« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の19件の記事

2005.03.29

持つべきものは・・・

今日はニセコ山篭り時代の友人たちと久々に会いました。

ここ数年北海道に住んでいたヤツがとうとう北海道を後にし、長野へ下ることにしたとのこと。
その途中に横浜にも寄ってくれたのです。

1年半ぶりの再会を果たし、飲みにいってきました。
場所はやはり同じく別のニセコ篭り友達の実家である家庭料理やさん。ウマイです。
ママさんにも久々に会った。いっぱいサービスしていただいちゃいました♪

ニセコ山篭り友達は年齢・性別・故郷もばらばら。なのにちゃんと一体感があるんです。

話を聞いてみればなんと。
彼はなじみの北海道を離れ、この春から涸沢にある山小屋で働くんだそうです。

・・・・なんてスバラシイ。

登山にはまっている私としては大歓迎の話ですね。ムフ。

そしてさらに。

また別のニセコ友達もまた、この春から雷鳥沢の小屋に移動するのだとか。

なぜみな山に集まる?!

そして4月に予定している羊蹄山。ココにももちろん友達がいる。


これでこれから登山シーズンに向けて楽しみが増えました。

山に登ることで友達に会いにいけます。

こんな恵まれた環境、めったにないかもね!

          やっぱり持つべきものは友達ですね。

ビール2杯&眠いのでちゃんと文が書けない・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.28

ココログ初心者改造・4【タイトル編】

【タイトル部分に好きな画像を表示させる】

以前から頑張ってやってきましたが、とりあえず画像表示できました。
しかもタイトル部分の幅もちゃんと変えることができたし。

参考にさせていただいたのは

おとぼけ.comサマ の スタイルシートで画像を表示させる方法

とっても分かりやすい!めっちゃ参考にさせていただきました。

そして、

あたしンちのおとうさんの占いなんて サマ の まずは背景色の変更を(その1)


スタイルシートなんて初めて見たよーナンジャソレ(゚д゚;) な私でも、どこを変えればどうなるのか、非常に分かりやすかったです。

勝手に参考にさせていただきました。ありがとうございました。


ちなみに、私の場合はタイトル用の画像も、スタイルシートも自分のブログに<下書き>としてアップしました。
もとのテンプレートセットは「標準:春(3列)」を使用しています。(確か・・)


今回の改造に当たってまず挫折したのが、

   画像の大きさ

でした。小さ目の画像で繰り返し表示されてもOKなものならば、あまり気にする必要はないかもしれませんね。
私は1枚の画像をきっちり表示させたかったので、かなり横長の画像を用意。(↓クリック)

title

これでようやく画像UP成功ヽ(´ー`)ノ


ただ、「標準:春(3列)」のままだとややタイトル部分の幅が細かった。
なのでお次はタイトルの幅を変更してみる

style-1


これは手を加える前のスタイルシートです。
赤線の部分を変更する。私の場合は130pxにしてみた。

すると・・・おぉ!

タイトルの幅が太くなりました。


が、しかし。

ココを変更しただけだと、サイドバーの高さが飛び出てしまいます。
(意味伝わるかな?)
つまり、タイトルの幅に合わせてサイドバーの高さも変更しなくてはならないようです。

style-2

今度はスタイルシートのこの部分を変更。
私の場合は100pxから160pxにしました。もちろんright、left両方とも同じように変更。

そして・・・・


キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!


これがピッタリ。やりましたよワタシ!!
ちょうどいい感じになるまで何回か数値を変更して試しました。


マジでうれしいっす。ホント。

ちなみにワタクシ

ブログってなあに?

スタイルシートって生まれて初めて耳にしたけど何か?

くらいの超!初心者ですので。

タイトルの幅とか、わざわざ書く必要ないくらいジョーシキなのかもしれないのでお恥ずかしいですが、とりあえずココに一人、それすらもわからなかったオンナがおりますゆえ、敢えて書いてみました。

次はねー、背景に画像をいれよっかナ。
たくさんの方がいろんないじり方を公開してくださっているのでとても助かります。

何気に楽しい。スタイルシート。

ただ今のタイトル画像、春になったら使えない罠(´;ω;`)


| | コメント (66) | トラックバック (0)

2005.03.27

ホットヨガをやってみた

今日は仕事の後、自由が丘でホットヨガの体験レッスンを受けてきました。


仕事がバタバタと忙しくて疲れた後だったけど、コレが実に気持ちヨカッタヽ(´ー`)ノ


ヨガは以前から興味があり、DVDなんかで超自己流でほんのりかじっていたけれど、ホットヨガはもちろん初体験。

ホットヨガ】とは室温38℃、湿度65%に保たれたスタジオの中でヨガをするというもの。
要するに

  「・・あちぃ」

と感じるくらいの部屋でだらだらと大量の汗をかきながらヨガをやるのです。

もとから自他共に認める一流の汗っかきの私ですが、
今回のホットヨガはそんな私には効果テキメンすぎるくらいものすごい汗でした!

まず腕。腕から汗が流れてた。

そして顔。たぶん尋常じゃないくらい水浸しだったはず。

まさに水もしたたる何とやら?!


でもミネラルウォーターを頻繁に飲みながらやるので、想像よりもツラくないんです。


土曜の夕方ということもありかなりキツキツのスタジオでしたが、
私としてはハマりそうな予感十分。

もともとゲルマニウム温浴も大好きだし。
・・・・汗好きなんだアタシ( ;´Д`)

ダイエットとか美容効果もかなり期待できそうです。
事実、帰宅してからイマイチ食欲がわかない。(具合が悪いとかそういう感じではない)


最近ではスノーボード業界でもヨガが流行ってるんですよね。
大会の前のウォーミングアップにヨガの動きが取り入れられてたり。
登山にもプラスであるはず。


また自由が丘で仕事の時は予約いれてみよ!


      詳細はコチラでどうぞ。


さらなる感想はコチラにあります。よろしければ。

| | コメント (24) | トラックバック (1)

2005.03.24

ブリジット・ジョーンズの日記2

 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月


観てきました。

この映画、私としては相当久しぶりに【前売り券】を買っておいたのです。
なぜなら前売り券のオマケが◎だったから。

前売り券の特典て、結構イマイチ心ひかれるものってないですよね。

今回のこの映画の場合は、

LUSHのバスボム【ブライダルブーケ】 でございました。

要はちょっとオシャレな入浴剤なんですが、これが販売価格1個¥500!(今は値上げしてるかな)
特典のバスボムは実売のものよりやや小さめでしたが、
前売り¥1300としては十分お得感のあるものでしたヽ(´ー`)ノ


・・・と、肝心の映画ですが。


        素直におもしろかった


デス。思わず笑っちゃう場面もたくさんあったし。
単純に観て、単純に笑う。そんな感じでしょうか。

途中からやややりすぎ?的な展開もありましたが、それもご愛嬌ってコトで。

スマートで仕事も出来る彼がいたら。。。。
ちょっとしたことで不安になったり、疑ったり、そういうのって共感できますよね。
ブリジットのじたばたぶりがやっぱりカワイイ(*゚ー゚)

私がステキだなーと思ったのは___


彼であるマークに

  「余分な脂肪のついているカラダは見せたくない」

と、シーツを頭からかぶって着替えるブリジットに

  「その余分な脂肪のついているキミのカラダが好きなんだけど」

という場面。(セリフも確かこんな感じだったはず)


そんな風にいってくれる男性、いますか?
そんな風にいえる男性、いますか?


・・・いいなーウラヤマシイ。しかもイイ男だし。


私が観た日はレディースデーということもあり、ほとんどが女性客ばかりでしたが、ぜひ男性にも観ていただきたい!

といいつつ、DVDが出てからでもいい気がするかも。


| | コメント (238) | トラックバック (0)

2005.03.22

私のテーマソング

山を歩いているとき、ふと思いついたメロディ

それが自然と歩調と重なり、グルグルとリピートを繰り返す。

気が付けば登っている間中ずっと同じ歌が流れていたりして。

 

       そういうことってありませんか?


時にはそれが心地よく、リズムにあわせて足取りも軽くなったり。

あるときはそれが耳障りで、消し去りたいけどできなかったり。

そんな愛すべき山のテーマソング。

さて。

先日の金峰山の際の私のテーマソングは









      そんぽ24









...._| ̄|○  ナゼ自分。。。。

そうです、アレです。


    ♪見直そう 見直そう♪


          自動車保険を見直そう♪

コアラが踊ってるやつですよ。

しかもあのコアラ、【ハナコアラ】なんていうちゃんとしたキャラクター名がありました。

さすが。

しかもあのテンポがビミョーに登山にマッチングするんですよね~・・・

金峰山、あんなに疲れたのに。
アタマの中はコレでした。

どのくらい疲れたかはコチラ

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2005.03.21

金峰山(きんぷ山) 山行記録

金峰山(2599m)に行ってきました。

3/20(日)曇り・晴れ 瑞牆山荘より金峰山山頂往復 total 9.5h

前日夜より金峰山を目指して車で出発。同行者はいつものY。

瑞牆山荘の駐車場はすでに8台くらい車が停まっていました。
山荘横のトイレは冬季凍結のため使用不可。山道に入る前に済ませたほうがいいかもしれません。


8:20 瑞牆山荘 登山口出発

20日早朝、目覚ましをかけるもどうしても目が開かず。。。
カロリーメイトなんかでアッサリ朝食を済ませたものの、結局8:30出発。
・・・遅いです。
登頂は無理ならあきらめて引き返すつもりで歩き始める。


9:25 富士見平小屋

登山口からすでに雪道ですが、途中ところどころ土が出ている場所もあり、
瑞牆山荘まではアイゼン等なくても問題なし。
富士見平小屋の水場は使えないようです。テントがいくつか張られており、さすが3連休という感じです。

金峰山への登山道に入ってからまだしばらくは装備なしでもOKでした。
(雪があったりなかったり・・なのでアイゼンつけていてもいいと思います。)
15分ほどいったあたりで本格的な雪道になり、ここでスノーシュー装着。

連休中ということもあり、踏み跡がかなりしっかりついていたので道に迷う事はないと思います。

静かな樹林帯をもくもくと進む。
この辺りは「ワーイ雪山だぁ♪」気分が大部分を占めており、うきうき気分でゴザイマシタ。

途中、木々の合間から見えた南アルプス。美しい。

IMGP1100

10:40 大日小屋

小休止。ここから先が問題なのです。

IMGP1102

11:25 大日岩

この時点ですでにYにかなりの遅れをとるワタシ。あぁ情けない...._| ̄|○


いよいよ急登の連続。正直にいいます。もう二度と行きたくないです(ややマジ)
今年一発目の本格登山ですもの、怠けた身体にはかなりキツイ登りでした。

時間に余裕もないし、のんびりしているワケにはいかない!
と思いつつも身体が重くて重くて。
なれない冬山装備がさらにワタシの動きを鈍くする。
(そういう意味ではアイゼンやスノーシューのとってもいい練習山行になりましたケドね。)
この辺りはもちろん要アイゼンです。
すれ違う人はほとんどみんなピッケルを杖代わりにして歩いていました。

もうここからはデジカメなんぞ撮っている余裕もなく、時計を見る暇もなく、コースタイムはかなりいい加減です。

13:10 千代の吹き上げ

やっと視界が広げ、展望バッチリ!!!私グッタリ!!!!

この日はさほど風もなく、稜線でそんなに寒い思いはしませんでした。
ここから山頂までやはり踏み跡がきれいについています。

ココで私はザックをデポ。だって重かったんだもん。
もうかなりいい時間なので先を急ぎます。

13:50 金峰山 山頂

午前に比べ、だいぶ周りの山にも雲がかかり始めていましたが、それでも眺めはすばらしい!
富士山は雲にサンドイッチされていました。

IMGP1107

だんだん風が出てきた&もうこんな時間だよオイ

ってことでさっさと山頂を後にする。

IMGP1108






五丈岩。

あぁ、これが甲武信から見えていたあの岩か。










今来た道を引き返す。
雪の稜線はとってもキレイ。もっとゆっくりしたかったなぁ。
風が強くなってきてかなり寒かったので足取りも自然と早くなる。
強風の日はかなりキツいルートでしょう。


行きに置き去りにしていたmyザックを回収し、急降下開始。
ストックやピッケルがあるとラクですね。

うんざりするほど下る。しかも忘れた頃に上り返しのオマケもついてくる。さらに疲労。うぅ。

16:00 大日小屋

時々立ち止まって一息ついたりして、やっと大日小屋到着。
ハラヘリもピークに達していたが、時間を考慮してゼリー状のドリンクでエネルギー補給。

ここから富士見平小屋までゆるーい登りが続き、さらにペースダウン。
さすがのYにも疲れが見え始める。
小休止をいれつつ先に進む。

16:50 富士見平小屋

フツーはここらで1泊ですよね。こんな時間に日帰りするバカいませんよね。

・・・・ですよね。

ここから登山口まで装備ナシで下ろうとしたものの、途中ツルリとこけて
お尻を打ったため、シューをつけたりはずしたりしながら下る。
非常にめんどくさいコンディションでした。

17:45 登山口 到着

無事生還。total 約9時間25分
日が伸びていて本当にヨカッタ。あと天気に恵まれたのもラッキーでした。

久々の本格登山で体力の無さを実感。シーズン突入までにもうちょっと鍛えておこう。
去年週1登山やってた頃の身体ならもうちょっとラクだったかもね。

先日購入したピッケルの出番がなくてちょっと残念だったけど、
かわりにアイゼンやストックの良い練習になりました。
やっぱ道具は使って慣れないとね。

ヘトヘトになっちゃったけど、これで無事


       百名山 45座目GET


やったぁやったぁ♪
今年も頑張るぞォォ。


金峰山 総評:
この時期に登る雪山としてはチャレンジしやすい、良い入門の山だと思います。
展望もすばらしいし。 要アイゼン。

瑞牆山荘より金峰山山頂往復  今回のルートは時間的にもかなりかかるので
日帰りするには天候に恵まれないときついと思います。
体力・脚力に自信のある人はぜひ。
できればテント持って雪の中1泊して、瑞牆山とセットにしたいかな。

ちなみに-------

私はもう日帰りでこのルートは行きません。絶対。


次はソフトタッチな山希望。

| | コメント (111) | トラックバック (2)

2005.03.19

鎌倉〜江ノ島

まで散歩しています


携帯からUPしてみました↑。


ずっと砂浜を歩いたから想像以上に疲れております。
鎌倉の駅から江ノ島まで、休憩を入れて2h弱でした。
7.3kmだって。
買ったばかりのN2Sのパンツと、コロンビアのストレッチプルオーバーを着用。
・・・イイ感じっす。


っていうかー、昨日ピッケル買っちゃいました♪
ああー、私もこんなに大人になったのね!!
早速明日、山に持って行きます!
(使うかどうかはわかんないけど)
IMGP1113

まだ胃の調子が良くないので、無事に登山できるかビミョーですが、
せっかくの休みだし。晴れそうだし。
とりあえずLet's go go!ってコトで。


きっとみなさん山にお出かけでしょうね。
私も負けてらんないぞ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005.03.18

ココログ初心者改造・3【前進】

・・・お?!

やったぁぁぁぁぁぁ。

なんとかそれなりにタイトル画像が表示されたよぉぉお!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!ヤリィ


ほんとはタイトル部分の幅をもうちょっと太くしたいんだけど。

今日はもう遅いので続きはまた今度。

参考にさせていただいたブログにもTBさせていただく予定です。

ちなみに、画像は丹沢三の塔

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.03.16

体脂肪燃焼系登山

【山と渓谷】 4月号、ざっと読みました。

残雪の北アルプス、グっときますねぇー!!!!

行きたいな、行きたいな、行きたいな。

・・・・なんとなく行けるような気がしてくるのがコワイところです。

GW明けくらい、どこかドカンと一発やっつけに行きたいな。
とりあえず今週末、近場の山に行くつもり。いやー久しぶりだなぁ。


「山と渓谷」は別に毎号読んでるわけではありません。(だって結構高いし)
興味のある内容のときにだけ購入。ただ基本的に毎号本屋で立ち読みはしてます(笑

買った本はすみずみまで何度も何度も読み返します。バスタイムのお供です。


ちょうど1年程前の2004年4月号だったかな?


体脂肪燃焼系登山


(・・・だったかな。)

とにかく、そんなような題の記事をご存知でしょうか。

目次を見た瞬間、


「・・・・これだ。」

オンナですもの、ダイエットとは切っても切れません。

登山が健康に良いのは言うまでもないですが、さらに脂肪燃焼にも効果的なら
ほんとにいうことないですよね♪

確かに、登山ほど【長時間】の【有酸素運動】に適した運動はなかなかないかもしれない。

そしてなんといっても


    

         楽しい




なんて、エラすぎます!ビバ登山!!!!!

昨年は週1登山を目標に,アミノ酸片手にぶいぶい頑張りました。

その結果。




見事痩せましたよ。






冬の間にかなり取り戻したけど。涙。



今年も頑張りますよ~。
歳をとるにつれて痩せにくくなっているのを実感しているので、
一刻も早く対処せねばっ。

とりあえず今回の胃痛でー2kgくらいいったTiCAでした。

| | コメント (97) | トラックバック (0)

2005.03.15

ココログ初心者改造・2【挫折】

うわーーーーーん。

どうしても タイトルに画像を入れる ことがうまくできなぁぁぁい!!

どうしたらぴったりの大きさの画像になるんだろうか?

スタイルシート、もう何回いじったことでしょう(´Д`)

・・・ちょっとむかついた。


山と渓谷 4月号 買いました。

これからバスタイムのお供としてじっくり読んできます。


チクショウ、絶対ココログなんかに負けないモン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.13

漢拏山(ハンラ山)・韓国済州島

日本で一番高い山は----富士山・3776m。

ではお隣韓国で一番高い山は?


その山は韓国最南端に位置する済州島(チェジュド)にあります。




漢拏山(ハンラ山)・1950m


島に山があるというと、利尻や屋久島を思い出しますね。


聞いた話では、近年韓国でも登山ブームが起こっており
この漢拏山を登るため、ソウルあたりから大勢の登山者がフェリーに乗ってやってくるそうです。
富士山にいくと老若男女問わず大勢登っているのと同じでしょうか。
最近は日本からの登山者も多いそうです。近いですしね。


先日私が済州島へ行った時、地元のガイドさんがまず言った言葉。


「今日は晴れていて漢拏山が頂上まで良く見えます。漢拏山の山頂が見えるのはとてもラッキーなこと!幸運のしるしです。」


ですって。それだけ尊ばれているんですね。
確かに曇の日は山頂は全く見えませんでした。

私が済州島へ行ったのは3月の始め。
漢拏山はアタマに白くほんのり雪化粧をしておりました。


とにかくどどーんと存在感のある山ですね。
標高はたいして高くないのですが、あまり感じさせません。
でも遠くから眺めた限り,ちょっとおもしろい形をしています。


特に山頂付近


なんていうのかな、こう。
子供が砂場でお椀に砂をギッチリつめて、それをポンッっと裏返してできた小山。

それが山頂にちょこんと乗っかっているように見えました。
(実際登っていないのでなんともいえません。)

途中まではひたすらなだらかそうで、最後小山の部分でひと踏ん張り,みたいな。
*あくまで想像です。


ここは春夏秋冬登られているみたいですね。
パンフレットの写真では、冬樹氷の間を登っているものもありました。
うーんワンダフル。行きたいなぁ。


ちなみに漢拏山の登山コースは4コースほどあり、山頂までいけるコースといけないコースがあるそうです。
ごく一般的なコースタイムは往復7時間程度。
体力に自信のある人は6hでも可。ゆっくりのんびり~だと10hくらいだとか。

登山口までタクシーで行って、帰りにまた拾ってもらうのがベストなようです。
(もちろん登山ツアーとかなら別ですけど)
タクシーも日本と比べてかなり割安な価格なので、臆せず利用するのがいいかと思います。
日本語の出来る運転手さんもいらっしゃいますしね。


あ~、せっかくならほんと登ってみたかったなぁ・・・・。
ま、今回の済州島は親孝行旅行だもの、仕方ないけど。

なので。




どなたか、登って来て下さい





あ、もうひとつ。
漢拏山は済州島のシンボルらしく、いろんなところでいろんなものに【漢拏山】が見かけられます。

コンビニのマークだったり。

漢拏山のミネラルウォーターだったり。
(済州島は水がおいしいところらしい)

あと、なんといっても焼酎ですね!!

韓国ですから!!!

漢拏山の名前のついた焼酎がいくつかありますが、どれも凄く飲みやすくておいしい♪
たいていのレストランにも置いてあると思うので、
ぜひお試しあれ~^^

sunharurahanrasan




個人的には緑のボトルがオススメ。

| | コメント (51) | トラックバック (0)

同期会開催


2日ほど前から体調をくずしておりました。
原因はおそらく【にんにく】・・・・・。

どうも以前からにんにくに対する耐性が弱いらしく、一定量以上食べ過ぎると熱が出てしまうのです。
そして胃痛。これがツライんだよね。

こういう場合は医者になんていえばいいんでしょうか?
「にんにく食べて熱出たんですけど(´Д`lll)」
っていえば薬出してもらえるんでしょうか????


*************閑話休題******************

昨日3/12、卒業後初めての高校の同期会が開催されました。

私の高校は1学年600名ほどいたのですが、今回参加は230名ほど。
スバラシイ参加率じゃあないですかっ!!!!

しかも先生方もほとんどフル参加。うーんマンダム。

中には現在某お笑い芸人として活躍している同期もいて、
ミーハーな私は一緒に写真撮ってもらいました(笑


卒業後ン年ぶりに会う人がほとんどですから、みんなどんな風になってるのかと思いきや・・・・・


      あんまり変わってねーなぁ。

高校時代の面影がいっぱいでした。
・・・ま、中には太ったり禿げたりオッサン・オバサン色が濃くなっている人もいましたが。


が、しかし。


その「面影」はなんとなく覚えていても、名前となるとさすがにキビシイものです。(特に私の場合は)

「わ~~もしかしてTiCAちゃん?!ひさしぶりぃぃ!!!!」


「わ~ぁぁ、・・・・久しぶり~・・・」

      (こっそり かつ 必死に相手の名札をチェック)

ここで問題となるのが、高校時代お互いどのように呼び合っていたか、である。
苗字で呼んでいたかな、いや下の名前だったか。。

さらに女子となると結婚して苗字が変わっている場合もあり、
それはもうさらに複雑かつ難解な問題へと発展するのである。


このあたりのビミョウな探りあいが大人になった証でしょうか。


さらに。


「あ~!ほら、1年の時一緒だった!覚えてる俺の事?」


なんて言われましても


「アンタ誰」


などと言えるはずもなく。


「あ~!全然変わってないねぇ、元気だったぁ?」


になるわけです。いわゆるひとつの渡世術ですね。




いろんな意味でいろんな再会があり、とってもおもしろかったです。

みんな、頑張ろうね。

3-2

3年2組のみんな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.03.09

疲れたぁ。。

韓国・済州島3日間の旅から今日帰ってきました。

疲れたよ~。

明日は朝から仕事だよ~。


できたら忘れないうちに旅の思い出をブログに残しておこうと思っています。


そうそう、ココログを離れていた3日間の間に、(あくまで私の)予想以上にアクセスが増えていて単純にうれしかったりします。ホホホ。
なんかこう、もっと素敵なブログにしていきたいなぁ。以上。

ココを見てくださった誰かさん、ありがとうございます!


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.03.06

ホワイトデーのプレゼント★

少し早いですが、もうすぐホワイトデーですね。

世の中の多くの女子はホワイトデーに大きな期待を寄せているものです。
だってチョコあげたじゃん。
半分くらい、いや半分以上ワタシが食べたけど。

ということで(?)、今日先走りホワイトデーということでお返しもらっちゃいました♪
うれし~~い!!!

この間お店で見かけたときから気になってたんだよね~アレ
ワタシが欲しがってるの、ちゃんと覚えててくれたんだね★
買おうかどうしようか迷ってたからほんとに嬉しいよ。

・・・・・で、肝心のアレとは。






       登山用ズボン




いいんです。乙女チックじゃないのは百も承知。
そりゃあもちろん服とかバッグとかアクセとか、大好きですとも。
でもコレもいいじゃあないですか。

しかもGORE WINDSTOPPER N2Sというやつ。
N2Sとは【next to skin】だそうだ。(詳しくはコチラ)
いい素材使ってますね~!
あえて強風の稜線に挑みたくなりますね~!

黒のトレッキングパンツなんで汚れも目立たなそうだし。
今まではホールアースのものを使っていたのですが、ずっと1本で通してきたからいいかげんボロくなってきたんだよな。

しかもワタシ的に、ウィンドストッパーってとこがツボ。
この素材、大好きなんだよね。
今使っているTHE NORTH FACE の GORE WINDSTOPPER JKTがかなり大活躍しているので、
パンツも使ってみたかったのです。

ちなみにこのパンツ、定価は約¥15000!高い・・・。でもセールで40%OFFでした。
使うのが楽しみだなぁ♪

Yよ、ありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.03.05

ココログ初心者改造・1

ちょっと暇だったので,アクセス解析つけてみた。

アクセス解析自体、よく分かっていない上に、そんな解析するほどアクセスないじゃんね~?!


でもいいんです。【自己満足】ですから。
いろいろ頑張って、いろんなサイトでやり方チェックして,
実際に自分のブログでやってみて、
んで成功したら・・・

んも~イイコでしゅね~ワタシのブログ

くらいうれしいもんですね。これははまりそうです。

ちなみにアクセス解析は忍者TOOLSを使ってみました。
たぶん、ちゃんとできてるハズ。
カウンターつけるより全然ラクチンでした。
なんて便利な世の中なのかしら。


で、とっても参考になったブログがあったのですが、どれだかわかんなくなっちゃった^^;

分かり次第せっかくなのでトラバさせていただく予定です。


この初心者改造、時間があれば続けていきたいとおもいます。
もうちっとデザインとかかっこかわいくしたいな。
アクセス解析も見方を勉強せねば。

”山オンナ”なのに全然違う話題ばっか。うむむ。


追記:アクセス解析設置で参考にさせていただいたのはコチラ
SSサマ、勝手に参考にさせていただきましたがありがとうございました。

ココログ用に解説してあるやり方なのでものすごくわかりやすかったです。
こんな私でもできましたとさ^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.04

韓流ブーム

・・・といっても、ヨン様やウォンビンではありません。


私の場合は。


いまさらモーレツに韓国のりにハマってるんです。

だっておいしいんだもん。
明洞のロッテデパ地下の海苔はほんとにおいしい!
量もタップリ入っているし。
会社の先輩に教えてもらったんだけどコレは次回も必ず買って帰りたい。
お菓子を食べる代わりにバリバリと食べております。

あと数日で済州島(チェジュ島)に行くのですが、
あっちでも売ってたらいいな。
泊まるのロッテホテルだし。
あのドラマ【オールイン】の舞台ですね。


それにしても済州島に関して
な~~~~~~~んにも知らない・調べていない。
どーしましょ。

せめておいしいお店情報だけでも事前にGETしておきたいものです。
誰かの旅行記でも探してみるかな。


求ム済州島情報!!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.03

初TBから始まる春の山行プラン

ななななななんと、先日の【運命を分けたザイル】に記念すべき初トラックバックをいただきましたぁぁ!!!!!
(・・・いただく、という表現は合ってるのか?!)


誰も見てないと思ってたのに。。。。

しばしあ然・・・・

       そして感動

-----その前に、トラックバックって良くわかってないんですけど(汗

けど・・・・けど・・・・・・・なんとか私もTBしてみましたっ。


うーんブログってすばらしい。(単純)

でもただTB返すだけじゃなんなんで。。

しっぷろっくサマのブログを拝見すると、唐松岳で山スキーをしていらしたそうで。

いいですねぇ。

去年の夏に八方尾根から唐松~五竜~遠見尾根をやってきましたけど、
あそこは冬どうなるんでしょう。
風がスゴそう。

私もできれば3月。無理ならせめて4月にはどこか雪山に登りたい。
さらにできればスノーボード担いだりして。

さらにさらに欲張って山頂までいけて~しかも百名山!
・・・・・欲張りすぎデスカ。ですね。

かる~く下調べを始めているのは

・武尊山  川場からの往復

・巻機山  どうなんでしょう

・木曽駒が岳  千畳敷、いってみたいな~

もし時間とお金に余裕があるなら、4月に

・後方羊蹄山

も行きたいですね。羊蹄山は6合目くらいまでボードかついでいったことあるんだけど。。
冬のニセコにこもっていた身としてはぜひともやっつけたい。
ニセコのみんな、元気かなぁ。


ま、登山経験の浅い私としてはこのうち1コでもいけたら満足です。
予定をやりくりして頑張ろう!
と、ブログを書くことで自分に喝!!


| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005.03.02

懐かしのファミコン

PCでファミコンできるようになりましたv(^o^)

かつてもっともハマったファミコンといえばやっぱり・・・・・






ロードマン サイクルレース 激走!!日本一周4000km





roadman






これってやっぱりマイナー?
うちの妹と2人でやったらほんと無敵だったんですけど。





久々にやってみたら指がつりそうになった(爆)

やはり肉体の衰えは隠せんな。。。







つーかこれ、日本一周だったんだね。


| | コメント (30) | トラックバック (0)

2005.03.01

運命を分けたザイル

今から観ます!ワクワク&映画館ガラガラ(;^_^A




観ました。映画の日につき¥1000也。
個人的な感想を忘れないうちに書き留めておきます。

*もし、どなたかこのブログを見てくださっていたら、ネタバレ注意です^^;


まず、この映画,すばらしい出来だと思います。観る価値あり!!

・・・・・・
というか、良い評価をつけるしかないという感じです。
だって事実を描いているんだもん。その事実の前に観客はお手上げです。

私は原作を読んでいないので、あくまで映画を観た感想しか書けませんが、
全体を通して、とにかくリアル。脚色ナシ。 
そんな風に感じました。 
もしくはたとえオーバーに脚色している部分があったとしても、それを感じさせません。


ストーリーはいうまでもなし。映像もよくコレだけのものを撮影したなーと思います。
人間ってこんなにちっぽけなんだ。。。。。と思い知らされます。
稜線から雪煙がブァっと立ちのぼるサマはぞっとするくらい美しかった。。。

物語の二人の主人公の目標である【シウラ・グランデ峰】の登頂成功シーンなんて、ほんの一瞬のみ。

でも実際ってこんなものかも。

苦労してやっとの思いで頂上にたどり着いても、5分のしないうちに下山開始ってよくある話しですよね。
日が暮れる前に下りなきゃ、とか。強風で寒さに耐え切れず、とか。

あと、ザイル切断のシーンも、切断までって結構あっという間。
というか切る側の「切るか、いや切らないか」みたいな葛藤が見せ場として長いのかと思いきや
ワタシには意外なほどアッサリと描かれていました。

でも実際ってこんなものかも。

ぐだぐだと迷っている余裕なんてないんでしょうから。


そういうちょっとした場面にリアリティを感じてしまった。

後半はほんとにヤマ場が続くという感じですが、
やっぱり精神力ですよね。なんといっても。
こういう人間の領域を越えた場所に行くためには
絶対に生きて帰る、という強い意志が一番必要なモノかもしれませんね。

・・・後半部分の感想はこのくらいにしておきます。


この映画

運命を分けたザイル

って、原題は

TOUCHING THE VOID
(死のクレバス) どなたか原題のうまい訳しかた教えてください。

ですが、ワタシ的には邦題がイマイチな気がするのですが。。。

映画を観る前まで、ある程度のあらすじは知っていたのですが
題名からの勝手な想像で


サイモン「すまん、ジョー!!!許してくれぇぇぇぇ・・・・・」


           ザックリ←ザイルを切る音


アレェェェエェエェェ・・・

てなものを予想してました。
だって、「運命を分けたザイル」だし。

でも、ザイル切断うんぬんより、その後の部分がこの映画の見所だと思うし、
【ザイル切断】【奇跡の生還】も彼らの決断であり意思ですよね。
それは運命かもしれないけど。。。。。うーんうまくいえないや。


とにかくっ!!!


自分だったらあの場面でザイルを切るとか切らないとか、
そういうありがちな陳腐な話題はこの際置いといて、観てみるべし!

ワタシは観てよかったです。
山登っててよかった。。かな。
登山に興味がなくても十分面白いと思いますよ。

私の小さな小さな次の目標は武尊山かな。。


| | コメント (30) | トラックバック (2)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »