拡大)

伊吹山登山口にはあちこちにスキー場の駐車場がありますので、そちらを利用しました。どこに停めてもおそらく¥1000/日だと思われます。(トイレはゴンドラ乗り場まで行かないとないと思う・・) 私たちは夜中に到着したおかげで登山口に一番近そうな場所をGET。



6:40 伊吹山登山口



13552

正直言いますと、あたくし「使えるものは使いたい」派でして、ほんとはゴンドラでさくっと3合目までいこっかな~なんて思ってたんです。でもせっかく朝から登山口にいるわけだし、ゴンドラの料金もバカにならないし、運行開始まで待つのもなー。そして何より「いいから歩け!」というリーダーの一声により1合目からテクテク登山と相成ったワケでございます。
ゴンドラ利用組に負けないように登るぞー!オー!

階段状の道を進んで20分ほど・・・

1322
ここからが1合目です。ここまでも結構登ったのに・・山頂まで5090mだって。ここにキレイなトイレがありますよ~。

1合目~3合目はスキー場の中を歩くことになります。それはそれで視界が開けているのでヨシ。

13602
雪があると景色が全く違うんでしょうね~。ひろびろ!



7:40 三合目


三合目を過ぎてしばらくするとゴンドラの降り場なんかが見えてきます。
と、ここで!!



13682
キジ登場!!初めて見た~!こっちにむかって走ってきたのでびっくり!

そしてこの頃から前方に伊吹山のどっしりとした全容が確認できます。あんなところまで登るのかよ!くらい目の前に立ちはだかっています・・。


1632
でも山頂はガスの中。

4合目から先はスキー場を抜け、登山道らしくなってきます。1合につき10分~15分程度でしょうか。



8:10 五合目



五合目にはちょっとしたベンチがあるので小休止にいいかも。日焼け止めも塗りなおします。
さーいよいよこのあたりから山頂までジグザグとした登りが始まりますよー!

1792
ジグザクジグザグ。道は歩きやすい。
早めに出発したおかげで人もまばら。目の前にそびえる伊吹山と眼下に広がる街並みの両方を楽しみながら1歩ずつ。

七合目あたりから岩ゴロ&急登。しかもだんだんガスの中へ。。



9:05 九合目


すでにガスガスだよ・・・しかも結構寒くなってきたので上着をはおっていざ山頂へ!

と思ったら。

フイに感じる人の気配。
ガスの中から現れた人影。それは






パンプスのカップルかよ!_| ̄|○



そーでした。忘れていたけれど山頂まで車で来れるんですね。だから思いっきり普段着なんですね。
ここまで汗流しながら急登を登ってきた「登山気分」が台無しですよ、これは。明らかに浮いています、あたしたち。

がくーっとなりつつも山頂を目指すと

13852
まだこんなに雪があるよ!!当然お花畑は雪の下。
しかも、後ろで走り回る子供たち、わかりますか・・・・。ものっすごい観光地気分なんですけど、この人たち。



9:15 伊吹山 山頂



1932
なんだかんだいいつつも、大満足の山頂到着です♪
・・・でもこのとき、横には記念撮影待ちのくわえタバコのオッサンとかいますから。

複雑な思いを胸にしつつ
めっちゃ薄着の観光客を避けつつ


山頂ではしっかりバーナー使用でお昼ご飯食べてきました!
この日のメニューは野菜タップリうどん。

1972
結構風が冷たいので建物の影で。コレは確かに怪しい人ですね。
山頂にはトイレやお土産やさんがあり、山バッチもいろんな種類が売っていました。1時間ほどシッカリ休憩してから下山開始です。

登りの時は閉じていたお花ちゃんも、下山の時にはばっちり花開いていました!なので下山レポはお花シリーズでどうぞ~!名前は・・あとで調べますから~
お花はすべてクリックで拡大します。

2062_1 ヤマネコノメソウ
13992 イチリンソウ?一輪のニリンソウ?



11:10 五合目



私たちの下山時にはぞくぞくと沢山の人が登ってきていました。ロープウェイ利用で3合目から歩く方が多いんでしょうね。ラッシュを避けることが出来てちょっとうれしかった!これから夏山の時期は相当多くの登山客が訪れるんでしょうね~。家族連れも多かったです。

引き続きのんびりと花を探しながら下りましょう。



11:30 三合目



この辺りにはお花がいっぱい!

13642 ヤマエンゴサク?
2222 アマナ
2202_1 カタクリ
2232 ツルキジムシロ?
14072

朝はこんなに咲いてなかったのでかなりうれしい!
スキー場の辺りにもいっぱいお花が咲いていました。ゴンドラを使っていたら見れないもんね。

14082
スキー場でパラグライダー、やってました。



12:10 伊吹山登山口



無事到着~!あー楽しかった!
GWの渋滞にまきこまれないよう、さっさと用意をして登山口を後にしました。お疲れ様でした!




伊吹山 総評:

今回のように一合目からキッチリ登れば何気に標高差は1150mほど。いやいやどうして、決してラクチン登山ではありませんでした。
途中からずっと山頂を見上げつつ歩くので、だんだん山頂に近づくのがわかってちょっとうれしかったり、逆にうんざりしたり(笑 特に5合目以降、ジグザグと急登が続きガッツリと登らされます。

ゴンドラ利用・ドライブウェイ利用etc.ショートカットもできますが、1合目から歩かなくては見れなかった景色・出会えなかったお花があります。私としては今回のルートに大満足でした。
ロープウェイで5分の道を1時間かけて登る・・これもまた山の醍醐味ですよね!
あとはとにかく、混雑に巻き込まれたくなかったらまず早出!おそらく9時頃からわんさか登ってくると思います。


ウワサどおりお花もたっくさん!これから夏山シーズンには珍しい高山植物も数多く咲く見事なお花畑が見られるそうですので、すごく楽しく登れるのではないでしょうか。私もまたベストシーズンに足を運びたいと思います。冬山BCボードも捨てがたいし。

今回は山頂からの展望ゼロでしたが、晴れていれば琵琶湖方面が一望できるそうです。独立峰ならではの素晴らしい展望なんでしょうね~。

なんといってもあのどっしりとした山容・開放的な斜面。伊吹山たら結構男前ですよ?お気に入りの山になりそうです。
2006年最初の百名山、大満足でした♪


そんな感じでGW後半戦に続きます~!


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 ようやくUPできた~!

| | コメント (80) | トラックバック (2)

古本屋にて(BlogPet)

きのう、東京までココロの花っぽいオフしたいなぁ。
それにしてもアキレスが登山♪
さて山と渓谷社はスケッチしたかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ポラ」が書きました。


**********************************

また訳の分からない記事を・・。

しかも。今気づいちゃったけど、昨日の記事が記念すべき300個目の記事.でした・・・orz
今日こそは伊吹山のレポートをUPしたいと思っています。なんとかして清純派・可憐な受付嬢のイメージを回復しないと(笑

いい加減サクラのデザインもなんなので、以前使っていた若葉のデザインに変えてみました。心機一転。

今週末はお天気どうなんでしょうね~?日曜には回復するのかな?みなさまはどこかにお出かけでしょうか。私は仕事デース。



↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 ちょ・・・やば・・・!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

古本屋にて

3連続本ネタで!


Y棒とご飯を食べた帰りに、今何かと話題のブックオフに立ち寄りました。スーパーヒマヒマ生活を送るYアキレスさんの暇つぶしはないかと思って。

いやーブックオフって安いんですね!定価で買うのが馬鹿らしくなりそう。
山関係の本を必死に探した結果、今回はこちらをお持ち帰り♪

P5180001_2

『氷壁』 井上靖 (古本価格¥450)
やっと手に入れました~!!どーなのメロリンQ!!

『セブンイヤーズ イン チベット』
 ハインリヒ・ハラー(古本価格¥105)
映画は見ました~。前穂からちょっとスケールアップ(笑

『東京周辺の山々』 山と渓谷社(古本価格¥300)
週末登山に最適な近郊の峰々10コース収録!これでソロデビューか?!


3冊買っても¥1000でおつりがきちゃった♪あんまり時間なくてさらっと探しただけですが、ちょっとブックオフにはまりそうな予感です・・。
早速Y棒はごろごろしながら氷壁を読み始めました。あたしより先に~!! 




さて・・・ここからは今日のブックオフでの
本当にあった怖いお話
興味のある方はココロの準備をしてから読んでください。




***********************





ブックオフに立ち寄った一番の目的は『花の本』でした。お花の図鑑とか、とりあえずなんでもいいから売ってないかなーなんて。
手っ取り早くY棒は店員さんに聞きました。

「花の本はどこですか?図鑑とか・・」

店員の青年はちょっと考えたのち、このあたりに少し・・といいながら売場まで一緒に移動。
そこにはパステルカラーの背表紙がかわいい『フラワー』という題名の1冊の本が。

「これとか・・・ですかね~?」

店員さんはその1冊を手にしてパラパラとめくりました。
するとそこには















いろんな角度のオチ○チ○のスケッチが!!












一瞬息を呑む店員さん。我が目を疑うY棒と私。


「これ・・・は ちょっと違いますねー・・・」





違うも何も

『フラワー』って・・・・花違いですから!!










お店を出たあとに冷静になってからよくよく考えてみて大爆笑してしまった。

それにしてもあの本は一体・・・なんだったんだろう。

※なんと!この本の正体があきらかになりました!!
さすらい人さま、大感謝です!!)
実際の中身が気になるおマセなあなたは
『フラワー 満月/文 星恵美子/絵』で検索してみてね!

ブックオフ、奥が深いです。


↓blog ranking↓

Dq8ossanhukumen Moji1 こんなブログなのにでスゴイ順位で申し訳ない!

  

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.05.17

本屋にて

前回の記事「山選びの友」では沢山コメントをお寄せいただきありがとうございました!

そこでさっそく。

コメントで教えていただいたいろんなガイドブックについて、早速お昼休みにチェーーックしに行ってみました。
本屋さんのアウトドアコーナーを覗いてみると、なにやら気難しい顔をしたオッサンが両手いっぱいに地図を広げて立ち読み中・・・そんなオジサンの脇をくぐりつつあれこれ手にとって立ち読みしてきました。

ふむふむ。改めて見てみると本当にいろんなガイドブックがあるんですね~。花の百名山もほしいし、マイカー登山も必要。関東近辺の山っつーのも気になる。あ、それに+立ち寄り温泉も欲しい~!
とオジサンの脇付近で迷いに迷った挙句、とりあえずその場を離れてみました(笑

お次にふらふら~っと雑誌コーナーをのぞくとそこには!


Yamakei_1

山と渓谷 6月号

しかも今月の特集は




花の百名山!!

サブタイトルには『花の百名山を知っていますか』ときたか!!
最近お花ちゃんのかわいらしさに目覚め、もっと山で出会うお花について詳しくなりたい今の私にぴったりの特集じゃないですか~♪




さらにお隣には!


Gakujin

岳人 6月号

こちらの今月の特集は




ひとりで行く山旅!!

『ひとりの山。それは、ひとつの冒険のはじまり』・・・ぐあ~!
まさに単独行を試みようとする今の私にうってつけの1冊じゃないのーコレ!!


それにしてもまさにグッドタイミング。



『お花』 と 『単独行』だなんて。






ハッ・・・。







もしかして、この特集って、








あ た し の た め ・ ・ ?








Y棒の負傷により山を断念せざる負えない今の状況に落ち込むあたしのために、出版社の壁をも越えた2つの山雑誌からのエール?!




ああーん、絶対そう!!

2冊の表紙があたしに
「負けるな」
「がんばれ」
って語りかけてるわっ!!!

ありがとう!山と渓谷社!
頑張るわ!東京新聞出版局!
 名前初めて知ったよ!







とまぁそんくらいのイキオイで両方レジに持っていこうと思います。

・・近日中に。
〆て¥1660也。


↓blog ranking↓

Dq8ossanhukumen Moji1 順位がスゴイです、最近!


| | コメント (106) | トラックバック (2)

2006.05.15

山選びの友

今日はなかなか良いお天気ですね!でもまたハッキリしないお天気が続くのかな・・・私の週1登山もとうとう6週目で終わってしまったっぽい。残念。


ところで、皆さんは次に行くお山、どうやって選んでいますか?

私の場合、今まではとりあえず百名山狙いで行ける所から登っていたのですが、数が増えるにつれて簡単に登れない厄介な山ばかり残ってしまいました。。
となると週末の日帰りでどこに行くか?
各地の天気予報とにらめっこしながら毎回山選びに悩むわけですが・・・この時間も結構楽しかったり。

そんな私の最近の山選びの友をご紹介します♪もう知ってるよーとか言わないでね。。

まずはこちら。

Naruhodo
なるほど知図帳日本の山¥1680

なんとなーく暇つぶしになるかな、なんて思って本屋で手にしたこの本。

『富士山展望の山、高層湿原をいだく山、日本の山岳鉄道、埋蔵金伝説のある山など、日本の山を40テーマで取り上げた、今までにない地図。山に関する雑学やコラムが満載。』

ということでいろんなテーマから日本の山々がピックアップされています。
当然ながら百名山・二百名山・三百名山も網羅。さらに山梨百名山をはじめ、各地方の百名山もリストアップされているんです。「○○百名山」好きにはたまりませんね(笑
そして出版元があの昭文社ですから、『巻末には日本の主要山岳エリアマップと、80万分の1縮尺の日本全図を入れ、名山の位置をわかりやすく表示しています。』というのもポイント高し。
これのおかげで地理に疎い私もそれぞれの山の位置関係がわかるので、結構便利なの。フラッとどこかに出かけたついでに、近くにいい山はないかな~なんて探す事もできるわけです。車に1冊あるとなかなかいいですよ!

他にもいろんなテーマに沿って全国の山が紹介されていますので、家でゴロゴロしながら山のマメ知識をGETできたりします♪

詳しくは→昭文社のHPをどうぞ。




そしてもうひとつ。
先日の蛾ヶ岳といい、最近の私たちのシブ~イ山選びの秘密がコチラのHP。

身延線沿線トレッキングガイド

こちら、JR東海が監修したトレッキングガイドで全11山のルートマップや見所なんかが公開されています。その11山を紹介しますと


・貫ヶ岳  ・思親山  ・篠井山  ・長者ヶ岳

・十枚山  ・身延山  ・七面山  ・毛無山

・富士見山  ・蛾ヶ岳  ・櫛形山



となっています。それぞれ二百・三百名山だったり、山梨百名山に選ばれている山ばかり。そして当然JR監修ですから公共交通機関利用が前提のガイドになっています。

すべて日帰り登山ですから、これで11日分の予定が決まりそうですね(笑 山梨の山ですから、富士山の展望もバッチリ期待できます!

これらの山にいかれる予定の方は、HP上でPDFのコースマップがダウンロードできますよ~!
またJRの駅ではこのトレッキングガイドが1冊のパンフレットとして配布されています。もちろん無料で!私たちはこのパンフ片手に行き先を考えてまーす。んもう超お世話になっておりますが、身延線はいまだかつて乗ったことはありません(笑




私の4年目という浅い登山経験のほとんどが百名山であり、それ以外の名山ってほとんど知識がないのが現状でしたが、これらのおかげで最近はいろんな山にも興味が出てきました。まだまだ知らない良い山がいーっぱい待っているわけですね♪
Y棒が怪我で動けない間は、この中からソロデビューでもしよっかな~?

もちろん、皆様がいかれたレポートだったりクチコミもものすごく参考にさせていただいています。他にもこんな風に行き先を決めてるよー、とか、花のベストシーズンはここで調べてるよー、などのステキな情報をお持ちでしたらぜひぜひヒヨッコの私に教えていただければうれしいかぎり!


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 もっといろんな山に登りたいな~♪

| | コメント (31) | トラックバック (1)

2006.05.14

蛾ヶ岳(ひるがたけ)山行記録

4/29(土) 曇り 四尾連湖登山口-西肩峠-蛾ヶ岳-大畠山-四尾連峠-登山口


2006年ゴールデンウィークの初日は、あいにくの曇り空となりました。GW前半の土日で伊吹山にターゲットを絞った私たちは、滋賀までの遠い道のりの途中で蛾ヶ岳に寄り道。なぜ蛾ヶ岳なのか?それは分かりません(笑

蛾ヶ岳(ひるがたけ)は標高1279m、高さはありませんが山頂からの眺めが素晴らしく、山梨百名山にも選ばれています。っていうか山名読めなかったよ・・

また、登山口のある四尾連湖(しびれこ)これまた読めませーん・・は標高850mにある山上湖で、湖畔はキャンプ場になっています。(→関連HP

ということでレポートです。



*************************************


12:30 四尾連湖 駐車場



12882

ものすごいわかりやすい看板が出てます(笑
駐車場はかなり広いですが、キャンプ場利用と併用だと思われます。今回は時間が時間だけに、私たち以外に5台くらいかなぁ。トイレ有ります
なお、駐車場にはおにーさんが待っていて整地料ということで¥400かかります。まさかこんなところでお金をとられるとは思っていませんでしたが、「整地料」といわれるとちょっと納得かも。最近は登山客を狙った車上荒らしなんて不届き者もいるようですし、常に係りの人がいるというのはありがたいかも。(平日は・・不明ですが)
代金を支払うと手作りのルートマップをもらえますよ♪

さてさて、今回もお得意の【スーパー遅出山行】になっておりますので良い子はマネしないようにね★

駐車場から四尾連湖まですぐですが、まずは山頂を目指して進みます。全体的に非常に手入れされた歩きやすい道が続きます。

12922

徐々に高度をあげていきます。
早速お花ちゃんがお出迎え♪(さぁー名前を教えてね当ててね・笑)

12912_112932_1
12972_10142

こんな感じでかわいいスミレちゃんたちをじっくり探しながら歩いていると。



12:55 分岐点


0162

分岐から左に大畠山、右に行くと蛾ヶ岳です。ここからは平行移動する感じでどんどんと奥に進んでいきます。なだらかで歩きやすいので、道端の花に気をとられてもへっちゃら(笑


Photo_10202
ヒトリシズカ と イカリソウ? イカリソウの花言葉は「アナタをとらえる」だって。キャ♪

13092
ね、歩きやすそうでしょ?



13:30 西肩峠


ここから山頂まで約15分。標高差100mを一気に稼ぐ最後の急登が待っています。

00372
西肩峠にある案内板(クリックで拡大)。

この先はまーじーで急登!今までのノンビリ気分に喝!最後にひと汗かいて山頂へ。



13:45 蛾ヶ岳 山頂



13132
本来なら富士山が見える・・・らしい。

13162
上から見る四尾連湖。山上湖であるのがよくわかります。

一応南アルプスも見えていました。(写真ではイマイチなので割愛)ちょうど鳳凰あたりがババーンと目の前にそびえたっているので、晴れれば素晴らしい展望がまっている事でしょう。
ここで軽くおやつを食べて30分ほど休憩しました。
下りは分岐まで来た道を戻ります。

帰りも当然

13252
こんな感じで花を見つけながらノンビリと。

107200352



15:00 分岐点


GW初日だというのにすれ違う人も数組だけという本当に静かな山歩きです。このまま四尾連湖に直接来た道を下るつもりでしたが、せっかくなのでお隣の大畠山経由で下山する事にしました。
なので分岐から下らずにまっすぐスルーして進みます。

そして分岐からすぐに・・


15:10 大畠山 山頂



13382

こちらの山頂にはものすっごい大きな鉄塔が立っていました。展望はほとんどなし。山頂の標識もほとんど字が消えかかったような看板だし。。でも登る事に意義があるからいいんです!一応二等三角点あったし。
といいつつサクッと山頂を後にしました(笑

13372これ、名前調べたのにもう忘れた。
キブシだ、キブシ!チャララ~と鈴なりに垂れて咲いてて超かわいいの♪



15:25 四尾連峠


どんどこ下るとやがて野沢一の詩碑のある四尾連峠の分岐に到着。ここから市川大門駅までずっと歩いていけるそうですよ~。
ここから木々の合間に鳳凰三山が見えました。ここまでくれば四尾連湖まであとちょっとです!



15:40 四尾連湖



13512

道は湖畔に続きます。まだサクラが咲いていました。貸しボードがたくさんありましたが、どうやら釣りで人気のスポットらしい。
曇り空のせいなのかGWだというのにさっぱり人のいないキャンプ場を通って駐車場に戻りました。




蛾ヶ岳 総評:

往復約2.5h、標高差500mほど。登山道も大変よく整備されていて、非常にお手軽かつ楽しく歩ける山だと思います。花もたくさん咲いているし、山頂からの眺めも素晴らしい(らしい)となれば、ほんと言う事ないのでは。気が向いた時にふらっと登れる山として、こういう蛾ヶ岳のような山をもっと覚えたいものです。

初めての山歩きにもピッタリだとおもうので、家族連れや山ヤに引き入れたいお友達を誘って行くのもいいかもしれませんね(笑 頑張れば駅まで歩けるというのもポイントではないでしょうか。(私は完全マイカー派ですが・・)

四尾連湖は秋の紅葉シーズンが美しいらしいので、それを狙ってもいいかもしれません。きのこ狩りもできるみたい??サクラも見頃の時はかなり良さそうでした。

こんな感じでさっくりと山歩きを楽しんでから、お次の伊吹山に向かったのでありました。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 あと2つ!

| | コメント (99) | トラックバック (0)

2006.05.13

かるくヤバイ。

今日、ちょっと、寒すぎ。山じゃ雪降るんじゃないのー??

今日こそはGWの山行レポに手をつけねば~!っつーことで母の日のケーキを片手に会社からまっすぐ帰ってきたわけですが、すでに違う話題でこの記事を書き始めているわけで・・・バカだなーあたし。

たけさんのHPの掲示板で見かけた、山における【軽量化】のお話のこと。
最先端のかる~いアイテムを買うより先ず私の場合は

我が身の軽量化

が必要だわ~なんて話をしていたところ、んもうばっちりなタイミングで友達からメールがきました。
この夏に結婚する前の会社の友達の2次会の幹事の依頼ですって。むむぅ、幹事って何やればいーんでしょ。受付ならよくやってるんだけどさぁ。。。さらに来月頭にその「幹事会」なる打ち合わせがあるそうで。

・・・・。

こ、これは・・かなり緊急を要する非常事態に発展しそうな模様です!!

というのも、前の職場の同僚はとにかく美人ぞろい。私といえば前の仕事のときから比べて7kg増くらいの恐ろしい状況_| ̄|○
ちなみに7kgの内訳は、時間をかけてじっくり+3kg、ここ1年くらいで+4kg。ありえません。

や、やべー。

それなのにさ、みんな久々に会っても

「全然変わんないねー♪」

とかなんとか言うわけですよ、もうまちがいなく。
ほんとやめて。ほんと無理だし。

だってさ、7kgもお肉を蓄えて外見変わってなかったら逆にヤダ。
もしくは・・・そんなに太って見えてたのかあたし?!
どちらにしても


_| ̄|○


だわね。
まぁ、以前は結構痩せ気味だったということを加味したとしても、マジでやばいこれは。


ザックに荷物を詰めてるときなんかによく思うのですが、水2Lとか、結構重いですよね
筋肉量が体重の増加に表れているならまだしも、単純に太ったならあのプラティパスとか何個分も身に付けて歩いているということで・・・





Water_1


 ×7個 =今のあたし






あー。今のあたしったらあんなのを7個もくっつけて(主に下半身中心に)毎日生活してるわけですね~。なるほどなるほど。

って。


カンベンしてください。マジで。
7Lも背負ってたらほんと歩けませんよ?


やーだーやーだー!!
これじゃ登りがキツイわけですよ。下りでヒザがガクっとなるわけですよ。

ほんと、頑張って、プラティパス減らそう。

とりあえず友達の結婚式までに2~3個捨てたい。
いずれは軽やかに野山を駆け巡りたいものです、ハイ。


↓blog ranking↓

Dq8ossanhukumen Moji1 GWの記憶がどんどん曖昧に・・・・


| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006.05.11

夢のラー博オフ★

世界に一つだけのマイカップヌードルを作る。

そんな夢のような世界が新横浜ラーメン博物館に存在するという。

以前、ビスタ~リさんのサイトでマイカップヌードルファクトリーの存在を知り、続いてかいねこさんも体験しためくるめくラーメンワールド。私も念願かなってやっと突撃してまいりました。

しかーも!

あのしげぞうチームと一緒という夢のラー博オフでございますっ!




p.m.7:00 新横浜ラーメン博物館に集合したのは仕事帰りの3人+ギブス1人。しげぞうさんはスカートでかわいいOLだし、しげぞうさんのダンナさまにいたってはスーツ姿!とても健脚山のぼらーには見えませんでしたよ~♪

入館料¥300/人を払っていざ出撃!

P5100005_1
自動販売機で空の容器を購入(@¥300)したら早速お絵かき開始!
いい歳した4人組がかなり真剣に取り組みました。



P5100018
そして完成!当然ながら全員テーマは「山」。

さらに

P5100019
底にお互いのサイン?を寄せ書き。私のカップラーにしげぞうさん&だんなさまのサインがあるなんてー♪家宝ですね!


容器が完成したらいよいよ中身をつめる作業へ。

P5100030

一番楽しみな具財選び!組み合わせは5460通りだって!!

私はしょうゆ味ベースにちょっと冒険した具財にしたかったんだけど、店員さんに

「それはちょっと・・・」

とダメ出しをされましたorz。なのでありがちな中身に。
多分しげぞうさんと私は普通に美味しそうな中身になっている予感。ダンナさまとY棒は・・・特にダンナさま仕様のキムチラーメンの出来が気になります。

P5100045
最後にオリジナルパッケージに入れれば完成です。



P5100048_2
世界に一つだけのカップラー、ここに完成!!!

ハッキリいって、これは楽しい!時間があればもっと作りたい!!だけど絵が書けない!!才能ないよあたし。中身の具材を選ぶのも相当楽しかったです。
4人ともどんだけコーフンしてるんだっつーくらい喜びまくり&写真撮りまくり(笑 ブログネタのためとはいえ、あまりにパシャパシャ写真撮りあってて、ハタから見たら相当アヤシイ集団だったと思います・・。


自分だけのカップヌードルを山で食べる、山ヤにとって最高の贅沢ではないでしょうか。
でも賞味期限は1ヶ月

・・・・・。


山 で 食 え ね ー ! !




Y棒のケガで当分山にいけないし、このカップラーは家で寂しく食べる事になるのでしょうか(泣 かわりにしげぞうさんたちに期待しておきましょう。

ということでー。
新横浜ラーメン博物館では8月31日までの期間限定でこのイベントが行われていますので、ぜひ一度行かれてみてはいかがですか? 



せっかくラー博にきたんですもの、夢と希望のマイカップラー作りのあとはラーメンを食べに行きました。
なんとなく一番人気のありそうだった山形の龍上海本店へ。

Imgp1683

赤湯からみそラーメン \850

中央の赤いみそのかたまりを少しずつスープに溶かしながらいただきます。味噌ラーメンかと思いきや、そうじゃないんだよね。辛いのがお好きな方にはいいんじゃないでしょうか?あたし的にはかなり美味しかったです♪



念願のラー博オフのあとは居酒屋に移動してカンパーイ!GW報告会のはじまりはじまり~。

P5100057

4人でお酒を飲みつつ、アレコレ山談義で盛り上がりました。楽しい時間はあっという間に過ぎ、結局しげぞう夫妻は終電ダッシュでご帰宅。遅くまで付き合ってくれてほーんとありがとうございました!


仕事帰りのお疲れのところ、新横浜までわざわざお越しいただいたしげぞうさんたちに感謝感謝です。約1ヶ月半ぶりの再会でしたが、なんだか昔からの友達のように沢山おしゃべりができて本当に楽しかったです。またぜひぜひ遊んでくださいね♪

Imgp16742
なんせこんなんなので。

ブログを始めて1年目ですが、こういうステキな出会いがあると心からブログ続けてよかったなーと思います。この先もステキな出会いがありますように・・。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 また遊ぼうねぇ~!!


| | コメント (229) | トラックバック (5)

2006.05.10

山あり・谷あり

14962_1
※画像と文章は一切関係ありません。


先日のY棒の怪我の記事に対して、数々の励ましのコメント・メール等々ご心配いただきほんとうにありがとうございます。
Y棒も私も皆様の温かいお言葉に感激しています。

皆様からのコメントを拝見して、思っていた以上に怪我経験者・克服された方の多いことに驚きました。山をはじめとするアウトドアスポーツにはやはり怪我はつきものなんでしょうね・・・
何度もしつこいようですが、どうぞ皆様はY棒のようにならないよう事故や怪我にくれぐれもお気をつけ下さいね!!

今回の怪我は正直ショックですが、メゲずにブログも更新していくつもりですのでどうぞこれからもよろしくお願いします。

・・・といいつつ。
まー正直あたしはピンピンしてますし(笑
今日は張り切ってレポートに取り掛かるぞー!なんてまっすぐ帰宅したにもかかわらず、あっという間に日付がかわりかけています・・・まだ1文字も書いてないよ。
一応このGW中に出かけた蛾ヶ岳・伊吹山・立山のレポートは自己満足のためにも近日中に仕上げる予定ですのでまたよろしければ覗いて見てくださいませ。


私もY棒もものすごい落ち込んでいるかと思いきや、案外そーでもないかもしれない?私は怪我した当人じゃないのでなんとでもいえますが。
早速明日はちょっと楽しみなイベントを企画していますし♪
人生山あり谷あり。イヤな出来事のあとには楽しいことがなくちゃ計算が合いませんからネ!どっちかっつーと山希望。

ひとまず御礼まで。お心遣い本当にありがとうございました。


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 もちろん頑張りますとも! 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2006.05.08

戦線離脱。

昨日までの楽しかったGWの興奮さめやらぬ私とY棒に、本当に悪夢のような現実が待っていました。




Y棒の左足のアキレス腱が切れていました。




アキレス腱がくっつくまで1ヶ月半。全治4ヶ月だそうです。


今日から松葉杖。明日ギブスだって。

よくそんな状態で立山から下山し、しかも横浜まで運転して帰ってこれたものだと逆にY棒のしぶとさに感心してしまいました。まぁ、致命傷じゃなくて良かった。治ればまたじゃんじゃん好きなこと出来るんですから。




ということでー。
残念ですが、しばらく山には行けません。
私もさすがに1人で山は行かないだろうしなー。

せっかくこれから楽しい夏山シーズンですが、しばらくひっそりと養生します。
このブログも本格的に山ネタから離れてしまいそうですが(笑 TiCAのつぶやきblogとしてこっそりと更新していくつもりです。
あとはみなさまの山活動をブログで楽しませていただきたいと思っています。



Y棒はモチロン私もショックですが、テンション下げずに頑張りますよー!!!何より立山が楽しかったから!!
たぶん、Y棒は人一倍回復力があると思うので、きっとまたお山に復活することでしょう!
あとは何かこう、早く治るような良い方法とか食べ物とか、なにか耳より情報があったら教えていただけたら超うれしいです。



みなさんもどうかどうか怪我や事故にはお気をつけて、楽しい登山を続けてくださいね。



ではではー、そんな感じですがどうぞよろしくお願いします★彡


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 早く治してね。

| | コメント (42) | トラックバック (0)

2006.05.07

立山で最高のGW!

まるで、夢のような4日間でした。


5/3~/6まで3泊4日で立山に行って来ました。本当に本当に楽しかった!これ以上ないくらい満足度の高いGWを過ごしてまいりました。

立山は2年前の11月以来2度目でしたが、なんといっても今回は!!

Imgp1462_1

・今までの私の曇りジンクスを覆すような連日のどピーカン!

・ビスタ~リさん&K夫妻とバッチリ雷鳥沢で合流!

P5060423

・3泊テント泊でまったり長期滞在&初の雪上テント!

・ウワサの立山でスノーボードを満喫!

・豪華な山食!ビール!温泉!の3大特典つき!

・念願の雪の大谷もちゃっかり見物!

Imgp1645_1


とまぁとにかくとにかく。
4/1の大菩薩以来、2度目のご一緒となるビスタ~リさんと、彼女の山仲間であるKご夫妻のまったりテント泊に参加させていただき、いつもより250%くらい充実した山行ができました。みなさま素晴らしくステキな方々で、お世話になりっぱなしでした。本当にありがとうございました。

今回のメインだった立山・春ボードに関しても、別山から・剱御前小屋から・雄山山頂から・・・

Imgp1594

滑るというより「滑り落ちた」っぽいところもありましたが(笑 とにかく自分としてはよくやったと褒めてあげたいようなボードができたと思っています。

あーもうマジで楽しかったなぁ!
いろんな山にガシガシ登るのもいいけれど、今回のように一箇所に居座ってじっくりと1つの山を攻めるのもすごくイイですね。私は今まで数をこなすような登り方をしてきたので、今回ゆっくりと3泊したことで今までにない山の楽しみ方ができました。

なーんかあまりに楽しくて、素晴らしくて、今も現実逃避中・・
だってさー。

山のような洗濯物テント3泊+ボード用だもん、カリカリの急斜で軽く捻挫した右手の親指、Y棒もボードで左足を負傷。あれだけ日焼け止め塗ったにもかかわらず、真っ赤に日焼けして脱皮の予感(叫!明日からの仕事・・そして今、外は雨。


悪夢のような現実が待っていました。。_| ̄|○

レポート、頑張って仕上げますよーコメントのお返事もしばしお待ちくだされー。皆さんはどちらでステキなGWを過ごされましたか?ブログ訪問しにいかなくちゃ!

*************************************
この中に写ってますかー?(クリックで拡大)

Imgp1462

P5050382

P5030290



↓blog ranking↓

Dq8mhagure Moji1 さりげなく週1登山も6週目クリア。


| | コメント (120) | トラックバック (1)

2006.05.02

GO!GO!GW!第2弾

あとちょっとで仕事も終わりだー!!中2日をはさんでいよいよ明日からコーフンのGW後半戦に突入ですね!
ここからが私の本番~とワクドキだった矢先の昨日の針ノ木雪渓の雪崩のニュース・・・正直かなりショックでした。

針ノ木は山ボードで行こうと計画していたのですが、このブログを通して数名の方から現地の状況をご連絡いただき、今はかなり危ないからということで行くのを延期していたのでした。もし、そういったありがたい情報をいただいていなかったら、私は多分GW前半に針ノ木に向かっていたと思います。
とにかくいろんな意味でショックだし、ブログを通してお知りあいになった方のご親切に助けられた思いでいっぱいです。犠牲者の方のご冥福をお祈りするとともに、これから雪山に出かけられる皆様が(私を含めて)無事に楽しんで帰ってこれますように。。。


さて、テンションをあげて↑↑↑明日から頑張らなくちゃー!
私もY棒も今日は仕事&まだ何にも用意してないというかなり悲惨な状況ですが、メゲずに深夜車を走らせますよー♪明日はお天気も良さそうだしね!この5連休、最後の方はまだどこに向かうか相変わらず決めかねていますがとにかくめいっぱい楽しんじゃオー!準備、間に合うのか不安。 明日からはかなり多くの方とニアミスしそうなメジャーどころを目指すつもり。んふふ~。

ということで皆さまの山行レポもとっても楽しみにしています!怪我や事故のないように、気をつけていってきまーす。



↓blog ranking↓

Dq8mhagure Moji1 まだ仕事だけど。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2006.05.01

GW・中間報告

今日はエライ暑いですね!もう夏だ~。
さてさて、昨日までの土日でGW第一弾の山に行ってまいりました。

29日は山梨の蛾ヶ岳(ひるがたけ)へ。
GW初日になぜ蛾ヶ岳なのか、それはY棒に聞いてください(笑 あいにくの曇空でしたが人も少なく、のんびりまったりとした山歩きができました。一応山梨百名山です。


30日は久々の百名山、 伊吹山に登ってきました。
なぁ~んだ、伊吹かよ!とあなどるなかれ。伊吹山スキー場の登山口から登れば、何気に標高差も1150mほど。どどーんと迫る伊吹山を目指してしっかり汗をかきつつ登ってきましたよ~♪お花も結構咲いていたし、朝イチで登ったおかげでまだ混みあう前に下山できました。

P4300193_1

山頂はガスガスでしたが満足感は大!前々から気になっていた日本武尊像とのご対面を果たすことができました!朝から伊吹山に登頂した後、一気に横浜まで爆走。やっぱ遠いですね(笑

今日と明日はしっかり働いて、5/3からGW第2弾に突入したいと思います。

ということで~超久々の!!



百名山 72座目GET~!! 



2006年度の百名山、いよいよはじまりです!
そしてさりげなく週1登山も5週目クリア♪


↓blog ranking↓

Dq8hoimin Moji1 みなさんはどちらにお出かけ中かな~?

| | コメント (259) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »