« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の16件の記事

2005.10.29

甘い誘惑。

今日は自由が丘でお仕事でした。

で、仕事帰りにまたまた自由が丘スイーツフォレストに寄り道。

・・・・

不死身の単独潜入@土曜の夕方!!!


と、ここまでは前回全く同じシチュエーション。成長が微塵も感じられません○| ̄|_


今回のお目当ては、【ミキシン ミクスリーム】
最近?スイーツフォレストに新しく加わったアイスクリームのお店です。有名だからご存知の方も多いかもしれませんが、ココのアイスの特徴は

1)ミルクアイスクリームをベースに、自分で好きなトッピングを選ぶ。

と、ここまではいたって普通。

2)そのミルクアイスとトッピングを冷えた大理石の上でヘラでミキシングする。

これが特徴で、要するにアイスとトッピングをヘラでこねこねしてあるアイスクリームなのです。

トッピングもかなりの種類があり、自分の好きなアイスを作る事が出来ます。
が、今回は初体験ということでお店のおすすめミックスメニューのなかから(たぶん)看板メニューであるアップルパイをチョイス。


お店のお兄ちゃんに注文すると、

まずミルクアイスをカップで計量し、大理石のまな板?の上に。
(この大理石、はしっこに霜がつくくらい冷えているもよう。)
      ↓
そのミルクアイスの上に甘く煮たりんごをのせ、お好み焼き風ヘラの2本使いでざくざくと切り混ぜる。
      ↓
さらにさくさくのパイ生地を加え、さらにこねこね・・・
      ↓
カップに入れてから、最後に溶かしバターを!
      ↓
完成♪


ice
アップルパイ ¥430也。
画像が悪いのは手ブレのせい&怪しい館内の照明のせいだと思われ。

たとえ周りがカップルだろうが、女の子2人組だろうが、そんなのおかまいなしに一人ケータイで写真撮影。そのくらい度胸つきましたよ。。これも老化現象(泣 さすがにこねこね中の写真を撮る図太さはなかったけど。


肝心のお味はというと・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

くらい美味しい!久々のヒットです!

何が美味しいって、ミルクアイスにかかった焦がしバター!これ最強。
甘いのあとにほどよいしょっぱさが加わり、かなり美味ですコレは。ぶっちゃけりんごもパイもなくてもいいくらい。
以前TVでバニラアイスにフレッシュなオリーブオイルをかけると美味しいっていうのを見たことあるけど、バニラにバター、これもイケそうです。

スイーツフォレスト内には他に【くりーむはうす】という北海道のアイス屋さんもありますが、断然ミクスリームをおすすめします。だって、くりーむはうすってたいした事なかったもん。高いのに。
他の味もぜひ試してみたい。モンブランDXとか~チョコ&マシュマロなどなど。



せっかく久々のスイーツフォレストなので、前回同様【シリアルマミー】のデセールキャラメルをお土産に。

cake
ハァ~、このほろにがキャラメルクリーム&ホイップクリーム、大好き♪

乙女にとって、甘い誘惑は尽きません。でも痩せたいんだけどね。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005.10.27

雷鳥をさがせ!

◆ この中に雷鳥は何羽いるでしょう? ◆

0096-2

以前『祝・涸沢デビュー』という記事の中でオマケとしてチラリと書いていた問題でしたが、ひっぱりまくった回答をいよいよ公開です(笑




さて、よ~く考えよう♪ お金は大事だよ~











・・・・答えがわかったかな?









では、解答編へどうぞ~!!















まず、パッと見てすぐにわかるのが何羽かいますよね。








0096-2a



そうです、まず3羽はすぐに見つかりました。

でも・・・まだ潜んでいるかもしれませんよ?







特に左の2羽のあたりがアヤシイ。






ということで、怪しいところをズームアップしてみましょう!!


0096-3






おや?










0096-3a

やっぱりいました!!!さらに1羽発見!!




ということは、全部で4羽が正解!







さすが雷鳥。夏場は岩と同化していてうっかりだまされるところだった~!

みなさん、わかりましたか?














と、ここで・・・







『 何かがおかしい 』







そう感じたアナタ!!!鋭いですっ!!!














では最後にもう一度、さらにズームアーップ!!!!



















0096A









お・・おんぶしてるΣ(´Д`lll)









よーくみると、横向きの雷鳥の上に、背中を向けた雷鳥がのっているのがわかりますか?










ということで!






正解は 5羽 でした!!




きっとファミリーなんでしょうね、この鳥たち。

なにより、5羽まとめて写真に収めた自分に乾杯ヽ(´ー`)ノ

正解した方にはなんか考えます。  

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005.10.26

槍穂=¥50也

yari

こちらは今年の5月に発売された【登山・山岳】切手です。


日本山岳会の創立100周年にちなんで発行された切手で、槍ヶ岳・穂高岳ミヤマオダマキ・ハクサンイチゲがデザインされています。
(ケータイで撮った写真なので画像が汚くてすいません。詳しくは郵便局のHPに載っています。)


先日増富温泉に行った際、たまたま立ち寄った郵便局で発見。穂高に関しては先日行ってきたばかりだし、これは買わねば!とつい購入してしまいました。5月発売にもかかわらずまだ在庫があるとは・・・さすがです。

実際手にとって見ると、とても色鮮やかでステキな切手です。なんと、槍・穂はあの白旗史朗氏の写真だそうですよ~。

他にもこういう山の切手ってあるんでしょうか。地方限定の切手とかたくさんあるらしいし、探せば他のものもあるかもしれないですよね。・・・また収集癖がうずきそうでチト怖い(笑


こんな切手を貼った山からの便りが届いたら・・・ちょっといい感じです♪

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2005.10.25

ゴルフ初体験

今日、生まれて初めてゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。
はじめから予想していたことですが、やはり

肩が痛い。手が痛い。背筋が痛い。

初めての緊張もあり、やたらクラブをきつく握っていたようで、手のひら&指が痛い。。。


それにしてもゴルフって難しいもんですね~。もっとうまく打てるような気がしてたんだけど、そうは問屋が卸さないらしい。

でもでも!最後の方はまっすぐポコーンと飛ぶようになりました。





『もしかして、才能あるかもアタシ』




くらい思っておこう。でないと次行かなくなりそうだ。
てか次はもっとうまく打てるような気がする・・・のは気のせいでしょうか。

とにかく、明日の筋肉痛確定
二の腕細くならんカナ。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.10.22

山オンナの憂鬱

今まで何度か記事にしようと思いつつ、でも別に書く必要もないかと若干躊躇しておりますが。。
やはり山オンナとして避けては通れぬ問題ゆえ、あえてUPさせていただきます。(男性の方、モチロン女性の方でも不快に思われたら申し訳ありません。)




先日の涸沢~奥穂に行ったときの事。レポートにもチラリと書きましたが、あの日ワタクシ体調不良でした。
理由はズバリ、毎月の【あれ】でした。
まー、もう今更伏字にしたり恥らう歳でもないんで、この先はズバっと書いちゃいますけど。


山で生理になると、ほんっとに憂鬱ですよね。


私はどちらかというと毎月軽い方なので、まぁ山登りもOKだったのですが、涸沢に着いた途端になったときには本当にもう泣きたくなりましたよ。
おかげで翌日=2日目に奥穂に登るかどうか、かなり迷いました。山の途中で動けなくなったりしたらシャレにならないし。
この時は自分の身体は自分が一番良くわかる、ということでなんとなく自分的にはOKだったので無事登頂できましたけど。。


もうずいぶん前のことですが、6月の八ヶ岳山行の時も実は同じ状況でした。
この時はもうちょっと深刻で、美濃戸から行者小屋までのわずか3時間あまりのラクラクルートですらかなりツラかった。汗なのか冷や汗なのか・・・そんな状態でした。お腹が痛いというより、身体に力が入らない。フラフラする。といった感じでしょうか。
しかも日帰りならまだしも、こういう時に限って1泊予定なんですよね~。。


ま、こればっかりはどうしようもないんでしょうけど、でもどーにかしたい!


1泊2日で山に入りっぱなしということは当然お風呂にも入れるわけがなく、ただでさえ汗だく汚れ放題の身体に生理が加わると、その不快指数は一気に倍の倍くらいに跳ね上がります。
普段よりマメに取り替えたりしたくても、トイレが近くにないこともあるし、取り替えたあとのゴミの事も考えなくちゃいけない。
たいていの方はジップロックみたいな封のできるビニール持参が多いのかな?


そして肝心のトイレ


山のトイレって基本が臭い・暗い・狭いじゃないですか。しかも虫がいたりしたらマジで泣きそうです。。
そんな空間で取っ替えて~ゴミをしまって~・・・こーいう地道な作業も意外に手間取るもので、それを異臭空間で行うのですから・・・そりゃ憂鬱になるってモンですよね。

トイレ事情だけでなく、1泊するとなるとこれまた気を遣う。
ズボンはもちろんシュラフとか(小屋泊なら布団かな)汚したら一大事ですから!
先日の涸沢では夜中に気になって何回も起きてしまった。しかーも!!私たちの部屋が3F。トイレは1F。夜中にヘッデンつけて小屋を徘徊しましたよ(泣


そしてそして、一番問題になるのはやはり体調ですよね。


これはおそらく人によって全然違うと思うのですが、私の場合は前出のように

・冷や汗が出る
・ふらふらする
・ゆっくりしか歩けない
・でも食欲はある

という感じでした。運動能力がいつもより落ちるというか、動きが鈍くなるというか。。

山=高所という、いつもと違う環境であるわけですから、人によっては貧血で倒れたりすることもあるようです。これはもう、自分の身体と相談して無理は禁物でしょう。


そうそう、忘れちゃいけない問題がもうひとつ!
下山後の温泉。登山において重要なファクターの1つである温泉を満喫できない!!!これは大変にゆゆしき問題であります。
シャワーをふんだんに使って汚れを落とすのもキモチイイけど、やっぱり疲れたカラダはいい湯に浸かって癒されたい。
このお楽しみを奪われるのはほんとにツライですね。




さて。

少し前のヤマケイに『女性のための登山』という特集があり、その中でも少しだけ生理について触れられていました。そこではこんな意見が。

生理の時は山に行かない → ごもっとも、ですけど・・・ねぇ。

使った生理用品はジップロックに入れて持ち帰る → ですね。こーいうのもほんとうざったい。いろいろ気を使わねばならないし。

薬でずらす → ん~、普段から慣れている方なら有効でしょうけど私は使った事ないし、使うつもりもありません。

あと、生理痛の薬(バファリンとか)もなんとなく高所で服用することに抵抗があるな~。なんか効き目が強かったりしたら逆に厄介そうだし。山でのお薬問題も気になるところです。

やはり山オンナなら一度は経験アリ、ということでしょうか。やっぱり女は大変だな~・・・


山によく行く人ほど、山暦が長い人ほど、いろんな経験・対処法をお持ちだと思います。
あくまで私の場合ですが、
たとえ生理になるタイミングだとしても、とりあえずは予定通り山へGO!だなやっぱ。

日帰りならなお可。それかむしろ日帰りなら別な日に予定を変更できると思うので、逆にあっさり家でおとなしくしているかも。
縦走や泊まり予定の山行きでも登山口までは行くだろうな。その場合はルート上のトイレの場所確認と、いざという時のエスケープルートの用意、もしくは予備日を多めにとっておくとか。
こういうことで山をつまらなくしたくないので、後はあんまり考えずに山を楽しむ努力をします。


わたくし、この拙ブログで今まで【下着】【化粧】といったオホホな話題を取り上げてきましたが、今回もまた山オンナにとってビミョウかつ常に立ちはだかる問題でございます。

あえて取り上げなくてもいーじゃん、という声はこの際無視しまして、何かいい情報・経験・アイデアをお持ちでしたらぜひ情報交換をお願いしまっす。こーいうのに負けてらんないもんね!


だって山オンナは強いのです!


| | コメント (60) | トラックバック (0)

2005.10.20

人生の経験値バトン・・・

巷でウワサの『バトン』がとうとう私にも回ってきましたよ!!!
なんか一人前になった気分でいっぱい(笑
結構前に回していただいたのに、なんだかずっとUPするチャンスがなくて。。いつもいつも出遅れる私 orz
今更ですが・・・せっかくだからUPしちゃおう。


しげぞうさん、ご指名いただきありがとうございました。

まわってきたのは【人生の経験値バトン】なるもの。初耳でしたが


コレ、手強い。


質問数が多いので時間かかります~。。けど頑張ってやりましたぞ。お暇な方限定でご覧下さい。
※ウケ狙いやヤラレとか一切なしの本気回答ですよ!なので特別オチはない・・はず。
時間かかった分、変な充実感を感じております、ハイ。

ではどうぞ~。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆ルール◆
経験した事ある物には○、
無い物には×を付ける、
で、5名にバトンを回す。


入院 × : 大きな病気はしたことないです。
骨折 × : 同上。
献血 × : 貧血気味でやったことないです。
失神 × : 貧血で座り込んだことはあるけど失神までは・・・。 
結婚 × : 花の独身生活謳歌中です。
離婚 × : 未婚だし。
フーゾク × : 2丁目のお店はいったことある~。
しゃぶしゃぶ ○ : 家でよくやります。
エスカルゴ × : 見た目がNG。結構食わず嫌い多し。 
万引き × : 良いコだし、小心者だし。
補導 × : ないです。
女を殴る × : ないです。
男を殴る ○ : これに関してはかなりネタになる武勇伝あります(笑
就職 ○ : まともに働いてます。
退職 ○ : 今にして思えば辞めなきゃよかったかな~。
転職 ○ : 転職したくてしたわけじゃないけど。
アルバイト ○ : 家庭教師。ウェイトレス。巫女。
海外旅行 ○ : アジア諸国、アメリカ、カナダ、ニュージーランド。ヨーロッパは行ったことないです。
ギター × : 足組んで弾いてみたかった。。 
ピアノ ○ : 小・中と習ってました。合唱コンクールではいつもピアノ伴奏役。
バイオリン × : 触った事ナシ。
メガネ × : 常に裸眼1.5を両目ともキープ♪
コンタクト × : 同上。今黒目がでかくなるやつ、ありますよね。あれやってみたい~。
オペラ鑑賞 × : 機会ないっす。
テレビ出演 ○ : 天下の久米宏・ニュースステーションにチラッと出たことアリ。
            あとアドマチック天国で街の女の子紹介?にも出た。
パチンコ ○ : ほんとに時々しか行かないけど、トータルで絶対勝ってると思う。ムフ。
競馬 △ : トゥインクルレースしかいったことありませんけど。。 
ラグビー × : ルールがよくわかりません。
ライヴ出演 × : ないで~す。
合コン ○ : 学生の頃はよくやってたなぁ・・・渋谷のチトセ会館とか(笑
北海道 ○ : 一時期移り住んでました。
沖縄 ○ : 仕事&プライベートで。
四国 ○ : 同上
大阪 ○ : 同上
名古屋 ○ : 同上
仙台 ○ : 同上
東京 ○ : うちは横浜。
漫画喫茶 ○ : 1回だけ行ったことあるけどあんまり楽しくなかったよーな?
ネットカフェ × : 行かないナァ。
油絵 × : ボブ・ロスと一緒に写真撮ったことある~!
エスカレーターを逆走 ○ : 大きくなってからもある・・・かも。
フルマラソン × : 長く走れません。
自動車の運転 ○ : ペーパーゴールドです。
バイク運転 × : 興味あるけど絶対コケる。
10kg以上減量 × : 早急に希望します。
エステ ○ : たま~に。マンダラ・スパ行ってみたいな~。
交通事故 × : 幸いにして未経験。
電車とホームの隙間に落ちる × : ないな~。
お年玉をあげる ○ : 小銭だけどね。
ドストエフスキー ○ : たぶん、読んだはず>昔の自分
大江健三郎 ○ : 何気に読書大好きなのです(かつての自分)
ゲーテ ○ : 若きウェルテルの悩み、ですよね?
一万円以上拾う × : ないにゃ~。
一万円以上落とす ○  : 車上あらしにあって。くそ~今でもむかつきますよ!!
徹夜で並ぶ × : 根性ないんです。
金髪 △ : 遅咲きの狂い咲きで(爆  金髪に近くなってたナァあの頃。
ピアス ○ : なにげにOGあいてたり。
50万円以上の買い物 × : そこまではないです。
ローン × : ローンで金利を払うのがイヤなので組んだ事ないです。
両国国技館 ○ : お土産の相撲チョコ!大好きでしたよ~。あと空豆?
日本武道館 × : なし。。だと思う。
日清パワーステーション × : ??
横浜アリーナ ○ : 横浜市民は成人式をココでやります。
ラヴレターをもらう ○ : ありますね~。
手術 × : 幸い未経験。
選挙の投票 × : まだ20歳未満なので(爆
イヌネコを飼う ○ : ネコ大好き。
一目ぼれ × : してみたい。
幽体離脱 × : どうなるの?
前世の記憶 ×  : だれなの?
ヨガ ○ : まさに今ハマってます。
OSの再インストール × : 自分でしたことはないけどやってもらったことはある。
ヴォイスチャット × : ないです。 
先生に殴られる × : ないな~。
廊下に立たされる × : ないな~。優等生。
徒競走で一位 × : 早く走れません。常に2位だったな~(笑
リレーの選手 × : 早く走れません。
メルヴィル × : 多分読んだと思うんだけど・・全く覚えナシ。
妊婦に席をゆずる ○ : 人に優しく。
他人の子どもをしかる ○ : しかる、というか。「コラコラだめだよ~」といいつつ怖い顔をする。
20過ぎてしらふで転ぶ ○ : 足元弱いので。この間はデニムのヒザをぱっくり裂きました。
コスプレ △ : シンデレラの意地悪姉さん役したことある~。セーラー服着てみたいっす。あ、もう年齢ひっかかるか。
ジャケ買い ○ : 昔レコファンで「このワゴン5枚で¥1000」みたいな時思いっきりジャケ買いし、誰が一番当たりを引き当てたか競ってた。
同棲 × : ビミョーですが。 
ストリート誌に載る × : ストリート誌・・はないですね。
2メートル以上の高さから落ちる × : 痛そう。
ものもらい ○ : 軽いやつなら。
学級委員長 ○ : あります~。
ちばあきお × : 誰?
ちばてつや × : 名前は聞いた事あるけど。。
岡崎京子 × : なんか話題になりましたよね?
南Q太 × : 誰???
恋人が外国人 × : あこがれですね~ハーフの可愛い子が欲しい。
治験 × : ナシ。
へそピアス × : やりたい。けどケアがめんどくさそう。
刺青  × : ないです。
ナンパ ○ : 時々。
逆ナンパ × : 小心者なので。
蒙古斑 × : 子供の頃はあったよな~。 
出産 × : まだ先。
コミケ ×  : どんな世界なんでしょう。どこでやってるんですか?
飛行機  ○ : 仕事で。
ディズニーランド ○ : もう何回行ったかな?
一人暮らし ○ : ニセコで。
スキー △ : 何回か行ったっきりボードに転向。なのでほとんど滑れません。 
スノーボード ○ : 超ハマってました。おかげで人生狂いました(笑
サーフィン × : 海系、やったことないです。塩水が苦手。
フジロック × : 未経験
異性に告白 × : 1回位してみたい。
飲酒運転 × : 運転自体ほとんどしないので。
公文式 × : ちょっとあこがれてましたけど。
進研ゼミ ○ : あの勧誘のDM漫画にヤラレました。すぐやめたけど。
結婚式に出席 ○ : 今年も行きましたよ~。行くのは楽しいッス♪
葬式に出席 ○ : 親戚のとか、先生のとか。
親が死ぬ  × : せめて孫を見せてやらねば。>頑張れワタシ。
喪主  × : もちろん未経験。
保証人  × : なりたくないし。
幽霊を見る × : ワタシは見たことないけど、ニセコではお化け屋敷に住んでました(笑
UFOを見る ○ : あれは絶対UFOだってば!
先生を殴る × : 無理。
親を殴る × : そんなことしちゃだめです。
犯罪者を捕まえる × : ないですね~。
ケーキを焼く ○ : そりゃ可愛い乙女ですから。
歌舞伎 ○ : 学校の授業?社会科見学?で行きました。
三島由紀夫 ○ : はい。
尾崎豊  × : あ~全然興味ないです。 
ビートルズ △ : 好き、というほどではないですけど。
怪我痕 ○ : こけてヒザがぱっくり割れたときの痕がうっすらあります。
スピリタス × : 飲んだことないです。
サイト運営 × : ブログで精一杯。
キセル ○ : 昔捕まりかけたけど言い逃れました(笑
読経 × : ないです。
食中毒 × : つらそうですね。
無言電話 × : たぶんない。 
ピンポンダッシュ ○ : 小学生の頃、流行りました。
決闘 × : 誰と?! 
踊り食い × : 絶対苦手だな。
同人誌 × : よくわかんない。
ドラクエ ○ : ジツは結構ゲーマーです。ドラクエもFFも全部やってる。ってか大好き。寝る間を惜しんでやりこむタイプです。
ガンダム × : あ~見てなかったんです、私。話題についていけません。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


・・・・・。
いかがでしたか?読むのも大変ですよね。

さて、次はバトンを渡さねばならないようですが、なんか大体ブログでお世話になっている方はバトン済みたいな。
なのでここはひとまず

ビスタ~リさん
ulgoodsさん

にお願いできれば。ダメ? ネタ切れの時にでもお願いします。

Kojikojiさん はもう回ってますか?まだなら私がまわしちゃいますよ~。

あと、いつも私のブログにコメントくださる

はまじさん
seaさん
まろんさん

にもバトン受け取ってもらいたいんですけど~!別にブロガーじゃなくてもいいよね?
ってことでそれぞれお暇な時に机に向かって回答してください!(笑


もちろん奪っていただいても構いませんよ、そこのア・ナ・タ!


さぁ、みんなで一緒に自己発見♪

やった人なら分かち合えます。この大変さ(笑 でも楽しかったよ~ありがとしげぞうさん(ノ´∀`*)


| | コメント (112) | トラックバック (5)

2005.10.19

朝から温泉三昧

今日は先日の奥穂で負傷した相棒Yのために、湯治にきています
増富温泉はぬる湯だからずーっと入っていられます♪もう2回もはいっちゃったから手がシワシワ…
山の後の温泉は格別だけど、たまには温泉メインもいいですねnec_0039.jpg

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2005.10.16

涸沢~奥穂高岳 山行記録

10/11-12 晴れ 1日目:上高地-徳沢-横尾-涸沢(小屋泊) 2日目:涸沢-奥穂高岳-涸沢-横尾-上高地 


秋になると思い出す。

どの本を見ても、カレンダーでも、TVでも。


紅葉 といえば 涸沢!! ってなくらい秋の憧れ・涸沢カール。登山暦3年目の私としてはそろそろ本気の紅葉が見たい。涸沢デビューしたい。もちろん奥穂も登りたい。
ということで、いつになく今回は時期を狙って涸沢に行ってきました。

いつになく、といえば今回はもうひとつの事情が。涸沢の山小屋でアルバイトをしている友人がおりまして、その彼に会いに行こう!というのも今回の大きな目的の一つでした。

さて、実は上高地も初めての私。どんな山旅が待っているでしょうか?!

※長文です。ご注意ください。

****************************************



1日目。

上高地はマイカー規制がしかれているため、沢渡(さわんど)もしくは平湯からバス・タクシーを利用しなくてはなりません。
今回は沢渡の駐車場に車をおいて出発しました。(駐車場は¥500/日でした。)
今更ですが、念のため。


上高地に着いたのが8:00くらい。なんだかんだと準備して、小屋の友達に「これから行くよ~」と連絡してから出発です。

0003-2
てか、どんだけリゾートなんですかココは。さすが上高地。建物とかすごいです。ややおのぼりさん状態で歩き始める。




8:40 上高地


上高地から横尾までは遊歩道のようなひたすら平坦な道が続きます。荷物は重いがノンビリ景色を見ながらGO!

0007-2
あ!!あれが有名な河童橋!!
今日は平日ということもあり、そこまで混んでなかった。

0006-2
梓川。すでに絵になる景色ですね。

このあたりは観光気分の軽装の人もたっくさん歩いています。テント装備のザックはある意味目立つかも。




10:25 徳沢園


0014-2
お!ここが有名な徳沢園!!
とってもノンビリできそうな場所ですね。私たちもしばしお菓子休憩。

で。再びテクテク歩く。てくてく。景色がいいのでまだ楽しく歩けるけど・・・




11:35 横尾


ふぅ~。やっとここまでたどり着きました。正直最後の方は飽きてきた(笑
このあたりまでくるとさすがに観光気分の人も少なくなってきます。

0019-2

立派な橋で梓川を渡ると、いよいよ山歩きっぽくなってきましたよ~。
屏風岩を見上げながら、回り込むように進んでいきます。
横尾から1時間ほどすると本谷橋。これを渡ると岩ゴロの登りにさしかかります。周囲には立派な岩壁がそびえたっています。

0032-2
だんだんカールが近づいてきます。やや黄色っぽいけど紅葉もイイ感じ♪

紅葉の木々に囲まれた美しい登山道を進んでいくといよいよ涸沢です。




14:25 涸沢


0042-2
ウォ!!これが憧れの涸沢か!!

このころにはちょっと曇ってきてしまいましたが・・・念願の涸沢到着ですヽ(´ー`)ノ 今日はテントの数もまばらです。まさにカールの底にテント場があるんですね~。
私たちもテントを張ってひと休み・・・でしたが。小屋の友達の好意により、結局は小屋泊まりをさせてもらいました。テントは完全に無駄ボッカになっちゃったよ、トホホ。

このときはやや紅葉のピークを過ぎた頃だったようです。体育の日の3連休に降った雨のせいで紅葉が散ってしまったのだとか。
また、小屋の方の話では「これぞ涸沢の紅葉!」といえるような出来は10年に1度くらいしかないそうで、残念ながら今年はイマイチだったそうです。
・・・最高の紅葉ってどんなのなんでしょうね~また老後の楽しみが増えました(笑


無事友達とも再会を果たし、楽しい一夜を過ごしました。
明日の天気予報は『爽やかな陽気』。(ってどんなのだ?!)いよいよ奥穂へ登頂です。


**************************************

2日目。 快晴。

なんじゃ~!!やばいよこれ。バカっ晴れじゃないっすか!!!!
ってくらい快晴を予感させる朝を迎えました。このところ山に行く度すっきりしない天気が続いていたので、今回は久々の大ヒットかも~(・∀・)人(・∀・)

でも。。。

実は今回。涸沢到着と同時に山オンナ的体調不良に陥り、奥穂に登るか結構迷いました。周りはやめとけって言うし、それもそうなんですけど。。。やはりあの晴天・目の前の山には勝てず。

『勇気ある撤退』
 

これこそ 言うは易し 行うは難し です。とりあえず自分的にはOKだったので、決行と相成りました!




6:45 涸沢


今回は友人も奥穂に付き合ってくれるということで、3人での出発になりました。
小屋の裏手から早速岩ゴロの道がはじまります。

0067-2
空の色、ヤバイでしょ?後ろに見えるのは涸沢槍。似てますね~。

岩ゴロは高度が上がるにつれ、徐々に大きな岩になっていきます。やがて左にトラバースするようにカールを横切ると、急斜の岩場にとりつきます。

0077-2
こんなところを登ってゆく。
鎖や梯子などがあるザイデングラードの核心部をどんどん登ります。混雑している時は要注意。この日はあまり人もいなかったので、いいペースで登れました。


振り返ってみれば・・


0076-2
どどーんと常念岳が!!表銀座コースの山がくっきり♪




8:15 穂高岳山荘


0078-2
これまた立派な小屋ですね~。

なんだかあっという間に着いちゃいました。思ったより快調かも~♪
っつーことで、軽く休憩の後に奥穂の頂上をめざします!!

0079-2
小屋の左手からいきなりの直登。梯子のお出迎え。久々の岩場鎖場にちょっとワクワク♪このあたりは風が強くて寒かった。強風のときは相当つらそうです。

完全な岩山をよじ登る。日陰の岩肌が超冷たくって指が凍りそうでした(笑 グローブがあってよかった。きつい登りが続きます。
岩に集中して登っているうちに・・・




8:55 奥穂高岳


0085-2
やった~゚・*:.。. .。.:*・゜

見渡せばそこには!

0086-2
槍ヶ岳が!


0084-2
憧れのジャンダルムが!


0089-2
雲海の向こうには富士山が!


0087-2
夏に登った北アの山々が!


私の写真では到底伝えられませんが、それはそれはもう。

山やっててヨカッタ

そう思える大パノラマが広がっていました。本当に最高でした。
とにかく槍が近い!北アがデカイ!
中央アルプスの山もすぐそこに。南アも見えちゃった♪
そして眼下には上高地帝国ホテルの赤い屋根が小さく確認できます。
40分ほどじっくり山頂を堪能した後、来た道を戻ります。ホントは吊り尾根行きたかったな~。

山頂直下で雷鳥の群れ(!)を発見。3人でカメラ小僧のように後をついてまわったけど、全然動じてない!さすが奥穂、雷鳥も堂々としていました(笑




9:00 穂高岳山荘


無事戻ってきました。といいたいところですが、実はここまでの下りで相棒Yがコケまして・・・下りは慎重に!!なのでココから先はちょっとゆっくりペースで下山しました。

0100-2
小屋がずいぶん小さく見えますね。じっくり下ります。浮き石に用心して。

小屋が近づいてくるあたりはナナカマドが真っ赤に色づいてとてもきれいでした。

0107-2




11:40 涸沢


まだまだ晴天は続きます。小屋でお昼ご飯を食べたらとうとう涸沢ともお別れです。小屋の方々には非常にお世話になりました。ありがとうございました。
小屋では小屋閉めの準備が着々とすすめられていました。もう今年の営業も残りわずか。涸沢の秋も終わりです。

友人もこの日に下山する用事があるという事で、またまた3人で下ります。パノラマコースという選択もありますが、今回は諸事情により横尾経由で上高地まで戻る事に。

13:00頃涸沢を後にしました。今度は春、残雪の季節にまた来よう!


0110-2

紅葉の中を下ります。さすがに奥穂往復の後の下りは脚にくる。無駄ボッカのテント装備も肩にキク。ふぇ~上高地まで気が遠くなりそうです~。




14:00 本谷橋


帰りは上高地から沢渡に戻るバスの時間も忘れてはいけません。最終バス(18:00くらい?)を逃すと上高地に閉じ込められちゃう~!




14:50 横尾


ここからまた、例の平坦な道が待っています。とにかくここからのダラダラ歩きは予想以上につらいです。はっきりいってうざいです。
とヤラレ気味の私&コケて負傷のYのために、友人が愛の手をさしのべてくれました。新村橋のあたりから小屋用トラックで上高地まで一気にパス。(反則技炸裂です。)

帰りはトラックの荷台で揺られながら無事上高地に戻ってくることが出来ました。

16:30くらいの沢渡行きのバス(¥1000)に乗って上高地を後にする。これにて今回の山は終了~。めでたしめでたし。
※帰りのバスは10分間隔くらいで運行していました。平湯行きのほうが最終の時間が早いようなので事前に確認してくださいね。





涸沢・奥穂高岳 総評:

涸沢イイトコ一度はおいで♪ と昔の人が言ったかどうか知りませんが、ほんとに素晴らしくすてきな場所でした。上高地から涸沢まで小屋も充実しているため、多少のことには対応できるような気がします。。。財布の紐を緩めれば(笑

今回の山行はあくまで涸沢がメインだったためこのようなプランになりましたが、ほかにも魅力的なコースにあふれる場所ですので、できれば前穂経由だったり、岳沢経由だったり、もっといろいろなルートを攻めてみるもよし。

1泊2日で奥穂に登る場合は、できれば初日に穂高岳山荘まで登ったほうが時間的にも体力的にも楽な気がします。特に2日目の行動時間が長くなるうえ、上高地のタイムリミットがあるし。。
もしくは2泊3日くらいでのんびりじっくり行ったほうがいいかもしれない。次はもっとのんびり過ごしたいです。

あまり詳しくは書きませんが、下りが大得意の相棒Yが奥穂からの下りでこけました。幸い大怪我にはなりませんでしたが、いったん転ぶと止まりません。ぜひぜひご注意を!!
あと。体調は万全で臨みましょう。山は逃げません。>自分

あとはまた思い出したら追記します。
なんか今回は友達山行のため、わけのわからんレポになっていまいました。すいません。
超長文にお付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (143) | トラックバック (4)

2005.10.15

ウワサのVIP待遇

VIP待遇とは 普段はできないスーパー贅沢山行

すなわち ラクな方へと流される甘い誘惑


山に行くからには己にストイックであれ。 などとお考えの方にはオススメできません(笑


今明かされるその真実とはいかに?!



**************************************

今回の涸沢には大きな目的が3つありました。

1つは 涸沢の紅葉を見る

1つは 奥穂高岳登頂

1つは 涸沢の小屋で働く友達に会う
この友達については以前の記事を参照いただきたい。

この3つ目の目的こそ今回のVIP待遇の秘密であります。その友人(仮にAとしよう)に会いに行くため、この休みは涸沢に行かねばならなかったのです。

だがしかし。

小屋バイトのAのところへ行くからといって、むやみに小屋泊まりできるほど私たちに金銭的余裕はありません。それよりなんといっても涸沢は人気のエリア。そんな場所の小屋なんて、混んでいるに決まっている。「1畳に○人」なんて世界、絶対にお断り!なにより我々はテン泊派なのであります。

ということで、Aからの「うちの小屋に泊まりなよ~」というラブコールを制し、テント持参で涸沢に向かったのでありました。

 *
 *
 *
 *

1日目。やっと涸沢に到着~♪早速Aとの再会を果たす。3人で大盛り上がりヽ(´ー`)ノ

まずはやっぱり

0045-2

◆我々は生ビールをゲットした!

ひとしきり話した後、今宵の宿の話になる。やはりAは小屋に泊まって欲しいらしい。(やさしいヤツなのです)

(´-`).。oO( でも~テント張っちゃったし。お金ないし。相部屋とかヤダし。 )

としぶる私たち。
ここからAの友達パワー炸裂が始まるのです!

それはつまり・・・

金がないなら働く?

ってことで





0052-3


◆我々は皿洗いをした!
小屋バイト気分♪結構大変だった。


そしてかわりに





0050-2
ごろんちょ、とくつろぎのひととき。


◆広くて快適な屋根裏部屋をゲットした!

そして夜には

◆豪華なまかない食・晩酌付をゲットした!

お客さんの夕食の片付け後、小屋の社長さんはじめバイトの人たちみんなでテーブルを囲んでの夕ご飯でした。温かいご飯・味噌汁はもちろん、おかずも10品くらいあったかな~、肉も魚も!そしてビール、熱燗付!!
みんなでワイワイ食べるご飯はとっても美味しかった♪みなさんとっても素敵な人たちばかり。そして山小屋ならではの貴重で面白いお話をたっくさん聞かせていただきました。

そんな宴は消灯まで続いた。。。




2日目。Aも含めて3人で奥穂を目指す。
そして今日もまた友情パワーは衰えを知らなかった!!

◆Aの案内でちょっと秘密のルートを通った!

小屋バイトならではですね。面白い場所を教えてもらいました。


無事奥穂に登り、再び小屋に戻ってみると・・

◆早速ソフトクリームをゲットした!

さらに

◆いいタイミングでほかほか昼ご飯が用意されていた!

んもう、感謝感激雨あられ。皆さんやさし~のです( ;∀;) カンドー

Aも一緒に下山する用事があるという事で、3人で上高地を目指して小屋を後にしました。

みなさん、お世話になりました。本当にありがとうございました。

帰りは行きと同じルートで。
ということはあの横尾からのかったるい平地歩きが待っているわけです。
・・・あそこって、マジでうざくないですか~?!帰りは上高地のゲートが閉まる時間もあり、そんなにノンビリしていられないのですが、この日奥穂でちょっとしたアクシデントがあり、主に私がペースダウン。

・・う~んこりゃ結構ギリギリのコースタイムだぞ。。。

と思いきや。最後の最後でとてつもない奥の手が用意されていたのです!!!




まままさか・・・・




あれは!!!




ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!







0116-2

必殺!業務用軽トラ!!
これはかなり反則技ですが。。。

◆約2時間分の平地歩きをパスした!

荷台に乗って上高地を疾走。こんな経験できませんとも。




こんな感じで最後まで本当に世話になってきました。結局涸沢では一銭も使ってないし。これ以外にもちょっとしたサービスは数知れず。予想をはるかに上回るVIP待遇に、正直ブログに書いていいやら悩んでおりますが。。

なのでみなさん内緒にね!(笑
あくまで超特別な事例ですので。。たぶん。

ほんとにAよ、ありがとう。横浜に来たら最高のおもてなしをするからね!
さて、次は別の友達の待つ室堂かな~

みなさん、持つべきものは友達です


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.10.13

祝・涸沢デビュー

0039-2


0106-2
北穂。。だよね


10/11・12の1泊2日でとうとう念願の涸沢デビューしてまいりました。
上高地から入って涸沢で1泊、奥穂高岳に登ってから上高地まで。いや~なかなか疲れました。


肝心の紅葉については若干ピークを過ぎていたようですが、それでも見ごたえ十分!写真でさんざん見ていたあの風景をこの目で見てきました。

う~ん、やっぱいいとこですね。

そしてそして!奥穂に登った2日目の晴天といったら!!!!!!!

ひとことでいえば


超サイコーーー!!!


今シーズンで1番じゃないか、っつーくらいの雲ひとつない秋晴れで、そりゃもうコーフンしまくりの大展望でした~^^紅葉もさることながら、あの大パノラマが見れただけでも大満足です。人も少なくて静かだったし。

さらに。

今回は小屋で働いている友達に会いに行くのも目的のひとつだったのですが、これがもうすごいのなんの。
友達パワーで超VIP待遇in涸沢でした。まじでお世話になりました。その辺の詳しい話しはまたレポートで。
買ったばかりのデジカメも使ってきました。早めに画像もUPしたいと思っています。


とにかくいいっす、涸沢。一度は行こうよ涸沢。まずは行っとけ涸沢。
みんなが大好きなのがよーくわかりました。あ~楽しかった♪




ということで、今回は大充実の


百名山 66座目GET~!!


不在中にもコメントたくさん頂き本当にありがとうございます。後ほどお返事いたします。
さてこれからみなさまの3連休レポ巡回しなくちゃ!


◆オマケ◆

このなかに雷鳥は何羽いるでしょう?

0096-2


| | コメント (63) | トラックバック (1)

2005.10.09

新兵器とともに。

天気予報もずいぶんいい感じになりましたね!今ごろ皆さんどこの山の景色を見ているんだろう・・・

私も今宵から出発してみます。一応今のところ、目的地は例のあの場所。紅葉目当てでデビューしてきまっす。いい景色がみれるといいな~。そんでバイトしてる友達に会って来ます。

前回の関西方面遠征の最後に、デジカメを自ら壊してしまったワタクシ。(→詳細)せっかく山に行くのに、デジカメがなきゃはじまんないよ~困っちゃうよ~。

ということで。

買っちゃいました(≧∀≦)


デジカメ!デジカメ!新品!しかも新発売!!

10/4に発売したばかりの PENTAX OPTIO WPi。店員さんと色々相談して、アウトドア感の強いこちらに決定。前と同じオプティオなのでバッテリーとか充電器とかそのまま使えるし、操作もなんとなく分かってるし。

なんといってもちょっとした衝撃とか雨とかに強そうだし。
このデジカメの最大の特徴は、WP=ウォータープルーフ であるということ。ちょっとした水中撮影ならOKなんだって。ということはつまり、

雨に濡れても!

川に落としても!

トイレに落としても!

汗だくになっても!

いいかもしんない、っつーことですよね?!

あとは他の機種と比べた結果、接写した時これが一番きれいに撮れそうでした。なんと1cmOKらしいです。
手の指を撮ったら指毛まではっきり写ってたよ・・・○| ̄|_

600万画素とはいかがなものか?!
早速この新兵器と共に山に行ってまいります!!

新しいデジカメ、壊しませんよーに。踏みつぶしませんよーに。
山が晴れますよーに。


| | コメント (204) | トラックバック (0)

2005.10.07

紅葉目当ての3連休

いよいよ明日から3連休ですね!毎年10/10は山小屋も激混みだそうで・・今年はどうなんでしょう??
2005年の紅葉は例年より遅れ気味だと聞いていますが、、このところグっと秋めいた陽気だしどうなってるのかな~。

みなさんいろいろ計画されていることでしょう。

が。

天気予報イマイチぱっとしませんよね。それでもかなりマシになってきてるけど。やっぱり行くなら秋晴れの山がいい!
となるとどこがいいんだろう。。。
(このたび、ブログに天気予報載せました。参考になれば。)

ワタクシの場合、今年こそは燃えるような紅葉が見たい、と思っておりまして、今回こそ涸沢デビュー?!なんて思ってたんですけど・・・・うーん。。私あんまり【紅葉の名所・名山】に詳しくないのでどこがいいのか激しく悩むところです。

ちなみに今回の連休もまたTiCAの必殺『連休ずらし』が炸裂する予定(笑 なのでみなさまの紅葉ハンターレポを見てから出発できるかもしれません?

ということで~情報交換よろしくお願いしまっす♪
今夜出発の方はどうぞお気をつけて~。

**************************************

現地より最新情報が届きました。10/7現在。

立山室堂の紅葉 : ちょっとピークを過ぎたくらい

弥陀ヶ原の紅葉 : 只今ピーク


だそうです。雷鳥沢でバイトしてる友達が今メールくれました。Nちゃんさんきぅ。
立山方面をお考えの方、いいかもしれないですよ~ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.10.05

荒島岳 山行記録

9月27日 晴れ/曇り  勝原スキー場駐車場-シャクナゲ平-荒島岳 往復


連休の遠征登山もこの荒島岳で〆!3山目にしてやっと晴れ間の中登山する事ができました。・・といっても山頂は。。。。平日ということもあり、本当に静かな山行になりました。


**********************************

荒島岳は中出・勝原・佐開・下山という4コースがありますが、今回は勝原(かどはら)コースからピストンしました。勝原コースと中出コースは電車でのアクセスもしやすく、一般的に良く登られるコースのようです。




8:55 勝原スキー場駐車場



2569-2

さすがスキー場だけあって、なかなか駐車場も広くトイレも完備。ここからスキー場の中をどんどん登っていく事になります。・・・今回もまた遅出です。

ここから山頂までは4.7kmとあります。まずはスキー場の中、ウッドチップを敷き詰めたような斜面を歩きます。その後コンクリートの急坂へ。これが下りはきつかった。
スキー場をジグザグと登っていきます。こーいうとき、リフトのありがたみを身にしみて感じますね~。これがなかなか急登でして、しかも岩岩なのでいきなり大汗かくことに。周りはススキがいっぱいで秋を感じながら歩きました。

2591-2
一面ススキ。

リフト上部についたらいよいよ樹林帯に入ります。
とってもきれいなブナ林なのですが・・・・これが息つく場もなくひたすら登りつづける道なのです。こんなに急登とはきいてなかったよ~。。

そして迎えるクライマックス(笑

2572-2

こんな写真じゃ伝わらないと思いますが、、シャクナゲ平へ向かう最後の登り!!スーパー直登木製階段!しかもこれでもかの2連発(´Д`;)  たぶん、このコースを歩いた方なら分かち合えるはず・・・マジで久々に脚にキク登りでした。




10:45 シャクナゲ平


まーじーで!!へとへとで到着 ○| ̄|_ ハァハァ。
ここで中出コースと合流します。思ったより狭くて展望もなし。疲れてなければスルーでしょう。ここでしばし息を整えてから出発です。

というのもココから先、もちが壁と呼ばれる急登が待っているのです!

まずはひと下りの後、のぼりが始まります。ぬかるんだ滑りやすい土で、ガレたところもあり鎖やロープがかけられた道を進みます。さほど難所はないように思いますが、さっきまでの登りで疲れたカラダは思うように動かない~。。立ち止まり、立ち止まりしながら一歩ずつ進みました。

2574-2
最後の方はこんな感じ。リンドウが道の脇にたくさんありました。
は~いつまで登ればいいの~・・まだだよね~・・


な~んて思っていたら!!!



11:45 山頂


2575-2
おお~思っていたより早く着いた気がする~ヽ(´ー`)ノ ちょっと得した気分。ひーひーいってた割にはコースタイムより早く到着できました。

非常にシンプルな、すっきりした山頂でした。本来ならここから白山やアルプスの山々が見えるそうですが、今回は雲がかかって展望なし。朝はいいお天気だったのに残念です。
山頂の案内板には雪の時期の写真が。はぁ~こんな白銀の時にまた登ってみたいものです。

山頂には私たち以外オジサン1人だけだったのでゆっくり昼ご飯で休憩しました。VIVA平日登山♪
じっくり休んだところでいよいよ下りに取り掛かりましょう。

シャクナゲ平までは滑りやすい個所があるのでゆっくりと。しりもちつきたくないも~ん、なので。

2587-2ばいばい。また来るね~。




13:15 シャクナゲ平


ふぅ~。。
登りがひたすら登るだけだったということは、下りはただただ下るのみ!ということです。

2589-2
ブナ林を抜けて、くだれっくだれっ!

どんどこ下るとリフト上部に戻ってきました。

2590-2

あとはスキー場を下って駐車場へ!でもここからもつらかったぁ・・コンクリートが脚に響きます。
この辺りのススキ野原にはトンボやらバッタやら。子供の頃に見たっきりのデッカイやつが沢山いました。子供とか連れてったら喜びそうですね~^^




14:45 駐車場


最後はちょっとのんびり、遊びながら下りました。なんだか田舎の空気をいっぱい吸ってリフレッシュした気分!ありがとう荒島岳♪




荒島岳 総評:

かなり甘く見てました。気が付けば標高差1200mほど。しかも直登気味。久々に登り応えのある山に行った気がする。『小粒でもピリリと辛い』系でしょうか。堂々とした山容は全然小粒じゃないですけど(笑 これから紅葉の時期はかなり良さそうですね~。あとこの山、冬はバックカントリーとして滑れるんでしょうか?だとしたらそれもかなり魅力的。

しんどい登りでカラダはくたくたになったけど、おおらかな景色と空気のおかげで気分は上々、楽しかったです。今度は中出コースにいってみたいなぁ。


| | コメント (91) | トラックバック (3)

名古屋・台湾ラーメン

あぁ・・・早くレポートを仕上げなければ・・(;・∀・)

荒島岳の山行記録、これから頑張って書きますのでその間、またもや食い倒れ日記をお楽しみくださいませ。




大峰山から荒島岳に向かう途中、名古屋に寄り道しました。目的はもちろん『食い物』。花も恥らう乙女ですから、やっぱり食い気はハズせません!

名古屋といえば・・・思いつく食べ物っていっぱいありますよね~。

手羽先 とか~(私は風来坊派)

みそかつ とか~

味噌煮込みうどん とか~。。。

どちらかというと味の濃いジャンキー系なものが多いイメージがありますが、今回短い滞在時間の中で選ばれたのはこちら。


味仙(みせん)の台湾ラーメン

nagoya1

名古屋では定番(らしい)の台湾ラーメンですが、ラーメンの上に辛く味付けされたひき肉がトッピングされているのが特徴(らしい)。
名古屋には台湾ラーメンを置いている店は結構ある(らしい)が、その中でも一番有名店がこの味仙でしょう。味仙は中華料理屋さんなので、どちらかというと何品か頼むうちのひとつとしてオーダーする感じかな?やや小ぶりなラーメンですが、とにかく辛い!!
一口食べた時は「う。かかか辛すぎ・・・」と思いますが、食べるうちになんだか病み付きの「ウマ辛」なのでございます。写真でも分かるように、ひき肉に混じって唐辛子がめっちゃ入ってるでしょ!!
ちなみに写真の上の方に小さく写っている「青菜炒め」もやたらウマイ。これも必ずオーダーすべし。

味仙は名古屋駅周辺に2店舗あるようです。あ、あと中部国際空港にも出店しているらしい。

詳しくは味仙のHPでご確認ください。
このHPに出てくる味仙マン。ビミョーなキャラで気になります。




味仙でから~いモノを食べた後は、甘いものが欲しくなるというもの。
やはり行くならコメダでしょう!コメダは名古屋にやたらいっぱいある珈琲店で、名古屋名物のモーニングもここで食べられます♪

コメダのアイス珈琲って、はじめからガムシロップが入っていてちょい甘いのが美味しいの。あとお腹に余裕があれば、名物の「シロノアール」をデザートに食べるべし。(かなりボリュームがあるので一人じゃ無理だと思う)

今回は時間がなくてコメダには寄れませんでしたが、最近では神奈川(藤沢あたり)にも進出してきているので、どーしても食べたい時はぜひ。

私自身あんまり名古屋に詳しくないのであとは適トーに調べてください。(いい加減!)




名古屋で満腹になったところで、いよいよ荒島岳に向かいました・・・つづく。


 

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2005.10.02

大峰山 山行記録

9月26日 曇り  行者還トンネル西口-弥山-八経ヶ岳 往復


前日はあまりの強風のため登山を断念しましたが、本日は曇りながらも穏やかな天候。やっと登る事が出来ました♪

まず最初に登山口までのアクセスについて。
今回のルートの場合、完全にマイカー派向きです。公共交通機関利用の場合は登山口までタクシー利用しかないようです。

登山口のある行者還トンネルまでは結構厄介な山道を走らねばなりませんでした。
R309(洞川側)R169(大台ケ原側)を結ぶ道の途中に登山口があるのですが、私の経験としてはR169側からのアクセスをおすすめします
今回は一度撤退したこともあり両方のルートを通ってみましたが、
まずR309からの方が【距離が長い】。未舗装の部分はないのですが、とにかく【道幅が狭い】。こりゃすれ違う派相当厄介だな・・・という感じです。1台分でギリギリといった感じ。対してR169からの道は多少道幅が広く、すれ違いも問題なさそうでした。
うちの相棒Yは車の運転に関しては鉄人的ですが、「R309からは二度と行きたくない」といっておりましたデス。
私が見た大峰山に関するガイドブックはどれもR309からのアクセスばかり紹介されていましたけど・・

さらに、R169をはさんで大台ケ原があるので、百名山狙いの効率アクセスで考えれば1日で2山も充分可能だと思われます。

そんなこんなで山行レポへど~ぞ♪


***************************************



7:00 行者還トンネル西口



2539-2
奥に見えるのが行者還トンネルです。駐車場はこんな感じで台数はそこそこ置けると思います。
ではではいよいよ出発です。

いきなりかわいい橋がお出迎え。
2540-2


渡ると登りが始まります。・・・結構急登ですね~。樹林帯を歩くのですが、木の根っこと土のせいで滑りやすい!これは雨の日は相当厄介ですね。。。つるっと滑らないように一歩一歩高度を上げていきます。


2541-2
霧?あさもや?なんだか修験道らしい濃厚な雰囲気ですね・・・



7:55 大峰奥駈道分岐


急登を登りきると分岐点へ。ここからしばらくは比較的ラクチンな稜線歩きとなります。
この道は実際に修験道して使われているそうで、以前相棒Yが登った時はほら貝を吹きながら歩く人々がいたとか。今回は残念ながら見かけなかったですけど。

分岐点は【行者還岳・山上ヶ岳】方面と【弥山】方面に分かれていますが、もちろん弥山方面へ。山上ヶ岳は今も女人禁制をしいているんですって。
ここでまた一句(バカ  『男なら 縦走してね 大峰山』 おそまつ。


弥山へ向けてブナの森が続いています。このあたりはとっても気持ちいい山歩きが出来ます。石休ノ宿跡弁天の森などを通って、苔の蒸す美しい道を進みます。人もほとんどいなくて静か。。




8:40 聖宝ノ宿跡


ココはいかにも信仰の山といった雰囲気満点。理源大師像という銅像がありますが、「ふれてはならぬ」という言い伝えがあるそうなので手を合わせるだけにしましょう。

さて、道はここから弥山への最後の登りが始まります。ジグザグとドンドン登ります。途中木の階段もあります。鉄製のはしごが出てくれば、弥山まであとちょっと!!




9:20 弥山小屋



2552-2

とうちゃく~ヽ(´ー`)ノ なんだかやたら立派な小屋ですね。。。と思ったらやっぱりあのお方が登られたんですねトイレもあるそうですが、未確認です。とにかくひと気がなかったし。。小屋の前にテーブルがあったので、しばしお菓子休憩♪
あ、そうそう。小屋の横にある弥山の標識はでかくて立派なんですが、そこにちょっとかわいいキャラがいましたよ(ノ´∀`*) なにがお出迎えしてくれるかぜひ確かめに行ってくださ~い。

小屋の裏手から5分ほどで弥山の山頂です。小屋は立派なのに山頂は・・・鳥居と祠があります。

弥山でしばし休憩した後、いよいよ八経ヶ岳を目指します!と思ったら・・・

2555-2
どーやら山頂はガスっている模様・・・○| ̄|_
八経ヶ岳までは鹿追の柵をいくつもくぐっていきます。20分ほどで山頂へ。




10:00 八経ヶ岳


2560-2イエ~イ といいつつ実は目をつぶっています。。

山頂は割と狭い。本来なら絶景が待っているそうですが、本日はやはりガスっていて展望なしでした。残念無念。でもやっと登れたので満足ですっ。
あんまりゆっくりする感じでもなかったので、下山開始!




10:35 弥山


帰りは八方睨に寄って見ました。けどもちろんここも展望なし。残念だ~。
ジグザグとどんどん下ります。

2564-2 苔の絨毯。



11:50 大峰奥駈道分岐


途中トリカブトの花がいっぱい咲いていました。
さてココからの下りが問題です。とにかく滑る!そして急斜!アタシよくこんなとこ登ったよ・・・なんて思うような下りです。木につかまりながら慎重に下りました。




12:30 登山口


お疲れ様でした~。
って下りのレポがあっさりしてる?写真撮る余裕なかったんですきっと。何はともあれ今日も楽しい山歩きが出来ましたヽ(´ー`)ノ





大峰山 総評:

登山としてのおもしろさ、というよりやはりこの山は雰囲気を楽しむといった感じでしょうか。1300年も前からこの山を歩く人がいたなんて、なんだか日本史ロマンを感じてしまいます。いいですね~こういう山も好きです私。
これからの紅葉の時期もかなり良いのではないでしょうか?今回は前日の敗退もあり、なかなか思い出深い山になりそうです。

アクセス等はすでに書きましたので、あとは天候でしょうか。とにかくですね~油断禁物です、この辺り。だってだって、国道のあたりは全然いいお天気なんですよ~なのにトンネルを抜けると別世界、みたいな。雨の多い場所ですので仕方ないんでしょうけどね~。晴天の絶景、見たかったです。


さてさて。ここから我々は次なる山・荒島岳を目指します~。


| | コメント (95) | トラックバック (1)

2005.10.01

大峰山山行の【+α】

行者環の長いトンネルを抜けると暴風圏だった。


と。まだ大峰山のレポートUPしていないんですが。。時系列で言うとこちらの【+α】が先なので・・

大台ケ原を征した我々は、翌日大峰山を目指しました。

がしかし。本当にトンネルを境に、登山口は大荒れのお天気でした。小雨だけれどとにかくものすごい風!!大人二人を乗せた車を揺らすくらいの強風が吹き荒れていました。(画像はコレ

・・・さすが最多雨量地帯

3連休ということもあり、登山口には10台ほど車がとまっていましたが、1台減り2台減り・・・次々にみなあきらめて登山口を後にしています。中にはザックカバーをはためかせながら果敢に登山口に向かう人もいましたが。

相棒Yとの協議の結果、
「こんな天気の日に登ってもつまんないよね!」
ということで、粘りに粘った挙句大峰山は翌日再チャレンジすることにしてまずは登山口から退却。

前置きが長くなりましたが、山をあきらめた我々はまたもや遊びに走ることとなったのでした!
近くには吉野もあるし観光には事欠かない場所だとは思いますが、なんせ事前学習なし&花よりダンゴで

名所 < 名物料理

とまぁいつものパターンということで。
このあたりの名物料理というと柿の葉寿司吉野葛といったところでしょうか。その辺はガイドブックにおまかせするとして~

やっぱうちらはご当地ラーメンでしょ!

今回は和歌山ラーメンでございま~す♪
こんなところ滅多にいけないしね。


井出商店 中華そば ¥500?だったかな

ide
一番有名どころということで。ケータイであせって撮ったからぜんぜん美味しそうじゃない(汗

和歌山駅から徒歩10分くらいの場所にあるこじんまりとした店構え。このあたりではラーメンのことを中華そばというのが多いらしく、注文も
「中華一丁ね!」
てな具合でなかなかいい感じです。
席数は15席くらい?テーブルの上には寿司やたまごがおいてあり、『食いたきゃ食えば?』的完全セルフサービスになっています。

肝心のお味はというと、かなりこってり醤油塩分万歳風な見た目とは裏腹に、さっくり食べちゃいそうな感じ。博多ラーメンのような細麺なので、それもあってスルスルと食べちゃいました。あんまりお腹減ってなかったのに。

なかなかいいんじゃないですか~?美味しかったです^^

和歌山ラーメンというと、個人的なイメージとしては魚だし系のしょうゆだと思ってたんですが、実際はひとくちに【和歌山ラーメン】といってもいろいろあるみたいですね~。


やはりご当地ラーメンはいいっすね♪最近ややはまりつつあります。
山に行くついでにみなさんもいかがですか?(笑


ちなみに次回の予告は~【名古屋の台湾ラーメン】ですっ!

何のブログだろうここは。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »